High SierraとMojaveの「半角スペース」問題、諦めてplistを書き換えることで決着。

以前の記事『macOS High Sierra、「shift + space」で半角スペースが入らない?』で述べた問題はmacOS Mojaveでも継続しておりますよっ。なにしろメインのMac miniをMojaveに上げたせいで、我慢の限度を超えました。

トドメはAppleサポートディスカッション(今はコミュニティ?)『日本語入力時の問題で、shift + spaceを押すと半角と全角が交互に出てきて困っています。 - Apple コミュニティ』の投稿です。私は気づきませんでしたが、どうやら法則性がある……すなわち不具合ではなく仕様っぽいんですね。そうなると「問題修正」のカタチで元に戻る可能性は絶望的、Appleの「仕様変更」を期待していたらいつになるやらわかりませんので、現在唯一の手段と思しき設定ファイルの変更で対処しました。

先の過去記事でいただいたコメントと同じ方法が『macOS High Sierra の JapaneseIM で常に半角スペースを入力する方法 | R』で紹介されています。やりたいことが少し異なるものの「KeySetting_Default.plist」で書き換える内容のうち、半角スペースのところへ全角を、全角のところへ半角を入力すれば、Sierra以前と同じ「shift + space」で半角スペースを(確実に)入力できるようになります。作業の大まかな流れは、

1. SIP無効化
2. plist書き換え
3. SIP有効化

と、さほど難しい作業ではありません。ただ1点厄介なことに、Vimで全角スペースがうまく入らず、メニューバーの「入力メニュー → 仮名表を使って入力」でなんとか打てました

以上をMojaveのMac miniとHigh SierraのMacBook Airに実施して、ようやくストレスフリーな入力環境が戻ってきましたよ。日本語入力においてはライブ変換という勇猛果敢な挑戦を見せてくれたAppleですが、もし本件がそのとばっちりならば……複雑な気分ですねぇ。





関連記事 関連記事:

macOS Catalinaの「半角スペース問題」、対処法がワンランクレベルアップ。: パワーリンゴ(2019/12/10)

macOS High Sierra、「shift + space」で半角スペースが入らない? パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/10/14)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2018年11月23日 10:01
お早うございます。

月毎にATOK税を払い込む気にならず、時々アップデートしなさいよと言う主旨の警告が、出てきますね。
そんな私がAdobe税を払うわけも無く、仕方なくGIMPの最新版を使い始めました。

ちょっと前のバージョンよりも断然使い易くなりましたよ。何しろ起動が速くなりました。メニュー探しにまごつくことがありますけど、その内に慣れるでしょうmail to
2018年11月23日 11:27
shigechanさんこんにちは。

ATOKも買い切りライセンスをやめたんですよね。アップデートの警告はたしかに鬱陶しそうです。

お、いよいよGIMPへの移行開始ですか。私もAffinity製品への移行をせねばと思いつつ、まだAdobeが動くうちはそれをだらだら使い続けそうです、ナハハハ。

この記事へのトラックバック