SLIKのミニ三脚「ミニプロ 6」を購入。値段のわりに作りがよろしい。

目前に迫る我が家の一大イベントに、身の引き締まるというか緊張を隠せないトビフシコです。ダメなんだよねぇ、こういう行事は。

で、私はもっぱら写真撮影する予定なのですが、いちおうビデオカメラ(MiniDVだぜぇ)でも撮っておきたいとのことで、テーブルの上にずっと載せておける三脚を急遽手配することになりました。

MiniDVカメラは結構重いもので、以前紹介したゴリラポッドを試してみると・・・まともに自立できません。

しっかりしたミニ三脚を探してみたところ、案外この分野は製品が少ないのですねぇ。最終的に選んだのが、SLIKの「ミニプロ 6」です。

画像


ブリスターパックに入ってきました↑ これより安価な通常の三脚F740でも箱パッケージだったのに・・・。しかもこのブリスターパックは採寸を間違えたのかなんなのか、ぱっつんぱっつんに製品が押し込められ、背面のボール紙を引き抜くのが大変。コストダウンだとしても、なにか間違っています。

画像


なんとか取り出しました。一番低い状態で開脚↑ 地上最低高は実測で167mmとほぼカタログどおり。エレベータ(真ん中のポール)の底には吸盤が取り付けられています。

画像


脚を伸ばし、エレベータも最大に伸ばした状態↑ 実測で234mm。雲台とパイプ類以外はプラスティック製ですけれど、4,000円しないことを考慮すればなかなかの作りでしょう。

画像


自由雲台は取り外し可能です↑ よって、エレベータの先端(U1/4ネジ)にカメラを取り付ければ、100mmからのスタートもできるわけです(ただしネジが長め)。

画像


コンパクトデジカメならなんの不安もありませんことよ↑ 明らかにオーバースペックです。ところで、カメラへのねじ込みはフリーにした雲台ごと回すか、三脚ごと回すよりほかに方法がありません。この潔い仕様は、デジタル一眼レフなどの大型カメラと相性が良いですね。三脚より軽いコンデジでは少々扱いにくく、また、強い回転力を加えやすいがためにプラスティック製ネジ穴の場合はなめてしまわないよう注意する必要があります。

画像


スペックでは耐荷重1kgD3100 + B005でも不安を感じません↑ これならDVカメラも余裕です。

画像


小さなポーチが付属するのはありがたいですね↑ 縮長は223mmとなっていますが、雲台のシューを90度折ればよりコンパクトに収まります。500mlのペットボトル(がやせこけて骨張った感じ)と同じくらいでしょうか。

これで撮影環境は全て揃った・・・かな。ミニ三脚は普段でも「あれば役に立つ」存在だと思うので、活用していきたいものです。


SLIK ミニプロ6 215678
スリック
2012-01-20


Amazonアソシエイト by SLIK ミニプロ6 215678 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


自由雲台を使うのはこれが初めて。便利ですねぇー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

コルキナ
2012年06月22日 20:56
 こんばんは、Tobiさん。良い買い物でしたね…というのはまだ早いのか。こういうものは実地に使ってこそ、ですしね(笑)。

 身内ではありませんでしたが、そういう役目を何度か私もやらせていただいたことがあります。

 緊張はあって当然、現場での焦りは、お集まりの皆さんの笑いを取るネタ(笑)と思ってください。

 後は、ひたすらまっすぐに撮り、きちんとピントを合わせることだけ考えていれば、なんとかなります。…多分(笑)。

 Tobiさんならびに両人とそのご親族に、幸多かれと、心より願いつつ。グッドラック(^∀^)v。
コルキナ
2012年06月22日 20:58
 こんばんは、Tobiさん。良い買い物でしたね…というのはまだ早いのか。こういうものは実地に使ってこそ、ですしね(笑)。

 身内ではありませんでしたが、そういう役目を何度か私もやらせていただいたことがあります。

 緊張はあって当然、現場での焦りは、お集まりの皆さんの笑いを取るネタ(笑)と思ってください。

 後は、ひたすらまっすぐに撮り、きちんとピントを合わせることだけ考えていれば、なんとかなります。…多分(笑)。

 Tobiさん、ならびに両人とそのご親族に、幸多かれと、心より願いつつ。グッドラック(^∀^)v。
コルキナ
2012年06月22日 21:03
 何故コメントがダブっているんだ…(゚ロ゚)ええぃ書いたそばからお前が焦ってどうするコルキナッ(爆)。
トビ
2012年06月24日 19:00
同じコメントが何個あっても大歓迎です、ナハハ。

無事に?????終了しました。残念ながらネタにはなりませんでしたが、さすがに疲れました。

そうっ、きちんとピントを合わせるという基本的なことが、いかに現場では大変か思い知りました。披露宴の後半くらいからは、AFポイントが勝手に動いているのも気付かずに連写したりと、パソコンで改めてチェックする今、冷や汗を流しております。

ご祝辞、どうもありがとうございますっ。

この記事へのトラックバック