Airの後継か、エントリー向けの13インチMacBookが登場するかも、とな。しかもRetina?

端から11インチクラスの新型エントリーを諦めている自分に驚いたトビフシコです。『Apple、エントリーレベルの新型「MacBook」を今年6月に発表か ー 13.3インチのRetinaディスプレイを搭載 | 気になる、記になる…』とのことで、今年に入ってから13インチのエントリー向けポータブルの噂がいろいろありましたけれど、これは本当に出そうな雰囲気ですねぇ。

Early 2015の仕様を引っ張ったまま現在に至る13インチAirが、大幅リニューアルされることになんら不思議はありません。コストパフォーマンスの高さに加えてA端子USBなど「レガシー」ポートを搭載していることから、まだまだ売れているんでしょう。ただ、リニューアルされると後者のメリットが消えそうな予感……ま、本当にRetinaディスプレイが載るのならそれで相殺と前向きに捉えませう。

以前述べたように、私の視力が11インチでは厳しく感じられるようになり、13インチの、しかも文字の視認性が高いRetinaがエントリー価格帯に搭載されるとなると無視できなくなりますよ。けれども同じくらい重視するボディサイズ、特にフットプリントがトレードオフになる点が実に悩ましいのです。いずれにせよ、出てすぐに飛びつくようなことはありません、たぶんきっとメイビー。

しっかし13インチAirにすら先を越されそうになるとは……えぇ、Mac miniの話でございます。噂のひとつも聞こえないなんて恐れ入るばかり。




単体の4Kディスプレイもずいぶん安くなり、Mac miniで気軽にRetina表示が実現できますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2018年03月13日 00:45
お早うございます。

私も今しがたアバウトに書きました(^^) 最大公約数的に見て、13inch 位の薄型ノートは出てきそうですね。まあ実際に何か出てきても、物欲しげな視線を送るだけで終わる筈ですが(^◇^;)

Mac miniを案ずる声がApple以外から聞こえるものの、メーカーからは音沙汰なしと・・・。強烈なCPUと外付け爆速GPUなんていうのは、Mac mini の路線とは違いそうですし、どうなるんでしょうか?
新しいインターフェースを押さえながら、スペックは十人並みと言う辺りが落とし所かも。
2018年03月13日 09:57
shigechanさんこんにちは。

買う買わないは別としても、13インチの安価な薄型には期待していますよ~。

開発中らしいモジュール型新Mac Proとの兼ね合いもあるでしょうし、大幅なモデルチェンジがあるとすれば拡張性をばっさり削って、スペックも抑えたミニマムな製品に仕上げてきそうな予感がします。しかしMac miniの後継……どころか「コンシューマ向けのセパレート型デスクトップ機」がこのご時世に日の目を見るのかいよいよ怪しくなってきた気もします、うーむへむへむ。

この記事へのトラックバック