インザクラウドは突然に。「iTunes in the Cloud」サービスが日本で開始。

なんの前触れもありませんでしたねー。お宝さんBlog『AppleJapan、日本でも「iTunes in the Cloud」サービスの提供を開始』で知りました、iTunes Storeで購入した楽曲をいつでもどこでも再ダウンロードできる「iTunes in the Cloud」が日本でも始まりました

これまでは、iTunes Storeから購入した楽曲は自分のMacやiPhoneにコピーされたものが全てで、万一失ってしまうと再度iTunes Storeから購入する必要がありました。また、ひとつのデバイスで購入した楽曲を他のデバイスにコピーする際は、USBケーブルによる有線接続が前提でした。

iTunes in the Cloudによって、一度でもiTunes Storeから購入手続きをした楽曲はいつでも無料で再ダウンロードできるようになりますし、Macで購入した楽曲を自動的にiPhoneへダウンロードすることができるようになるのですね。

画像


iTunes Storeトップページ右側のナビリンク「購入済み」をクリックします↑

画像


すると・・・素晴らしい!これまで「App」と「ブック」のみだった購入済みアイテムに「ミュージック」が増えています↑ これまで自分の購入した楽曲がずらりと並んでいます。もちろんミュージックビデオも含まれますヨ。

画像


ページ右上の「コンピュータに無いアイテム」を選べば、Macから削除してしまった楽曲のみ抽出できます↑ 雲形のダウンロードボタンを押せば、再ダウンロードできます。

iOSデバイスのiTunes Appからも同様の操作が可能でして、

画像


「iTunes」Appに「購入済み」項ができました↑ 使い方はパソコン版iTunesと同じ。

画像


「設定」App >「Store」の「自動的ダウンロード」にミュージックが追加され、オンにすることで楽曲の自動ダウンロードができるようになります↑

iTunes in the Cloudは国内レーベルとの契約や法律の解釈が障壁となって、しばらくの間日本でのサービスはお預けだろうと覚悟していた方は多いはず。ですから、唐突なサービス開始に若干の戸惑いがあるものの、始まってしまえば大いにそのメリットを享受したいものです。さすがに「iTunes Match」の提供は叶いませんでしたが、おそらく水面下ではAppleが相当な交渉努力を続けているものと思われます。期待してゆっくりと待ちたいですね。


クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった
東洋経済新報社
野村総合研究所 城田 真琴


Amazonアソシエイト by クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


クラウド化が進むと、パソコンやスマートフォンは再び「端末(コンソール)」に回帰するのかもしれません。不思議なものですねぇ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック