4/1ネタの「元祖 Apple Watch」バラシレポートは普通のクォーツ時計分解に応用できそう。

旧聞で恐縮ですが、iFixitが画像

クォーツ腕時計の電池交換はすれど、ムーブメントの分解まで行う機会にはまだ恵まれておりませんので(そのほうがいいと思うヨ)、ネタとはいえ今回の記事は参考になりそうです。なにせ汎用性の高い内容でしょうからねぇ。断っておきますが、元来トビは手当たり次第にバラす分解魔ではございません。亡き叔父に較べれば足元にも及ばぬヒヨッコなのです。それ以前に時計との縁が希薄で・・・。

ある程度予想していたとはいえ、クォーツってのは針式でも恐ろしく部品点数が少ないんですねぇ。この針と文字盤のデザイン、少しアレンジされてでもApple Watch用スキンとして載ってほしいなぁ。




掛け時計のムーブメントは子どもの頃バラして、無理やりマブチモーターを取り付けて鉄道模型用ターンテーブルの回転部に利用しました。結局ターンテーブルが完成せずにお蔵入りですが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック