SIGMA「DP2x」ゆるゆるレビュー、その1。すでにオレ様仕様の珍姿・・じゃない御姿。

< ふぉびよよ~んな気分=である調 >


せっかく手に入れたのに、レビューを放棄するわけには参るまい。シグマのコンパクトデジカメ(←激しく違和感を覚えるが)「DP2x」のレビューをゆ~るりとお届けしてしんぜよう。

入手時の記事『中古美品のSIGMA「DP2x」ついにゲット。今こそ入手する限られたチャンス。』にて紹介したとおり、中古である。文句あるか。

こいつで撮影を始めてから、当サイトの日常スナップ「Photo:」に本機以外のカメラで撮った写真がないくらい、溺愛している。ま、半分は本当で半分はウソである。ウソの内容はおいおい明かそう。

画像


これがトビのDP2xだ↑ 今「ルミックスのパチもんじゃねーか」と言ったのは誰だい?

すでに普通じゃないのは自覚しているから、気の毒そうな目で私を見ないでいただきたい。こうなったのは全てに理由があるのだ。

かいつまんで説明すると、まずJJCのオートレンズキャップ。これがないとスナップには使えないと断言できる。リコーが特許だか実用新案だか持っているはずだけれど、そのへんが大丈夫なのか心配ではある。

次に、ロワの互換バッテリー。撮影ペースの遅い私ですら1本では心許ないほどバッテリーの持ちが悪いので、2本以上の携行は必須といえよう。

あとはハクバの液晶保護フィルムを貼ってやった。中古デジカメにダイソー以外の高価なフィルムを貼ったのは本機が初めてなのだ。特待なんだから結果を出してほしいものである。

そんなところだ。え?なに?聞こえないよ?グリップ?・・・しようがない。

銀色に輝く異物感たっぷりのグリップは、某ジャンクカメラから移植した。いずれ詳しく話すが、GR DIGITAL IIIに慣れているとDP2xの持ちにくさに閉口する。というか、普通に持っていても落としそうになるので、至急の対策が必要だったのだ。結果、取って付けたような見た目に相成った次第。まあ、「取っ手」付けたわけだし・・わあこらサンマの骨を投げるなー。

さすがに銀色グリップはあんまりなので、色を塗ろうかと思案中。以上の具合でゆるゆるなレビューを続ける予定だから、サンマの骨をたくさん集めておくように。


SIGMA DP1.DP2のBP-31対応バッテリー
ロワジャパン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SIGMA DP1.DP2のBP-31対応バッテリー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


最初にひとつ買うなら、やはりバッテリー。

関連記事 関連記事:

「DP2x」の自作グリップを塗装する。2つの選択ミスが痛恨の極み。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2013/08/07)

SIGMA「DP2x」ゆるゆるレビュー、その3。ロワ互換バッテリーでハッピースナップライフ。(2012/10/09)

SIGMA「DP2x」ゆるゆるレビュー、その2。オートレンズキャップでスナップシューターだっ。(2012/10/08)

中古美品のSIGMA「DP2x」ついにゲット。今こそ入手する限られたチャンス。(2012/09/19)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

コルキナ
2012年10月02日 00:01
 こんばんは、Tobiさん。そちらは台風の被害に遭われませんでしたでしょうか。

 >激しく違和感
 同意します。レビューを眺め、実際に店頭でDPや、メリルを手にする度に、「あなたは一体…?」な気分になります。

 カスタマイズしたくなる、または、“せざるを得ない”形だとも思います(笑)。

 そんな、ある種の“不器用さ”もまた、熱狂的ファンを生む要因なのかも知れませんね。
トビ
2012年10月02日 09:27
コルキナさんこんにちは。

いつになく雨風ともに荒れましたが、幸い被害が出るには至りませんでした。お気遣いありがとうございます。

Merrillの現物はまだ見たことがないのですけれど、あれをコンパクトと呼ぶのは・・・。フィルムのコンパクトカメラの中には図体のデカいやつもあるとはいえ、ううむ。

そうそう、不器用ですよねっ。DPを使うほどに感じます。一芸に秀でると他の部分がこうなるか!と。それが魅力だと言いきれるか否かで、このカメラの評価が別れるのでしょう。

総合的な完成度については、GR DIGITALが一歩も二歩も上手だと、改めて感じ入りました。

この記事へのトラックバック