2016年極私的Windows某重大事件、その1。無鉄砲な試みの全貌が明らかに。

< じつはアップグレードでもDSPでもない、正真正銘の新規インストールパッケージを買ったのは初めて = である調 >


石橋を叩き壊して満足して引き返す性格の私がとった今回の愚行は、さながら崩壊寸前のタコマナローズ橋へダッシュするがごとしである。とにかく、どう転んでも満足する結果に至らないのはわかりきっているのだ。

さて、とっとと本題へ移ろうじゃないか。いったい何をしようというのかね・・・
画像

ヘイヘイヘイ、2016年にもなってWindows用ソフトのパッケージを買うなど誰が予想し得たかね↑ しかもWindows用じゃなくてWindowsそのものだっ、Windows Xだ・・・あぁ訂正Windows 10だっ。つい先月までティッシュ配りのお兄さんよろしく強引に無料配布していた、あの10だよっ。

ということは、もうおわかりだろう。コレをアレにインストールしようって算段だな。アレはアレに決まっている。アレだよ、エックスなんとかだよ。しんく・・・ThinkPad X60だよ・・・そうCore Duoの! 言わせないでくれ(本当に)恥ずかしい。

まず「Core DuoのX60にWindows 10がインストールできるか?」のレベルから始まる無謀ぶりに膝がガクガクするんだけれど、ざっと調べた限りでは本機よりロースペックのマシンにインストールできた事例が存在することから、たぶん大丈夫だと思うような気がするメイビーって感じぃ〜。ところが、Core 2 DuoならヒットするのにCore Duo搭載X60での挑戦例がさっぱり見つからないのだよ。これの意味するところを想像するに、い、いや〜スリリングやわぁ〜。

*****

改めて、我がロートルDOS/V機のスペックをおさらいしておこう。

・CPU:Core Duo T2400 1.83GHz(デュアルコアだぜぃ、32bitだけどな)

・チップセット:Intel 945GM Express(これはCore 2 Duoモデルも一緒だから安心だ)

・GPU:Intel GMA950(これもCore 2 Duoモデルと一緒だから楽勝だ)

・RAM:DDR2 4GB(最大搭載量だぜ文句あるか、32bit OSでは3GB程度しか認識しないけど)

・SSD:SATA 64GB(速度面での要だ、セルの部分的?故障疑惑は一時棚上げしておく)

Windows 10導入の可否に直接関わりそうな点をピックアップした。この10年前のスペックを見て、さほど酷くもないなと感じるか、チョーだっせぇくっせぇ古くせぇと感じるかは貴殿の心の澄み方次第だろう(違う)。

*****

画像

毎度おなじみパッケージの中身チェック↑ さすがMicrosoft、ハードに色気を出しても本分を見失わない凝った造りだよ。なお、右上の冊子は驚くほど内容が・・・ないよぅ。

そうやって私がパッケージソフトに並々ならぬ情熱を燃やすこととなったきっかけこそ、テレビのニュースで見たWindows 95発売時の騒乱である。当時パソコンに全く興味はなかったが、人々が我先に買い求める謎の青い箱の中身が気になって気になって・・・いや〜今でも鮮明に思い出すなぁ。21年の時を経て、その末裔の新規インストール用パッケージが目の前に鎮座するとは、深い反省と後悔を差し引いても感慨深いものさ。

以上、つづきは次回。




Amazon販売・発送のものを選べば変なものが送られてくることもなかろうて。

関連記事 関連記事:

Core DuoのThinkPad X60にWindows 10を入れる、7回分のまとめ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/09/07)

Core DuoマシンにWindows 10を入れる、その2。いよいよドラマチックな展開・・・あれ? パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/08/26)

魔が差した・・・反省も後悔もしているが覆水盆に返らず。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/08/24)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねもねも
2016年08月25日 22:47
もう5千円くらい出すと、そこそこまともに動く8インチWin10タブレットが買えちゃいますね。
2016年08月25日 23:35
ねもねもさんこんにちは。

残念ながらタブレットは私の使い方に合わないため除外しましたけれど、AndroidよりもWindows 10のほうが長く使えそうですね。今後安いタブレット端末を物色することがあれば、積極的に後者の載ったものを選ぶかもしれません。

この記事へのトラックバック