LightWave 3Dのエッジ編集

 LightWave 3Dのバージョン9から搭載された、エッジ選択と編集機能に翻弄されています

画像


 エッジにベベルをかけることができるので、面取り作業がラクチンなのですが、ラクチンに機能させるにはやはりポイントやポリゴンをきっちり作っておく必要があります・・・当たり前です、ハイ。

 今作成中のオブジェクトに、ポイントのマージがうまくいっていない箇所が多数あり、ただ今必死に修正中。

 B型とは言いませんが、A型の人がやってしまう程度のミスなんかを見逃すファジーなソフトがあればいいのにー(ちなみにトビは血液型みたいなのは興味がありません。また、他に比べてLightWave 3Dはかなり酷い非平面ポリゴンでも許容してくれる点でファジーですね)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック