「Mac mini(Late 2014)」レビューその9。再度やってきて再度セットアップ中。

< あぁデジャヴだ。さっきMac miniを見たんだ。そしたらまた似たMac miniが・・・=である調 >


誤ってMac Proが配送されたりするんじゃないかと期・・・バッチシ同じ仕様のMac miniが到着したゾ。Proでもiでもminiでも、とにかく不具合のない普通の個体が欲しいだけじゃ。

画像


8日に引き取られて今日到着だから、送ったものの中身すら確認していないのではと心配になる早さ。まさか同様の返品交換が続出なんてことは、さすがに無かろうな。情報を漁ってもとんちんかんなトラブルに右往左往しているのは私だけのようだし。

画像


前のminiを送った後に頂戴したコメントで、「USB 2.0とUSB 3.0の互換性、あるいはコネクタ周りのショートの可能性」を教えてもらったから、まずは新しい個体のUSBポートを覗いてみた↑ 異常らしい箇所は見られない。古いほうは抜き差しに違和感を覚えることもなかったけれど、ポートの中までしっかり確認しておらず真相は闇の中。でも、新しいMacを買ってチェックすべき項目として、しかと頭に刻み込んだよ。なにせデスクトップ機をぐるぐる眺め回す習慣がなかったもんでね。

ケーブル側のコネクタは確認済みで、USB 3.0の奥5本と接触しそうな危なっかしい箇所は見当たらない。手前4本と奥5本はぐいちになっているだけでなく、ピンの立ち方というかテンションが逆になっており、導電性の異物が混入しない限り短絡しそうに見えないから、たぶん大丈夫。

あとはUSB機器との相性問題か・・・再発すれば私の環境が原因だと判明する。するんだけれど、ハブを含めて6~8台ぶら下がっているし、組み合わせ相性だったりすれば結局お手上げだよっ。

*****

ともあれ、ただ今セットアップ中。こういうときにTime Machineのありがたみを噛みしめるよ。セットアップアシスタントを進め、データ移行元をTime Machineバックアップに指定するだけで綺麗に前の環境を書き戻してくれるのだ。再三電源をパッツンされたシステムのバックアップだけれどネ




USB 3.0ハブにも相性が・・・って勘弁してくれよぉ。

関連記事 関連記事:

「Mac mini(Late 2014)」レビューその10。「コンピュータのスリープ」が存在しない。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2014/11/12 20:13)

「Mac mini(Late 2014)」レビューその 8。ドナドナされる。USB周り・・・かも。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2014/11/08 20:28)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2014年11月11日 22:32
今晩は。

USB3.0のハブは結構ボロボロに評価されていますね。かく言う私もサンワサプライのハブの接点が異常で、4つの端子の内3つが即座にダメになり速攻交換しましたが、交換品も1つが即座にダメになりました。
今日になってアップルストアからお買い上げのBelkin製USB3.0ハブが着きましたが、まだ中味を見ていません(^^ゞ

呪われたUSB3.0なんちゃって・・・。
shigechan
2014年11月11日 23:02
いまBelkinのを確認しました。似たような端子ですって、当たり前ですが・・・。何か不安だなぁ(^^ゞ
2014年11月11日 23:43
shigechanさんこんにちは。

そう、エレコムのレビューがよろしくないですねぇ。サンワサプライもですか・・・USB 3.0自体がきわどい規格だとすれば残念です。少なくともUSB 2.0まではパーソナルコンピュータ史上最も成功したインターフェースのはずなのに。

Belkinは以前にも増して高級路線に向かっているようですね。私なんぞおいそれと手を出せなくなりました、ナハハハ。さすがに大丈夫だと思いますよ。Apple Storeで扱ってもらう手前、品質を誤魔化すわけにはいかないでしょうしね。
shigechan
2014年11月12日 08:09
お早うございます。

今晩のブログに載せる予定ですが、端子内部の4本頭をもたげているやつが直ぐにひん曲がります。あ、Belkinのはまだ曲げていませんよ(^^ゞ
2014年11月12日 09:17
shigechanさんこんにちは。

なんとっ、USBハブ側の4本ということは、USB 2.0以前用のピンでしょうか。それはコントローラチップの相性どころでない問題ですよねぇ。

USB 3.0の互換性の保ち方に少々無理があったのかもしれませんが、コネクタ品質は一般ユーザが実際に使ってみるまでわかりませんし、タフな旧USBのノリでええ加減なパーツを載せるのはやめてほしいところです、ハイ。

この記事へのトラックバック