MacBook 黒(Late 2007)へOS X Lionをインストール。CS2が削除できない!

穴があったら入って上から土砂をかぶせて埋めていただきたいトビフシコです。

画像


MacBook 黒(Late 2007)へのOS X Lionインストールはつつがなく終了しましたヨ。嬉々としてセットアップする最中・・・顔面蒼白。ブルーアンドホワイト。

Adobe Creative Suite製品のライセンス認証に関しては、過去随一の人気を誇るような記事を書いておきながら(記事本来の目的とは違う意味合いで辿り着く人も多いようですけれどネ)、OS X Lionへのアップグレードインストールなどという難易度の低い作業で致命的なミスを犯してしまい、情けないやら恥ずかしいやら、やらやらやら。

そもそも1台のマシンにCS2からCS5まで混在する状態が間違いなのです。んなことをいまさら悔いても仕方がありません。

勘の鋭い方なら、そろそろお察しいただけたでしょう、「CS2のライセンス認証を転送(解除)せず、ソフトのアンインストールもせずにOS X Lionへアップした」のです。

ライセンス認証を転送するには、CS2に含まれる任意のアプリケーションを起動する必要があります。また、奇麗にアンインストールしたいなら、専用のアンインストーラを使う必要があります

画像


もうね、極私的にマジ受け画像↑ キャッハーーー。

RosettaのなくなったLionではCS2に含まれる一切のソフトを起動することがでません。つまーり、PhotoshopもIllustratorも起動しない = ライセンスの転送ができず、アンインストーラも起動せず、と・・・ヤッタネ。

さすがにCS2ごときでTime Machineを遡る気にはなれず、目下思案中でございます。


Adobe Creative Suite 6 Design Standard Macintosh版
アドビシステムズ
2012-05-11


Amazonアソシエイト by Adobe Creative Suite 6 Design Standard Macintosh版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ライセンス認証なんてくたばっちまえ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Kaoru
2012年08月14日 16:26
うわ~、ショック!っていうか、Snow LeopardにCS2を入れてたんですか?。。。私はIntelMacでは動かないものと思ってCS5にアップグレードしたのでした。
CS5があるならもう、CS2とはさよならしてもいいかもしれませんよね。イラレの天地の定規が逆になってるのは気になりますが。

ライセンス転送をしてからインストールしたとして、LionでCS2が動く可能性はあるのでしょうか。CS3を使っている知人が最近Lionにしたら無事起動できたという話でした。その人はたぶん、ライセンス転送はしなかったんじゃないかな…。CS2から3になったころは、アップルもアドビも変革期だったのですよね。
トビ
2012年08月15日 12:58
Kaoruさんこんにちは。

Snow LeopardはRosettaがありますので、インストールしていました。使う予定は無かったんですけれども。そうそう、定規がWeb仕様になり、初めは「アホか」と思いました。最近はもう慣れましたけれど、印刷物には辛いですよね。

CS2はOS X Lionではどうやっても動きません。外付けHDDにSnow Leopardをインストールし、そこからCS2を起動してライセンスの転送をしようと試みるも、ことごとく失敗している最中です、トホホホ。

CS2のライセンス転送は諦めるしかないようです。このMacBookとの紐付けがあることをくれぐれも忘れないように、注意しなければ(もし売りに出す場合は、Snow LeopardとCS2をインストールし直し、ライセンス転送する必要があるのです)。

この記事へのトラックバック