「RICOH GR II」の噂とな。ローパスフィルターオプションとMF操作性向上を望む。

丸2年を過ぎて、ようやく次期RICOH GRの噂が出てきたようですね。『リコーGR II がインドネシアの認証機関に登録、今月中に量産が開始? - デジカメinfo』とのことで、今のところ詳細は皆目不明です。

画像

GR 換算28mm、F2.8、1/30、ISO100、+0.3EV


あいかわらず豚に真珠状態のトビが注文をつけるなど論外ではあります。しかし、どうしても2つばかり気になることがありまして・・・

1. ローパスフィルター付きのオプションが欲しい。

2. マニュアルフォーカス(MF)の操作性をGR DIGITAL IV以前に戻してほしい。


1.に関しては、モアレより偽色発生が深刻です。購入後すぐの記事で載せた例は、まだ甘いほう。逆光に細かくきらめく水面なんか撮った日にゃ、目も当てられない惨状を呈します。おそらく高画素化することで「2Lプリントで視認できる」レベルを脱するでしょうが、根本的解決ではありませんからねぇ。サイズと消費電力をどうにかできるなら、ペンタックスのローパスセレクター搭載がベストではあります。ま、今の段階では厳しいかなぁ。

2.についても早い段階で記事にして語り尽くしました。当時より少しは慣れましたけれどね。

*****

それ以外は本当にもう・・・望みません。デジカメinfoさんのコメントを拝見すると、防塵防滴や手ぶれ補正の要望が少なからずありますね。個人的には前者が叶うと「ちょ〜うれぴ〜って感じぃ〜」ですが、無理でしょう。手ぶれ補正はほぼ必要を感じず、あればあったで嬉しい程度。

そもそも次期GRがどうなろうと、絶対に買えないので関係ねぇというのが本音です、ナハハハッ。ただ最後にひとつだけ、決定的にショックを受けるだろう要素が「小型化」であると言っておきます。




正式名称も気になりますねー。

関連記事 関連記事:

「RICOH GR IIの画像」? 本当ならEVF内蔵じゃないと解せない。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/06/06)

RICOH「GR」のマニュアルフォーカスは操作性が退化してしまったの巻。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2013/12/05)

ローパスフィルターレスの「GR」は細かなディテールに偽色の目立つ点が惜しいっ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2013/11/11)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2015年05月25日 11:48
今日は。

WG-3GPSにもマニュアルフォーカスは付いていますが、あまりにも大雑把です(^^ゞ
屈曲光学系では仕方無いと思いますが、出来ればもう少しキメの細かい調整が出来たら、万全ですね(^-^)v
2015年05月26日 08:31
shigechanさんこんにちは。コメント返しが遅くなってすみません。

WGシリーズは凄いですねっ。MFも装備なのは知りませんでした。オリンパスTGと並んで、これ以上の高機能タフネスコンパクトは現状ありませんからねぇ。

GRのMFは同クラスの中でも操作性に難があると思います。かといって鏡筒リングなんかも装備してほしくないという贅沢な気持ちで・・・ナハハハ。

この記事へのトラックバック