OS X LionのMacBookでも外部ディスプレイのみオンにして使える・・のだけれど。

「いつものギズモードだから」で終わらせるには消化不良甚だしいので記事にしちゃうトビフシコです。

Gizmodo『MacBookを外付けディスプレイに繋ぐと蓋閉めてもOFFにならない...を解消する方法』の記事冒頭に、「OS X Lionでは外付けディスプレイを繋げたMacBookを閉じても、内蔵ディスプレイがオフにならない」と言い切っちゃっています。

外部ディスプレイを繋げ、ポータブルMac(以下MacBook)を閉じて使う方法は一般的に「リッドクローズドモード」と呼称します(たぶん、一般的なはず)が、どうもその話ではない模様。書き方がイマイチですねぇ。

画像

これはリッドクローズドモード↑

Gizmodoが言いたいのは、「外部ディスプレイを繋げたMacBookをいったん閉じてリッドクローズドモードにし、再び開いたときに内蔵ディスプレイがオフの状態を保つ」ことがOS X Lionではできなくなった、っつうことですよね?

先般OS X LionへバージョンアップしたばかりのMacBook 黒(Late 2007)で試してみましたヨ。

画像


結果・・・めっちゃ普通に、内蔵ディスプレイをオフにしたまま使えるんですけれど↑

だからといって「やっぱギズモードだから」などとバカにはできません。元は米ギズの記事ながら、日本版の最後に関連として掲載されている国内のAppleサポートコミュニティを見ると、できない事例が確かに挙がっています。そもそも、Appleサポート文書『Apple Portables:クラムシェルモード (内蔵ディスプレイを閉じた状態) で外部ディスプレイを使用する方法』にて、それが正常な動作である旨が記載されちゃっているのですヨ。

サポートコミュニティのやりとりや、Gizmodoが紹介するターミナルコマンドを用いた解決方法を眺めるうちに、ふと、自分の環境で思い当たる節が。

私がOS X Lionへバージョンアップした際は、いつもの利用スタイルであるリッドクローズドモードだったのですヨ。つまり、バージョンアップの作業中は、ずっとディスプレイを閉じたままだったわけです。

これが功を奏したのかは不明・・・いやいや、本来なら私の環境が異常なのです。残念ながら?Gizmodoは間違っておりません。大変失敬いたしました。

でも、リッドクローズドモードにて1年以上使ってきた私からすると、あまりシビアに排熱の問題を考えなくてもいいように思うのですが・・。ひょっとすると、最近のモデルはゴムパッキンがディスプレイのぐるりを囲んでいるため、吸気しづらいのでしょうか。ならば、SDカードのようなものを挟み込んで、隙間を作ってやるとか。いろいろ創意工夫ができそうですヨ。




昨今のディスプレイの値崩れは、そら恐ろしいものです。

関連記事 関連記事:

MacBook/MacBook Proのバッテリーを外した状態での運用はプロセッサ速度が大幅減。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ビジネス文書便利ページ

    Excerpt: ビジネス文書の文例を探すならこのページ。書店には多くのビジネス文書例文集がありますが、今やそれらは不要ではないかと思います。なぜなら、ネット上には無料で利用できる豊富な文例集があるからです。ここではそ.. Weblog: 文書と文章の便利ページ racked: 2012-09-06 22:54