新MacBook Proの「Touch Bar」に戸惑う。今後のモデルチェンジでサイズアップするか…

さて、hello againな新MacBook Proを象徴するTouch Barですが、様々な意見があるようですね。「ユーザにとってよりよい改善箇所を模索した」結果なのか「新機種の目玉にできそうな箇所を無理やり作った」結果なのか、いちユーザの(MacBook Proに関してはユーザですらない)トビが論じ始めたところで大した意味もありますまい。
画像

加えて、最低でも店頭展示機などで触ってみなければ使い勝手も未知数というのが正直な感想。要するに戸惑っておるわけです、ハイ。まぁ、仕事でMacを使っていたときなら物理ファンクションキーの消失にブチ切れたことでしょう。今では同キーが必須となる場面もずいぶん減って、さほど困らずに移行できると思います。まさしく、ユーザ設定やアプリケーションソフトに大きく左右されてこその「ファンクション」なエリアですね。

ただ、日本語入力にファンクションキーを利用している方は少なくないはずで、Touch Barだと使いづらく感じるのは想像に難くありません。Windowsからのスイッチャーや、古参MacユーザでもATOK一筋といった場合に多いと思います。え? 私ですか? Windows版ATOK → Mac版ATOK → ことえり(以後純正)と妙ちくりんな変遷をたどっておりまして、ことえり以降はもっぱらcontrolキーとのショートカットを用いています。

今回はファンクションキーの置き換えを明示するためか、あの場所あのサイズに収まっていますが、本気で使い込むには細すぎる気もします。やはりトラックパッドよろしく代を重ねるごとにサイズを増していきそうな予感……。




そもそもファンクションキーがなく、Fn + 最上段キーで機能させているHappy Hacking Keyboard。もしescキーまで同じ所作だったなら今ほどの人気を勝ち得たか怪しいですね。

関連記事 関連記事:

Touch Bar搭載MacBook ProのSSDは換装不可能。しかし大きなデメリットでもないか。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/11/17)

「hello again」の裏でひっそり終了。名機MacBook Air 11インチよありがとう。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/10/29)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねもねも
2016年10月31日 14:16
液晶タッチパッドはシャープが7年ほど前にやっちゃってますからねぇ
なんかGalaxyのサイドバーにしか見えなくて
2016年10月31日 17:17
ねもねもさんこんにちは。

液晶タッチパッド…検索して思い出しました。ありましたねぇ~。ポインティングデバイスとTouch Barを融合するくらいなら、おとなしくタッチパネル対応ディスプレイを積んだほうが現実的ですね。

そもそもポータブル機ならディスプレイ下部をタッチパネル領域にする方法もあったと思うのですが、それでもキーボード側を選んだのはMagic Keyboardにも採用してMac標準入力インターフェースにするつもりなのかなぁ…と思ったり。
ねもねも
2016年11月05日 09:36
何か色々今回のMBPはTBの互換性やSPDIFがなくなったとか仕様に問題が山のように噴出しているようです。
HelloAgainのロゴの林檎が朽ちかけているように見えたり、iOS10や新MBPの壁紙がその林檎が爆発四散しているように見えるのは気のせいでしょうか?
2016年11月05日 09:57
ねもねもさんこんにちは。

売りのThunderboltで互換性の問題が出ているのですか。そういえば4ポート搭載の13インチモデルで左右のスペックが違ったりと、イマイチ完成度の至らない感じが強いですねぇ~。

私としては、なんでも通せるUSB-C端子そのものは素晴らしいと思っています。ただ、互換性の問題が出たり、そもそもUSB 1.1のときと同等の普及速度が期待できないぶん、どれほど成功の見込みがあるのか疑問視せざるをえません。

さすがにリンゴの爆発四散には見えませんでしたが、hello againの招待ロゴを見たときにダークなイメージを持ってしまったのは事実です、ナハハ。普段、ロゴについて一言書くようにしている私が今回は黙っていたのも、まぁ、そういう印象だったということで……。

この記事へのトラックバック