PowerPointの実力は底知れぬ。

 MOS PowerPoint 2003に向けての勉強はそこそこ進んでいます。

 こういうのをしていると新たな発見がわんさか出てきます。PowerPointも例外ではありません。トビは以前、会社でISO 9001取得に向けての勉強会でPowerPointによる講習を行ったことがあるのですが、「その時に知っていればっ!」という機能を2つほどご紹介。

 一つ目は、「マスタ」というもの。スライド全体にわたる背景や書式などを一括で管理できる機能です。すでにご存知の方に「お前そんなもんも知らずによく作れたな。」と言われそうなくらい、生産効率に関わります。マスタの編集モードで各種設定が可能です。もちろん既存のテンプレートを流用するだけなら、それほどありがたいものではありませんが、オリジナリティを強く出したい場合は必須機能でしょう。メニュー > 表示 > マスタ から辿れます。

 二つ目は、「ペン」。スライドショーを実行している際、レーザーポインタで指し示すような場面がよく現れますが、マウスで画面上に線などをマーキングできるんですね。スライド内で右クリックするとポインタオプションという項目があります。その中にフェルトペンや蛍光ペンなどいくつかの選択肢があります。これでフリーハンドによる書き込みが可能になります。書き込んだものは、後に保存・破棄を選ぶこともできます。

 これからプレゼンの準備を始める方、プレゼンを間近に控えた方、是非ご活用あそばせ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック