「MacHeist Hall of Fame Bundle」開催。今度はMacの老舗ソフト群だっ。

バンドルハンターのトビフシコです、うそじゃ。ソフトのまとめ売り、つまりバンドル販売のMacHeistが「The Hall of Fame Bundle」を開催しています。

画像

今回はHall of Fame、日本語だと殿堂入りのMac向けアプリケーションソフトがテーマだそうですヨ。8個のソフトに加えて、シークレットが2つ。価格は購入者が1ドルから50ドルまで決められるようですが、全て手に入れるには15ドル以上支払ってね、という仕組み。

さあ、恒例のソフトウェア超・無責任テケトー紹介をば。

TechTool Pro

ディスクユーティリティソフトの定番。ただ、定番中の定番になりきれない定番みたいな印象を持ちます。失礼しました。一時期はAppleCare Protection Planにも同梱されていました。私のあやふやな記憶だと、初期の名称はMacTool Proだったような・・・勘違いならすんません。

SuperCard Suite

これはすごいですね・・・。私自身がポスト・ハイパーカード世代ゆえ、本ソフトの偉大さを正確にお伝えすることができず残念です。あの日あの時スタック作成に腕を振るった方、どうぞ〜。

GraphicConverter

略してグラコン。一般的なグラフィックソフトと少し毛色が違っていて、開く・保存する対応ファイル形式の多さが特徴。バッチ処理もPhotoshopより先に搭載したはず。しかし、最新版ではレイヤー機能まで備えるという、どこへ向かって走っていくのか不安と期待で昼も寝られません。などと言いつつ、私は現役で使っておりますよっ。こいつがMacに入っていないと落ちつかないのです。

StuffIt Deluxe

近ごろバンドルに含まれる機会が多いような・・・Mac向けアーカイバといえばこれでしょう。分割を得意とするCompact Proとよく併用したものです。これまた現在も愛用していますが、一度作ったスニペットで同じ作業を繰り返すだけなので、愛用は言い過ぎかな。

Freeway Pro

これってMac OS 9以前で動くバージョンがありましたっけ? ま、お手軽Webオーサリングツールとしては少なからぬ歴史を重ねていると思います。なにせPageMillやGoLiveなど、古くからの同類がことごとくくたばっておりますので。

Poser Debut

いつの時代もPoserにあまり古さを感じない私。最近のはともかく、昔のPoserモデルには名状しがたい味がありまして、ワガツマの呉エイジ氏などはそのエッセンスを実にうまく抽出した作品を載せてらっしゃいました。ただ、古い3D CGソフトならStrataのほうがよかった気分。

Fetch

これまたお世話になったFTPソフトです。まさしくこのバンドルにふさわしい一本といえます。ただ、今あえて選択するかというと微妙かもしれませんねぇ。現に、私もTransmitを使っておるわけです。

Bugdom 2

iMacやiBookにバンドルされていて、遊んだ方も多いのではないでしょうか。その「2」だそうです。私は、同じPangea SoftwareのCro-Mag Rallyをよくプレイしました。また、iOSへ積極的に移植されており、そちらで知った方も多いとおもいます。

*****

以上、さすがに現在も他の追随を許さないほど影響力を放っているとは言いがたいものの、まだまだ使いでのあるラインナップでしょう。


考える道具としてのMacintosh/HyperCard
共立出版
梅村 恭司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 考える道具としてのMacintosh/HyperCard の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


関連記事 関連記事:

バンドルのシークレットは「Nisus Writer Pro」。ワープロソフトの存在が強かった時代…。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/11/19)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねもねも
2015年11月14日 14:12
該当のページ右上に鳥かごに入った無償アイテムが追加されてますね
2015年11月14日 17:16
ねもねもさんこんにちは。

リネーマーユーティリティっぽいですね。TwitterやFacebookで共有すると貰える、いつものオマケのようです。

また、Snood Plusというマッチ3ゲームがベールを脱いでいますね。残るは79ドルの・・・なにかです。
ねもねも
2015年11月16日 23:52
NisusWriteだったようで
とりあえず長期放置だったグラコン橋ー版を本国版に
のついでに
2015年11月17日 09:22
ねもねもさんどうもです。

Nisus Writerですねー。これは当時憧れたものの、ついぞ使う機会を逸しただけに嬉しいです、ナハハハ。まぁ、ついでに時期まで大きく逸した感はありますが・・・。今試用してみてもピンとこない予感がします。

そういえばBridge 1って今もあるのかと調べたら、な、無くなっている! 確か2010年以降も存続していて「長生きだな~」と感心した記憶があるのですが、とうとう撤退したんですかねぇ。

もうしばらくすれば、Bridge 1が日本語訳をしたバージョンもレア物として珍重されるかもしれません。GraphicConverter 9はまだマシですが、7や8の日本語ローカライズは酷かったです。
ねもねも
2016年03月06日 08:18
ElCapitanの不安定さに負けて2010airにTechTool Proを入れセンサーテストをしたらCurrent Sensor Battery 0 Railの値がエラー起こしてるんですがバグなんでしょうか?
トピさんの環境だとどうなのかな?
2016年03月06日 13:14
ねもねもさんこんにちは。

残念ながら私のMacにはTechTool Proを入れていないので、お答えできませんが、このエラーはバッテリーの温度センサーでしょうか、それとも残量表示に関するものでしょうか?

で、久しぶりにAirを起動したところ・・・「バッテリーの交換修理」アラートが! 私の環境ではその時点で何の参考にもなりそうにありません、オヨヨヨ。
ねもねも
2016年03月06日 23:24
充電完了状態で4桁アンペア、放電中で5桁アンペアという凄い数字が出てるのでバグかなぁと思った次第。
AHTは倉庫からUSBを引っ張り出さないといけないので試してませんが、通常のシステムプロファイラではエラーになっていないので
もっとも購入後1年で一度バッテリ妊娠でバッテリ交換になっている個体なので何かダメージが出ている可能性も拭えず。
かといって現行機種も取り急ぎ購入という気分でもなく
とりあえずTTP8のサポート(ACT2ではなくMicromat)には連絡済みゆえ、そのうち結果がわかるかと

この記事へのトラックバック