モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、全9回のまとめ。ついでに「II」の意味。

< 22年ぶりの「V」見参……か? = である調 >


駆け足でお届けした「銀龍号 II」の連載をまとめておくゾ。なお、本キットに含まれる人形付きの無蓋貨車は、また別建てで紹介するつもりだ。

画像

ところで銀龍号 IIの「II」は、メーカー都合の付番らしく深い意味はなさそう。基本的に同一車両であれば(前期・後期など細かな差異も含む)、リニューアルや復刻生産のたびに数字が増える模様。ただし初代は「I」を付けないようだ。結果、銀龍号の場合は 初代 - 後期型、II - 前期型、III - 前期型、IV - 後期型 と少々ややこしくなっているため、今から中古を探そうとお考えの素晴らしく奇特な方はご注意あれ。

では、以下まとめ。

〜 前口上なのに完成お披露目 〜

モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その1。いきなり完成画像のお披露目だっ。(2018/06/04)

〜 メインディッシュのキット加工 〜

モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その2。改造点10個、列挙だぜ。(2018/06/10)

モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その3。運転室と客室の無慈悲な断絶。(2018/06/12)

モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その4。全力を投じた車高下げと客室オフセット。(2018/06/13)

モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その5。客室の細かなディテールアップ。(2018/06/14)

モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その6。残る改造ポイントは運転室の2点。(2018/06/15)

〜 濃厚なおまけ 〜

モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その7。改めて、キットの全パーツを並べてみる。(2018/06/16)

モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その8。ギンギラ塗色はファンタジー仕様。(2018/06/17)

モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その9。最後に、追加工2点と写真特集。(2018/06/20)




愛用のタミヤ ピンセットペンチが販売終了とは……。フジ矢のこれが形状的に一番近いというか表面処理を変えてタミヤブランドで売っていたモノかも。

関連記事 関連記事:

モデルワーゲン「根室拓殖の人形付き無蓋車」プチ製作記。プチだけに3つのプチ改造。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/07/03)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック