Photo:蒼天のぬけるむこうに白い月。ノーレタッチのCX3。

画像

CX3 換算135mm、F5.1、1/143、ISO88、-1.7EV


Macのディスプレイに表示してようやく気づいた 薄い半月

画像

CX3 換算31mm、F3.7、1/760、ISO80、+0.7EV





富士のFシリーズがマクロに強ければ、CXの後がまに据えられるのに・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ざんくろ
2013年07月17日 23:31
光りがなんと生々しいと言うか神々しいと言うか、蝉の抜け殻にスポットが当たっているようで面白いですよ。
よくぞ見つけましたなぁと言いたいです。
したの構図がまた心地よいですね、木の上の部分から限定した空と雲の動きがとてもいいです^_^
おまけの月がまたナイスです^_^
トビ
2013年07月18日 09:30
ありがとうございますっ。

これらも雨後の散歩の賜物です。ここ数日は、蝉の抜け殻探索モードに入っています、ナハハ。いいスポットが入っているんですが、もう少し露出を抑えればよかったですね。

2枚目の構図は、なんか毎年やっているような気がします。好きなんでしょうねぇ(他人事)。こういう伸びやかでダイナミックなのは、その日の気分がストレートに現れて小恥ずかしいです、ナハハハ。

この記事へのトラックバック