大失敗!100円ショップの「トリプルフランジ」イヤーピースをSE215に付けるも・・・。

表記の揺らぎは当サイトの仕様、なトビフシコです。イヤチップ、イヤパッド(これはSHUREがそう書いている)、イヤーピース・・・ごちゃ混ぜでごめんあそばせ。

で、コメント欄にてトリプルフランジのイヤーピースをお手軽に試す方法、すなわち100円ショップのイヤーピースをオススメしてもらい、探してきましたヨ。見つけたのはキャンドゥです。

画像

見てくれは立派なトリプルフランジ↑ 4つ入りで色はクリア。

画像

108円らしく仕上げが雑で、ちょっと小ぶりですよね↑ 全体的に薄っぺらいし。それぞれの傘からバリが出ているのはまだしも、ランナーから切ったのか大きなバリをはつったのか、欠けてしまっている箇所もあります。

画像

ツバ付きの太いステム用なので、そのまま装着できそうなSHE9701にはめてみるとピッタリ↑ この組み合わせでいざ試聴。

ん・・・スッカスカですやん。ヘッロヘロですやん。マジっすか!?

イヤーピースでこんなにも音が変わるのかと感心しきりじゃなくてですねぇ、低音と高音が消滅し、パサついた音が遠くからよれよれの状態で届く感じ。どうにも救いようがありません。しかも遮音性は皆無に近く、簡単に耳からすっぽ抜ける始末。

どうやら細かな品質以前に、小さすぎるみたいです。私の耳の穴は、SHUREのソフトフォーム、ソフトフレックス共に一番小さいものが合致しますから、本製品のサイズで満足できる方は少ないのではないでしょうか。

*****

すでに絶望的ながら、当初の目論見を完遂すべくSHURE SE215に取り付けます。

画像

SHUREの細いステムへの固定は、短く切った自転車用の虫ゴムをツバ代わりに押し込むことで解決↑

画像

トリプルフランジを取り付けたSE215のなかなか凛々しい姿↑ 姿だけは、ね。

期待を最小限に絞って試聴します。天下のSHURE掛けにより、耳穴への固定は完璧なんですが・・・やっぱりスカスカのヘロヘロサウンド。長いステムのおかげか、SHE9701と比べれば届く音の量が多く思えるものの、はっきりいって100円ショップのイヤホンのほうがマシですネっ。

*****

トリプルフランジのイヤーピースは、切った貼ったの加工を施して好みの音を作る楽しみがあるようですけれど、本品をベースにしては埒があかないと確信します。ただし、耳の穴が小さめでイヤーピースの選択に困っている方なら一度挑戦されてもいいかなぁ、と。個人的には2個入りでかまわないから、せめて一回り大きいサイズにしてほしいところです、トホホケキョ。


【国内正規品】SHURE トリプルフランジイヤパッド EATFL1-6
Shure Incorporated
2009-04-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【国内正規品】SHURE トリプルフランジイヤパッド EATFL1-6 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


私がトリプルフランジに期待することは、ソフトフォームとソフトフレックスの中間の遮音性。そしてフォームより楽な取り付けなのです。

関連記事 関連記事:

SHUREのウレタン製「ソフト・フォーム」イヤチップがこっそり進化。メッシュが入っている。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/01/22)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

shigechan
2015年01月27日 12:37
(^-^)/ トビさん、今日は。

三重の塔みたいなやつはトリプルフランジと言うのですか! 私が使っているのは普通のキノコみたいな奴ですよ(^o^)/
2015年01月27日 15:18
shigechanさんこんにちは。

shigechanさんはSE535をお持ちですよね、羨ましい~~。普通のキノコというのは、シリコーンゴム製のソフトフレックスでしょうか。私もSE215にはそれを付けています。

ウレタンスポンジ製のソフトフォームが一番好みですけれど、装着が面倒で・・・ワイヤーの入っていないケーブルでSHURE掛けの楽なSE115は購入以来ソフトフォーム一択です。
shigechan
2015年01月28日 08:18
お早うございます!
触った感じはシリコンゴムですネ!ウレタンは当初の手触りは良いものの、耳のなかで加水分解(^^ゞしそうで・・・。
2015年01月28日 09:40
shigechanさんどうもです。

ウレタンは完全に消耗品ですね。潰して耳へ挿入しますが、低反発性が徐々に失われてしまい、最後はただの高反発スポンジになります。

私はSHURE純正の交換品を後生大事に小出ししています、ナハハハ。ただ、やはり長期保管による加水分解も少しずつ進むようで、使うなら早めのほうがよさそうですね。
ねもねも
2015年01月28日 16:43
あれまサイズが小さいんですね、それは残念。
300~500円で怪しい(?)フランジセットが尼にありますね。
ウレタンフォームは衛生的に使い捨てのイメージが(^^;
2015年01月28日 18:54
ねもねもさんこんにちは。せっかく勧めていただいたのに、残念な結果でした。小さい上にペラペラなので、密閉度が無きに等しい状態となったようです。

Amazonでも魅惑の価格で売っていますねぇ、ナハハハ。でも、今度試すならSHURE純正に絞るほうが遠回りせずにすむかも・・・。
ねもねも
2015年01月28日 21:08
ちょっとしたイヤピースのお遊びをひとつ
普通のカナル型ピース(オーテクのFinefitとか)の裏側の隙間部分にインナーイヤー型のスポンジカバーの中心に穴を開けてドーナッツ型にしたものを詰め込むと某社のノイズアイソレーションタイプに早変わり。
定番のカスタムかも。。。
2015年01月29日 12:44
ねもねもさんこんにちは。

まさに、そのカスタムをトリプルフランジ改造ネタを探している時に見つけました、ナハハハっ。

SHUREのシリコーン製ソフトフレックスにウレタン製ソフトフォームの切れ端を入れれば作れそうですね。遮音性と付け易さを高次元で両立させる方法としてベストかもしれません、ハイ。

この記事へのトラックバック