MacBook Pro の底面はネジだらけ。

 今回のラインナップ一新で、全 MacBook Pro の底面がアルミ板一枚モノに変更されました。購入後のユーザによるメモリ交換は自己責任になりそうですね。

 けれどネジを外せば底がパカッと開くわけで、一般の方にとっても難易度は高く無さそうです。気になるのはネジの数。こちらの記事の中で底面の画像がありますが、13インチモデルで実に10本。開け閉めが面倒くさいという以前に、美しくないですや~ん。裏まで手抜き無し、の Apple にしては珍しいことです。特に「ユニボディ」を謳う機種ならネジなんてものは出来るだけ省きたい要素なのに・・。

 ところで同サイトの開腹画像に、ミッドレンジスピーカーと思われるコーンがありますね。アルミ MacBook の時点ですでに搭載されていた模様。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック