自室のWi-Fi向上を目指し、Planexの無線LAN子機「GW-450D KATANA」を入手。

一式戦・・・じゃなかったフレッツ光ネクスト隼に変更するも、自室のWi-Fi強度がボトルネックとなっている状況を打破するため、Planexの無線LAN子機「GW-450D KATANA」を買いましたヨ。
画像

「刀」と大書されたパッケージ↑ キレッキレのネーミングに痺れるものの、そう頻繁に切れてほしくない電波を扱う製品名としてどうなのか、などという暑苦しいツッコミはいりませんかそーですか。あと、左下の「素人志向」て・・・。
画像

内容物も潔くシンプルそのもの↑ ドライバやユーティリティソフトはネットからダウンロードする今どきのスタイル。えぇ、あえて突っ込みませんとも。なにせCD-ROMを添付したところで光学ドライブ非搭載のパソコンが珍しくない時代ですから。デバイス内に小容量USBメモリ機能を備えてドライバを格納してやれば満点でしょうが、コスト面で難しいですかね。
画像

アンテナの折り曲げ可動範囲は広く、180度+90度の2軸にアンテナ面90度となっています↑ ただしドングル部が分厚くて、Mac miniのポートに直接挿すと隣接する2つとも使えなくなるため、デスクトップ機ならUSB延長ケーブルなどを利用するのが現実的ですね。
画像

ノートPCでの使用例として、ThinkPad X60の右手前側USBポートに挿してみました↑ アンテナ部の長さが148mmありますけれど、ドングルの長さぶん外側へ追いやられるので、めちゃくちゃ邪魔・・・というほどでもありません。あくまで個人の感想です。

*****

というわけで、肝心の速度向上についても報告したいところですが・・・基本的には確実に速くなりました。けれど、付帯すべき話が少なからずあって記事も長くなりすぎますから続きは次回。




もっとどーでもいいことですが、刀は片刃が一般的かと。諸刃(両刃)っぽいデザインのコレは剣ですよねぇ。

関連記事 関連記事:

macOS Sierraで「GW-450D KATANA」が動作しない時の対処。ドライバを手動で。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/11/6)

「スタンド付きUSB延長ケーブル」と「フェライトコア10個入」を買う。ケーブル外径に注意。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/08/14)

大型アンテナ搭載無線LAN子機「GW-450D」でついに自室も90Mbps以上に。ただし場所は選ぶ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/08/08)

フレッツ光プレミアムからネクスト隼1Gbpsへ変更。速いのは速いが、自室の速度は・・・。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/08/04)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2016年08月07日 23:33
今晩は。

私は青嵐や彗星が好きです、ってそんな話はさておき続編に期待😃
2016年08月08日 09:09
shigechanさんこんにちは。

おっと、数少ない海軍機の水冷エンジンがお好みですか。私も性能や信頼性はともかく、彗星の流麗なデザインが好きですねー。欧米の水冷機とはまた違った日本独特の雰囲気がたまりません。

などと、自重せねばこの手の話を始めると終わりませんので、ナハハハ。

この記事へのトラックバック