Appleがプロ向けアプリのHigh Sierra対応情報を公開。手持ちのソフトへの影響を考える。

今年の大阪府は例年どおりフルパワーの夏に見舞われていますが、午前9時の時点で室温32度と恐ろしい一日になりそうです。

画像

先日Appleが『Apple プロ向けアプリケーションと macOS High Sierra について - Apple サポート』のサポート文書を公開しました↑ プロ向けとはいえ、過去バージョンの新OSへの対応状況を文書で示すことは結構珍しいと思いますヨ。しかも、文中にあるFinal Cut StudioやLogic Studioの最終版は2009年発売という古さですか。

これらの製品と縁のないトビも、動作しなくなる理由によっては手持ちのソフトが同じ目にあう可能性を考慮すべきで、のんきに傍観できる立場じゃありません。

すでに細かい不具合をたくさん抱えつつ、他の製品へ移る気力もなく使い続けているAperture 3が真っ先にやらそうな予感……加えて、Sierraで死ぬはずのAdobe Photoshop CS3・Illustrator CS5が普通に動いたもんだから喜んで使っているのですけれど、今度こそ覚悟せねばなりますまい。また、頻度が低いながらも細々と利用している古いソフトは10個以上。

iOS 11よろしく、32bitアプリが軒並み非対応となる可能性も示唆されるHigh Sierraの次のバージョンが年貢の納め時でしょう。いちおう2年ほど前から、MacBook黒(Late 2007)上にレガシー環境の構築を少しずつ進めています。さらに、使用状況やライセンス面で可能ならばWindowsで動かす手段も考え中。もちろんアップデートで対応できるソフトはそうしますが、無駄を最小限に抑えた運用を見極めるのは難しいですねぇ〜。


Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)|ダウンロード版|Windows版
アドビシステムズ
2015-04-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)|ダウンロード版|Windows版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


例えばPhotoshop Lightroom 6はWindows版のほうが長期間動作する可能性が高いと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2017年08月26日 07:16
お早うございます。重大な問題を抱える事になりますね。フォトショCS3が今度こそ動かなくなったら、大ピンチですよ😱⛄
GIMPの操作性はにはイマイチ慣れず😭 さりとて毎月フォトショ税を払う気は無いという事で、困ったチャンです。
2017年08月26日 09:05
shigechanさんこんにちは。

Adobeへの依存度が高いと辛いですよねぇ。だからといってサブスクリプションは断固拒否しますが、ナハハハ。

代替の最有力候補であるAffinity PhotoとDesignerはいい感じなのですが、後者は数値入力による生産性がIllustratorと雲泥の差で、私の利用法からちと遠いのが難点ですね。

そもそもまだCS3・5が動くもんですから、どうしてもAdobeへ先に手が伸びてしまいAffinity製品に慣れないという悪循環……。

この記事へのトラックバック