「写真(Photos)」Appを試す。参照イメージ、バージョンはOK。読み込み、キーワードは微妙。

Lightroom 6を試す前に、Apple謹製「写真(Photos)」Appがどのような出来なのか確認してみましたヨ。お代官様、どうか一般名詞を使うのやめておくんなセェ。機能を調べたくてもググるのが大変なんだべ。

Apertureユーザが写真管理のみに絞っても使える代物か、を主な視点としています。あくまでトビの使い方ではありますが。

画像


まず、最大の懸念事項たる参照イメージ(参照ファイル)の取り扱いは可能ですね。テスト環境として、USBメモリに画像ファイルを入れたフォルダを作成し、「Photos Library」を内蔵ストレージに格納。この設定は、写真Appの「環境設定 > 一般 > 読み込み:項目を写真ライブラリにコピー」のチェックボックスをオフにするだけ↑

画像


次にバージョンですが、「1枚の写真を複製」を選ぶことでバージョン2が現れます↑

画像


元の画像とバージョン2の参照ファイルを表示すると同一の画像であり、参照イメージ自体は複製されていませんので、バージョンも健在といえましょう↑

ただし、編集を加えると同時に新規バージョンを作成する機能がない点は個人的にかなり厳しいですねぇ。また、スタックも備わっておらず、ブラウズの効率が悪いです。

*****

ついで、かなり不評らしいメタデータ関連について。5段階のレートを取っ払ったのも困りものですが・・・

画像


なぜか「キーワードマネージャ」ウインドウからキーワードをドラッグ&ドロップで写真に適用できません

画像


複数枚への同時適用は備わっているのに、インクリメンタルサーチを用いた今流行りのやり方↑ マジで勘弁してくだセェ。

*****

メモリカードからの読み込みや外部エディタ連携に関して。

参照イメージでの利用形態だと、写真Appの読み込み機能を用いた場合はPhotos Library以外への保存ができません。別に読み込みソフト(イメージキャプチャなど)でカード内の写真を取り込んだ後、写真Appの読み込みを実行します。

加えて、写真Appの読み込み作業では、読み込み済みの画像が明示されない点が厄介。読み込み済みを再度読み込もうとするとアラートが出てわかりますが、スマートさに欠けますねぇ。

Apertureでも貧弱だった外部エディタ連携は絶望的でして、Finderでコピーした参照イメージを外部エディタで開くほうが手っ取り早いと思います。

*****

その他、気づいたことなどは以下。

画像


フォルダ・アルバム・スマートアルバムが残る一方、「プロジェクト」はブックやカレンダー、スライドショーなどの総称に名を残す程度↑ プロジェクトとフォルダの機能的差異が曖昧だったので、この変更は構いません。

画像


スマートアルバムのカスタマイズはまあ、そこそこでしょうか↑ EXIFのマニアックな項目や細かい調整データで分類していた方は・・・残念です。

画像


リフトとスタンプの超簡略版として、調整設定のコピー&ペーストが申し訳程度に備わっています↑

*****

総じて、思っていたほど悪くはないのですが、編集機能はもちろんブラウズ性能でもApertureの代替にはなり得ません。幸い参照イメージが扱えるため、Apertureと写真Appの共存は可能(それぞれの編集結果などは無視されます)。ライトユースとしてはiPhotoより使いやすい気がしますね。


Adobe Photoshop Lightroom 6 日本語版 【Macintosh版】 [ダウンロード]
アドビシステムズ
2015-04-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Adobe Photoshop Lightroom 6 日本語版 【Macintosh版】  [ダウンロード] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


関連記事 関連記事:

「写真」Appの参照イメージは一方通行で、iCloudフォトライブラリは参照イメージがNG。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/04/25)

CCだけでなくパッケージ版も残ったAdobe「Lightroom 6」。さぁて・・・どうする? パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/04/23)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねもねも
2015年04月24日 17:34
右回転しか無かったり回転してもExifを書き換えずサイドカーに保存とかiPhotoにすら劣る機能ともっさりにひっそりと閉じてしまいました
最新機種なら軽いらしいですがパワーでねじ伏せるならWindowsでいい気がしてきました。
2015年04月24日 19:15
ねもねもさんこんにちは。

回転は左右どちらもキーボードショートカットやoptionキー押しながらのメニュー選択でいけますね。ま、iWorkと同様に機能を減らしてiOSデバイスとの親和性を第一にやっていくんでしょうねぇ。

動作速度については、テスト環境が20枚ちょっとだったので全然わかりません、ナハハハ。
ねもねも
2015年04月25日 11:40
回転はメニュー上にはあったのですね、右クリのコンテクストメニューには右回転しか出ないのでチグハグです。
もう一点最大の問題が、写真ライブラリへの元画像フォルダの位置が相対フォルダで記憶されているようで、写真ライブラリをネットワークドライブなどに移動やコピーしてそちらを参照すると元ファイルをFinderで表示させる機能がまったく機能しません
2015年04月25日 18:49
ねもねもさんどうもです。

コンテクストメニューではoption押下で左回転に変わりますね。まあ私も、この辺の所作がAppleらしくないと思います、ナハハハ。

おっと、ネットワーク越しの参照形式ではそのような問題があるのですかっ。そいつはちょっと厄介ですねぇ。写真Appの参照イメージは、本当に「とりあえず扱えるようにはしてやったから」みたいな低い位置付けに感じてしまいます、ハイ。

この記事へのトラックバック