GR DIGITAL IIIのアクセサリ、使わなかったものランキングベスト5。

またぞろ妙なランキングですね。GR DIGITAL IIIの使用1年を経て、アクセサリの使用状況も綴っておくことにします。

ベスト5という時点でトビの持つ純正アクセサリが全てランクインしてしまうため、「GR DIGITAL IIIにて使うことを前提としたサードパーティのアクセサリ」も含めました。ま、都合のいいように並べるのみです。GR DIGITAL IIIに限らず、一般のコンデジユーザの参考にもなれば幸いでげす。

第5位:光学ファインダー GV-1

画像


これはつまり、よく使っているということです。購入時にドタバタがあったものの、実にいい製品ですね。ところが、最近の使用頻度は低めです。理由はひとつ、邪魔なんですよぅ。わかっていたつもりでしたけれどね。カバンに入れるにしろ、収まりがどうも悪いのです。当時の記事はこちら

第4位:PLフィルター(マルミC-PL)

画像


えっ、これが1位だと思ってた、という方、残念でした。確かに普段のスナップではあまり使っていませんね。けれど、スナップと同じくらいよく行う物撮りには必携なのです。商品の映り込みを避けるための必需品ですね。当時の記事はこちら

第3位:Eye-Fi Shareカードと低速なSDカード(Transcend)

画像


う、あれだけ絶賛(当時の記事)しておきながら・・。理由は2つ。ひとつ目は、RAWの転送ができないこと。また、RAWデータの記録に時間の掛かる点が大きいです。低速なSDカードも同じ理由です。いずれも、Eye-Fi Pro X2にて解決できますね。もうひとつの理由は、バッテリーの電力消費が大きいこと。もともとGR DIGITAL IIIのバッテリーは非常にもちが良いため、普通に使う分にはあまり気にならない点ではあります。やはり前者の理由が大きいですね。RAW撮影をされない方は気にならない問題ではあります。

第2位:RICOHケーブルスイッチ CA-1

画像


まあ、妥当でしょうか。言い訳をしますと、GR DIGITAL IIIでの使用は少ないものの、CX3ではわりと使っています。28mmのスナップカメラにリモートレリーズは要らんだろ、ということですね。当時の記事はこちら

畢竟、この流れからいきますと、スナップカメラに似つかわしくないものが栄えなき1位を獲得することとなります。

第1位:JOBYゴリラポッド

画像


これも記事でいいこと書きまくり(当時の記事)でしたねー、ハハハ。そもそもGR DIGITAL IIIに付けて撮影する機会がありません。これもCX3のほうで出番が多いアイテムです。装着がひと手間多いのも原因でしょうか。底のフタの開閉が多いため、シューを付けっぱなしにできないのですヨ。

以上、不名誉なランキングでしたー・・・けれど、重要なアイテムがランクインしていません。ということは多用しているということ。そのアクセサリは・・

ワイドコンバータ GW-2

画像


はっきりいって邪魔ですよ、これも。しかし、GR DIGITAL IIIの画角を変える唯一の手段なのです。28mmのみで撮り続けるストイックさもまたオツですけれど、さすがにマンネリ化します。それに、21mmの「普通でなさ」だけで、撮影が楽しくなっちゃいます。このワイコンの存在は、GR DIGITALの存在意義の3割くらいを占めているといっても過言ではないですよ、ホントに。

これで出尽くしたでしょうか。あ、GH-2付属のフードは無かったことにしてください・・オイオイ。購入直後試しに付けただけですね。

GR DIGITALシリーズはカメラ単体の出来だけでは今ほどの人気も無かったと思います。優れた純正アクセサリや、サードパーティのカメラアクセサリを取っ替え引っ替えできるところに魅力を見いだせる数少ないコンパクトデジカメです。これらを駆使して良い写真を撮るという楽しみ方を多くの方に知ってもらいたいですね。





カメラのドレスアップはデジカメWatch

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック