MacBook/MacBook Proのバッテリーを外した状態での運用はプロセッサ速度が大幅減。

ここ最近、MacBook(黒 Late 2007)の処理速度が大幅に向上してほくほく顔のトビフシコです。

この記事を読んでくださる方の一人でも該当してくれればラッキーなほど、ケチでレアな運用による弊害のお話なんですヨ。

MacBookのデスクトップ運用を始めてから、底面のメインバッテリーを取り外しておいたのです。それ以前には、ご他聞に漏れずバッテリーの膨張事故が起こりましたし、そうでなくとも装着したままの電源アダプタ駆動はバッテリーの劣化を早めるだけ。ならば外しておけばベストじゃないかと、えぇ。

画像


おかげで2つ目のバッテリーは今のところ絶好調なんです・・・が、想定外の副作用を延々と被っていることに先月ごろ気付いた次第なのです、トホホケキョ。

そのものズバリのAppleサポート記事『MacBook および MacBook Pro:AC アダプタ使用時にバッテリーが取り外されるとプロセッサの速度が抑制される』が存在します。もうね、書いてあるとおり。

また、Engadgetの3年前の記事『MacBook / MaBook Pro、バッテリー抜きAC駆動では40%低速』も見つけました。

バッテリーを取り外し、電源アダプタのみで動作させる場合は自動的にCPUがクロックダウンされるというお話ですね。また、抜けやすいMagSafeコネクタゆえにバッテリーを取り外した状態では使用しないことを強くお勧めされちゃっています。

ただ、全く予期せぬ仕様であるといえば嘘になりまして、メインWindowsマシンであるThinkPad X60もまた、バッテリー未装着の状態ではクロックダウンされる仕様なんですね。Lenovoのサポート文書『バッテリーが装着されていないと CPU のクロック速度が低下する - ThinkPad』が詳しいです。この件はわりと早い段階で知っていたのですが、MacBookシリーズも同じ仕様を持っているとは夢にも思わなかったのです。

ちなみにThinkPadの場合は、90Wの電源アダプタを使うことで最大周波数での稼働ができるそうなんですけれど、MacBookにMacBook Pro用の85Wを繋いでもフルスピードで動作したという報告を見ませんねぇ。

もし、MacBook/MacBook Proのバッテリーを取り外した状態での運用をされている方で、本来の性能を発揮したい場合はバッテリーを装着するほかないようです。もちろんバッテリーの劣化や膨張の危険性をはらむわけで、処理速度とバッテリーの健康のどちらを優先するかは各々の判断となりましょう。私は・・・Apertureの動作が目に見えて速くなっちまったのを経験した今、再びバッテリーを外す気にはなりませんね、えぇ。


MacBook?13A1181.MA472.MA472*/Aの A1185 対応バッテリー
ロワジャパン


Amazonアソシエイト by MacBook?13A1181.MA472.MA472*/Aの  A1185  対応バッテリー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


もしロワの互換品が正しく認識されるなら、こいつを犠牲にするのもアリでしょう。どなたか人柱になっていただければ幸いです(←オイ)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック