CASIOのスイバルしまくり「EXILIM EX-TR15」が限定3,000台完売。うまい売り方だ。

デジカメWatch『フリースタイルカメラ「EXILIM EX-TR15」が3,000台完売。追加販売も検討』で知りました、カシオが国内3,000台限定で予約販売した「EXILIM EX-TR15」が早々に売り切れたとのこと。同社のプレスリリースはこちら

画像


トビの予想どおりといいますか、まあ誰が予想してもそうなるでしょう。

前の記事では値段と売り方に不満を漏らしたものの、このデジカメを日本国内で販売するにあたって、今回の限定プレミア商品みたいな価値を持たせる以外によりよい方法があるかと考えると・・・ベストとはいわずともベターな手法であったのかもしれませんね。半額(でも4万円前後)にして普通に量産すれば、人気の低い高級コンデジ並みの売れ行きに留まってペイできないように思えます。2万円台まで下げてようやく売れ行き上位に食い込むのが関の山ではないでしょうか。すでに原価割れしているはずですけれど。

そもそも、国内のみ値下げするわけにはいきません。初代EX-TR100は、アジアでの大ブレイク後に国内販売分を転売屋が買い占めたと噂されますし、そういった経緯が同シリーズを怪物たらしめる要因となった次第ですからねぇ。

ただ、この売り方にあって追加販売を匂わせるのは大いなる蛇足に感じますヨ。おとなしく売り切って完結すればよいものをちと欲が張ったのでしょうか、後々影響しないとも限りません。でも、買い逃した方にとっては朗報ですね。期待しましょう。




自分撮りができる超広角コンデジが欲しいなら、最有力候補。カシオの10分の1の値段で換算14mm画角が手に入り、しかも防水。写りも想像以上にマトモでびっくり。

関連記事 関連記事:

アジアで大ヒットのCASIOスイバルの後継機「EX-TR15」国内発表。僅か3,000台限定とな。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2013/07/11)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック