モデルワーゲン「根室拓殖のちどり号」製作記その5。協調運転できる動力とその他工作ポイント。

< 1軸で走れるかテストするも、ちょっと厳しい = である調 >


ちどり号の動力は昨年発売のかもめ号と全く同じ2軸2モーター構成だ。もともと組みやすい上に2回目ともなれば、サクッと完成に至ろう。得てしてこういう時期が一番危ない。

画像

かもめ号でやらかした「下手の長配線」を反省し、短くスマートにまとめた……つもりが短すぎて調整やメンテが窮屈に↑ それ見たことか、ほどほどと身のほどを知れっ。

画像

車体サイズやウォームの隠しやすさから、モーターの位置がかもめ号と異なっている↑ このシンプルな伝達方式は、軸受の前後方向の遊びがウォームと噛み合う量に影響しているのか、前進時と後進時の差が生じやすいように思う。現に、ちどり号は騒音差が激しいものの、前進時の静けさ・スムースさを優先するといった割り切りが可能だ。一方、かもめ号の配置ならその差が相殺されるはずだけれど、前・後進とも少々やかましくてぎこちなさが残ってしまう。

画像

さて、その他の工作ポイントをピックアップしよう。いきなり組み立て初期に戻るが、日車単端は側板の裾が絞られ(プレス加工済み)、かつ客用ドアより前の全幅がすぼまっていて、組立講座どおりヘタに工具を使うよりも指で曲げたほうが上手くいった↑ しかも、事前にドアの全周にわたってハンダを流しておき、曲げる辺の余分なハンダをしっかりキサゲておくことがミソかも。指で曲げると結局ハンダは剥がれるのだが、また付け直せばいい。「曲げてからドアをハンダ付けしよう」だとか「曲げる辺にはハンダを流さないでおこう」だとか神経質に考えると、かえって厄介になりそうだな。面構成が論理的に矛盾しているわけだが、頭より手を動かせば何とかなる一例だろう。

画像

最終組み立ての段で気づいたうっかり事案が、連結器(カプラー)のピン。カプラーを含むエンドビームと車体の隙間がほぼゼロになるよう組んだ結果、カプラーピンの頭が入る余地も無くなって差し込めないのだ↑ 幸いエンドビームはネジ止めなので、スペーサーを挟んで隙間を作ってやることはできる。

画像

ただ「スペーサーを作るのも面倒だな」と、ピンを底側から差し込んでみたら塗装の厚みでしっかり固定できてしまった↑ 微妙にカッコ悪いが、当面はこれでいいかとそのまま付けっ放しになっておる。ところで実物は、エンドビームと車体の隙間がわりと目立つ。律儀に隙間を詰める必要など無かったかさよか。

画像

そうそう、動力が同じなら協調運転も可能である↑ 現実には調整具合や馴らし時間の影響か、かもめ号がわずかに速いものの、朝顔カプラーシステムにて前後進とも問題なく連結が維持される。しっかし、このショボい2両編成でモーター4発とは恐れ入るなっ。非効率も甚だしい。あるいは……重連機関車として客貨車を牽引させると予想外のパワーを発揮するかも……やらない、やらないよっ。


TOMIX Nゲージ カーブレール C243-45 F 4本セット 1855 鉄道模型用品
トミーテック(TOMYTEC)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TOMIX Nゲージ カーブレール C243-45 F 4本セット 1855 鉄道模型用品 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


所有するファイントラックのカーブレールはC280の次がC140なので、連結時の制約に不安を覚える走行テストもC280に限られる。C243くらい用意すべきだなぁ。

関連記事 関連記事:

モデルワーゲン「根室拓殖のちどり号」のカプラーを改良。t0.3スペーサーで隙間を作る。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/08/13)

モデルワーゲン「根室拓殖のちどり号」製作記その6。写真特集は、アップグレードした極小パイクの上で。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/07/24)

モデルワーゲン「根室拓殖のちどり号」製作記その4。薄めすぎてシンナー風呂。簡単なはずの塗装が……。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/07/21)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック