パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS 十分に熟成されたRICOH CXシリーズ最新作、CX5が発表。

<<   作成日時 : 2011/01/26 19:53   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

リコーのスタンダードモデルとなるCXシリーズ、その最新作であるCX5が発表されました。デジカメWatchにてまとめられた記事が上がっています。

外観はCX4とほぼ同じながら、目玉機能のAFパッシブセンサーが目を引きます(フラッシュの隣)。パッシブセンサーは過去のCaplio Rシリーズが一時期採用しており、そのころの外観と雰囲気が似ていますね。グリップはやや平坦になったでしょうか。

そのセンサーでもって従来の半分という合焦速度を実現した『ハイブリッドAFシステム』を搭載。そしてリコー初となる『超解像技術』も採用。また、リコーお得意のシーンモードも新たに3つ追加されてCX史上最強に仕上がっています。

逆にいえば・・・それら以外は変わっていないのですヨ。レンズはCX2からずっと使われている10.7倍ズームのもので、撮像素子はCX3から使われている1,000万画素裏面照射CMOS、画像モニタにいたってはCX1から使われている3.0型92万画素のものです。

振り返ってみるとこの3要素は、CXシリーズのアイデンティティといってもいいくらい登場時の出来が良かったんですよねぇ。ですから、今の視点からでも古くささをあまり感じません。

変にあちこちを触っておかしな仕様になるよりは、マイナーアップデート程度のモデルチェンジに落ち着くほうがいい場合もあるでしょう。誰にでも薦められるオールラウンダーな一台であることには違いありませんね。




なお、デジカメは一つ前の型落ちを購入するのも手です。私もCX3やIXY DIGITAL 900 ISを購入するときは、型落ちして底値近くまで下がった時期を狙ったものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【高速フォーカス機能搭載】コンパクトデジカメ「CX5」
“ハイブリッドAFシステム”による高速フォーカスを実現した光学10.7倍ズーム搭載デジタルカメラ ...続きを見る
ぱふぅ家のサイバー小物
2011/02/17 12:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
十分に熟成されたRICOH CXシリーズ最新作、CX5が発表。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる