MacBook Air 11インチ(Late 2010)購入から丸6年経過。切り込み隊長解任など。

ネタが枯渇しきって経過レビューの体裁も保てなくなったトビのMacBook Air 11インチ(Late 2010)。2016年秋には、とうとうラインナップから消えてしまいました。
画像

「(パフォーマンスが)落ち込んだりもしたけれど、私は元気です」↑ 本当にタフだよ……。

5年経過レビュー以後の変化といえば、早くも最新アップデート切り込み隊長の任を解き、未だにEl Capitanで運用していること。メインマシンのMac miniを先にmacOS Sierraへアップグレードしちゃったんですよね。
画像

ところで、昨年中にはAppleのビンテージ/オブソリート製品に入るとの情報があり、今確認したところ……あれ?「MacBook Air (13-inch, Late 2010)」の記載はあれど11インチが見当たらない……と思いきや「MacBook Pro (11-inch, Late 2010)」なる謎マシンを発見↑ ま、単なるProとAirの書き間違いでしょう。11インチのProがあれば見てみたかったのですが、ともかくオブソリート入りしたことで正真正銘のロートル機と相成りました。

再三述べているように、11インチの実質的な後継機であるMacBook 12インチ Retinaは、処理性能や外部ポート、ディスプレイ解像度などの仕様が自分の欲するものと合致せず、13インチクラスは目に優しいものの肝心のサイズを妥協する必要があって、乗り換え先の定まらない状況が続いています。それこそThinkPad X60のごとく、ぎりぎり限界まで引っ張るのも一興か……。




ストレージの増強は変換アダプタ経由のM.2 SSDがお手軽。

関連記事 関連記事:

MacBook Air(Late 2010)購入から7年経過。いよいよ「原子力バッテリー」も…。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/01/13)

Vintage Computerが旧MacBookシリーズのバッテリーを販売。Airをどうするか…。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/01/23)

MacBook Air(Late2010)5年、iPad 4th 3年経過。どちらも大したもんじゃ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/01/08)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2017年01月18日 16:08
今日は😄

例のリストは直っていませんね。正月に従兄弟の家に行きAirを10.12.2でセットアップして来ました^_^ SSDの近くの裏蓋はちょっと温まりました。自分で普段の様子を見れなくなったので、ちょっと心配ではあります😄
2017年01月18日 17:14
shigechanさんこんにちは。

お、SSDを換装なさったMacBook Airですね。ちょっと温かく……ですか。ノーマル状態でも使っていると少しは温まりますし、問題なく動作すると思います……いや、切に願うばかりです。私も後継機不在なので、換装するのもアリかなぁと思ったり、ナハハ。
shigechan
2017年01月18日 22:12
今晩は。あの組み合わせは安価に済むのでお薦めです。まあ発熱はファンも付いているし、何とかなるでしょう😀
ねもねも
2017年01月18日 22:53
同じような組み合わせ(違うのはAir2010なので6.0Gbpsではなく3.0Gbps)で、元は東芝製128GBでしたが
SSDのレスポンスが軽くなりCPU負荷のピークが無駄に長時間になりにくいようで、結果的にトータルでの発熱量は純正よりも下がってますね。
純正との違いは一回だけTrimForceコマンドでTrimを有効化しなきゃならない程度で今の所は何の問題もありません。
2017年01月19日 10:05
shigechanさんねもねもさんどうもです。

なるほどー、発熱の心配がないのなら思い切って換装してみようかな……私もねもねもさんと同じLate 2010で、上限があるとはいえ最近のSSDに替えれば速度向上も見込めるかも、と考えていました。

貴重な情報、ありがとうございますっ。

この記事へのトラックバック