昨年は5月に熱暴走したMac mini、今年は7月に入っても大丈夫・・・なわけ。

そういえば、去年Mac mini(Late 2014)の熱暴走に悩まされたよな〜、と7月に入ってから気づいたトビフシコです。なので、例のダイソーUSB卓上扇風機もまだ稼働していません。

画像

なんということでしょう! 室温30度の今朝でもCPUコアの温度が46度と平熱ではありませんか↑ 筐体を触ってもほんの僅かに温かく感じる程度。

考えられる要因はただひとつ。上記リンクの「わざと熱暴走させるつもりか」と突っ込まれそうな機材配置を見直し・・・ておりませんっ。いやいや断言して満足するなよという話ですが、そうでなければ他でもない自作Fusion Driveの構成を内蔵SSD、外付けHDDに変更したことでしょう。

現に、iStat Menusの「Hard Drive」項(実際はSSDね)は気温と同じ30度を示しています。改めてHDDの熱さを思い知りました。

とはいえこれからが夏本番、ダイソー扇風機も引っ張り出してきて準備を整えていますよ。問題の機材配置はねぇ、大きなUSBハブも導入したことでますます手のつけようがありませんねっ。




HDDを搭載したMacのSSD換装は本当にオススメ。速いし涼しいし価格もだいぶこなれてきましたし。

関連記事 関連記事:

8月に入っても熱暴走なしのMac mini。外付けHDDには超テケトーな熱センサーを作って貼る。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/08/20)

とりあえずMac miniのHDDとSSDを入れ替えてFusion Drive再構成を実施。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/11/08)

これではMacBook黒とMac miniが「熱暴走」しても不思議ではない図。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/05/30)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック