原点回帰 + E Ink、新型「ポメラ DM30」が気になる。電子ペーパーの出来栄えやいかに?

文字どおり「日々」お世話になっているポメラ DM100、おかげさまでトビ所有のうち、本機が最も早くタイピングできるデバイスとなって久しいです。

リチウムイオンバッテリー搭載をはじめ、仕様的にイマイチ食指の動かなかったDM200が後継機となったことで、今後自分好みの機種が出るのはあまり期待できないなぁと考えていましたよ。

画像

そこへ再び、乾電池駆動かつ折りたたみ式キーボードを搭載した「ポメラ DM30」が登場しました↑ しかもE Ink電子ペーパーディスプレイ採用ですよっ。6月8日発売予定。

すでにいくつか先行レビューが上がっており、概ね折りたたみ式ポメラの決定版といった感じでしょうか。ただ、電子ペーパー端末を持っておらず、その特性をちっとも分かっていなかった私としては、今さらながら遅い描画速度や残像現象にビビっているところです、ハイ。

特に残像がすごく、黒背景だと文書作成に集中できるのか不安になるレベル。白背景なら、本や書類の裏写りに見えるのでまだマシですかね。電子ペーパーは全画面のリフレッシュで残像を消去できるらしく、任意のタイミングでユーザが手動で行う強制リフレッシュ機能も搭載されるそうですが、いずれにせよ実機での確認は必須といえます。

ま、私はDM100でなんら不便を感じませんし、むしろキーボードを展開する手間もなくディスプレイを開けばすぐに打ち始められる心地よさが気に入っていてるので、よほどのことがない限りDM30には手を出さないと思います……きっとたぶんメイビー。

逆に、小型筐体を最優先する方にはこの上なく魅力的なアイテムでしょう。ともかく、ポメラの新型が出続けてくれるのは嬉しいですねぇ〜。


キングジム デジタルメモ ポメラ シルバ- DM30シル
キングジム(KINGJIM)
2018-06-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キングジム デジタルメモ ポメラ シルバ- DM30シル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


電子ペーパーを採用するも、DM100より電池駆動時間が少し短い点は不思議です。

関連記事 関連記事:

「ポメラ DM100」のその後。高速起動と乾電池2本の気楽さ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/05/31)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2018年05月17日 16:19
今日は。

初代?のポメラを面白がって買いましたが、全くこれっぽっちも活用していません🤪 今更引き取り手もいないし、困ったチャンですよ😅
2018年05月17日 19:41
shigechanさんこんにちは。

お、初代をお持ちだったんですね。今でも乾電池を入れれば問題なく動くのがポメラの長所でしょう。とはいえ、確かに使いどころの難しいアイテムではあります、ナハハ。ただ、ニッチな用途にニッチなデバイスがうまく合致すれば大変具合のいいものになりますねぇ。

この記事へのトラックバック