MacBook Pro の SD カードスロットは何かの布石?

 新 MacBook Pro に搭載された SD カードスロットは、単なるカードリーダとしても大変有用ですね。それだけでもトビは嬉しいのですが、この時点でなぜ SD カードスロットなんか搭載したのかなぁ? と疑問に感じています。

 こちら(英語)で SD カードスロットの解説がなされています。その中で、OS X の起動ボリュームにできるだの Boot Camp 用の Windows を入れられるだのと、公式に謳っているんですねぇ。うーん、気になる・・。

 今後、Apple は SD カードを何かの媒体にしたいんじゃないですかね? さすがに光学メディアの完全リプレースとはいかないでしょうが、OS などを SD カードで提供する腹積もりなのかもしれません。SD カードスロットならMacBook Air やより小さいデバイスにも容易に搭載できそうですからね。

 あくまで憶測にすぎませんが、フロッピーディスクやレガシーデバイスを簡単に取っ払ってきたAppleですから、何をやらかしてもおかしくありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 新Mac miniにも搭載されたSDカードスロットの意義。

    Excerpt:  「デザイン最優先で。でもとりあえず載っけておけ。」というやりとりがあったのか無かったのか、新Mac miniはアクセスしづらい背面にSDカードスロットを搭載しています。 Weblog: パワーリンゴ racked: 2010-06-16 13:07