アクセスカウンタ

パワーリンゴ

プロフィール

ブログ名
パワーリンゴ
ブログ紹介
元DTPオペレータの「トビフシコ」が、MacやiPhone、デジカメなんぞの話題について一笑に付する・・・じゃなくて、情熱全開の語りを披露するモノ好きバラエティ・サイト。

オールドMacとジャンクデジカメをこよなく愛する一方、付き合い程度にWindowsを絡ませるのでご安心ください。

ブログ化以前のサイト名:Tobifushiko's Page!。
zoom RSS

Late 2010のMacBook Airに「High Sierra 10.13.3追加アプデ」適用

2018/02/22 09:44
こっちもテルグ語問題の修正ですか。Appleが「macOS High Sierra 10.13.3追加アップデート」を配布しています。

App Store.appのアップデート項からどうぞ。効能書きは以下。
macOS High Sierra10.13.3追加アップデートでは、特定の文字列を使用するとアプリケーションがクラッシュする問題が修正されます。このアップデートはすべてのユーザに推奨されます。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、このWebサイトを参照してください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

さっそくトビのMacBook Air(Late 2010)をアップデート。私の環境だけかもしれませんが、アップデート後にSpotlightの再構築が始まってCPU使用率の高い状態がしばらく続きました。


macOS High Sierra パーフェクトマニュアル
ソーテック社
井村克也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by macOS High Sierra パーフェクトマニュアル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


関連記事 関連記事:

iPhone SEとiPad 5thに「iOS 11.2.6」を適用。インドのテルグ語? パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/02/21)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2


iPhone SEとiPad 5thに「iOS 11.2.6」を適用。インドのテルグ語?

2018/02/21 10:03
過去にも特定の文字列でクラッシュする問題があったと記憶していますが……Appleが「iOS 11.2.6」を配布しています。

デバイス単体(OTA)もしくはiTunes経由で作業してください。毎度後者をお勧めするトビですけれど、近ごろ家族のiPadについてはどんどん面倒になってきて、OTAを利用する機会が増えております。もうどっちでもかまいません。

効能書きは以下。
iOS 11.2.6には、以下のiPhoneまたはiPadのバグの修正が含まれます:

・特定の文字列を使用するとAppがクラッシュする問題を修正
・一部の他社製のAppが外部アクセサリに接続できない問題を修正

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

さっそくiPhone SEとiPad 5thをアップデートしました。今回の文字列はインドのテルグ語に含まれるとのこと。たしかにまぁ、これだけ多くの言語をサポートすりゃ不具合が紛れ込むのも致し方ないものですかねぇ。ただ特定文字列の入力が、Appのクラッシュにまで至る大もとの構造があまり良くないのかもしれません。


日本語 - テルグ語 初心者用: 2ヶ国語対応
50LANGUAGES LLC
2017-01-05
Dr. Johannes Schumann

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本語 - テルグ語 初心者用: 2ヶ国語対応 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


OS X 10.5 Leopardでは日本語の「はたけ」「ひさし」問題が話題になりました。

関連記事 関連記事:

Late 2010のMacBook Airに「High Sierra 10.13.3追加アプデ」適用 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/02/22)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


長いおつきあいのテキストエディタ「mi 3.0.0b15」配布。次回いよいよ正式版かっ。

2018/02/20 12:48
Appleのアップデート祭りですが、先にこちらを消化しておきませう。テキストエディタの最新ベータ版「mi 3.0.0b15」が配布されています。自動更新機能が載ったのでアップデートも楽チンですね。

画像

今回の効能書きは以下。
・リモートファイル編集機能を改善(#1231)(#1216)(#1226)(#1228)(#1232)(#1236)
 ・SFTPで秘密鍵ファイルを使う設定ができるようにしました。環境設定の「リモートファイル」タブで設定します。
 ・FTPSでサーバー証明書のチェックを行わない設定(curlコマンドの-kオプション相当)を追加しました。環境設定の「リモートファイル」タブで設定します。
 ・SFTPで.ssh/known_hostsファイルにサーバーのフィンガープリントが登録されていない場合でも、ダイアログを表示して新規サーバーに接続するかどうかを確認したのちに、接続できるようにしました。
 ・SFTP, FTPSの場合にも、ログを出力するようにしました。(メニューの[リモートファイル→リモートファイル接続ログウインドウを表示])
 ・その他各種改善、不具合修正
・Application Supportフォルダ内のmi/DocumentDataフォルダのサイズが大きくなることがある問題を修正。(#1229)
・検索ウインドウの「新規ドキュメントに抽出」で正規表現に一致するグループが存在しなかった時にグループ置換が正常に動作しない問題を修正(#1230)
・タブモードで、新規ウインドウで新規ドキュメントを作成し、ウインドウサイズを変更した場合に、その変更が次回起動時に反映されない問題を修正(#1238)
・環境設定・モード設定を設定変更都度、設定ファイルへ保存するように変更(#1239)
・ファイル編集排他制御機能を削除しました。(最近のアプリでは排他制御が効かないものがほとんどになったため)(#1243)
・WebDAV接続機能は削除しました。(WebDAV機能をmiで使うことが少ないと思われるため。要望があれば対応検討します。)(#1233)

トビの使い方で今回の変更・修正に関わるものはありませんでした。

お知らせによると『できれば次回、バージョン3.0.0の正式版をリリースしたいと考えています。』だそうで、正式版になったからといって大きな変化が起こるわけではないでしょうけれど、ベータが取れるのはなんだか嬉しいですね〜。




関連記事 関連記事:

マイ環境におけるApple関連プラスαの現状報告。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/10/02)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ThinkPad X280の挑戦。ついにX3桁も内蔵固定バッテリー、オンボードRAMに。

2018/02/15 10:02
最後の良心として継続するか、時代の流れに沿うか、どちらにせよ大変な驚きにはならぬと予感していたトビフシコです。そりゃ前者のほうが嬉しいですけれどネっ。

画像

ThinkPad X200番台の最新モデル「ThinkPad X280」が登場しました。質量1.13kg、厚さ17.4mmを実現。X1 CarbonはおろかT400番台の一部よりも重い従来機の「どこがリアルモバイルだ?」を問い直した結果でしょうか。

一方でバッテリーは内蔵の固定式となり、RAMも増設スロット無しのオンボードのみ、ストレージはPCIe接続のSSDのみ、Ethernetはアダプタが必要と、少なくない犠牲を伴っています。特にビジネス市場で肝となろうEthernetは思い切ったことをやりましたねぇ。

今回の大幅な転換によって、性格が似てしまったThinkPad 13はLシリーズのL380へ組み替えられました。ところがこっちはRAM増設可かつ2.5インチSATAドライブ採用(たぶん)と、X280よりコンサバティブな構成になる逆転現象が発生。当然ながら価格もだいぶ安いはずなので、隠れた人気を呼ぶ予感がします。

とにかく最新ラインナップにおいて、X280の個性がひどく薄まった印象は拭えません。1kgを切れば新たな脚光をあびる可能性も高いだろうに……仮に自分が1台買うとすればL380ですかねぇ〜。本心は型落ちのX270だったり……。




代わりにUSB Type-Cからの給電が可能になりました(X270でもできましたっけ)。今どきのモバイルデバイス運用からすれば正しい選択なのかもしれません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


金鋸でバッサリ…iFixitが「HomePod」のバラシ記事を公開。

2018/02/13 11:18
ヒートガンにメス刃カッター、金鋸、超音波カッターと不可逆分解の常連工具が並びます。iFixitが「HomePod」を早速バラしてくれました。

画像

衝撃の画像ですが、新型iPhoneを毎度ミキサーで粉砕する不届き者とは違います、念のため。トビを含めて、このサイトの建設的分解(なんじゃそりゃ?)が救いとなった方も多いはず。てゆーかー、なんで自分がiFixitのフォローをしなきゃなんないのぉって感じぃ〜。

虹色にもや〜んと輝く天面のエフェクトは、19個のLEDで表現されている模様。

大まかには薄い円筒状のパーツが積層される構成で、ウーファー以下にアクセスする場合は筐体を金鋸で切断するほかなさそうです。しかしまぁ、一般的なスピーカーはもちろんGoogle HomeやAmazon
Echoよりずっと複雑な内容にびっくり。これなら394ドルの価格も納得しちゃう、かな。

それにつけても徹頭徹尾分解修理を拒む造りに恐れ入る次第です。独立して実装されている音声入力関係のマイクや小型ボードが壊れただけでも、本体交換せざるをえません。7個あるツイーターのうち1基が壊れた場合も同じ……ってさすがに一つ鳴らなくなって気づく人は少ないかも。

なお、iFixitでは電源ケーブルが外せないとのことですが、力を加えて引っ張ると抜けることが他のサイトで確認されています。日本の家庭用コンセントを小型化したような形の2ピンコネクタっぽいですね。


Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック
Amazon
2017-11-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


気温に翻弄されるiPod nano 7thのバッテリーと、iOS 11.3のバッテリー管理画面。

2018/02/08 10:15
今冬は過去の有名な豪雪が引き合いに出されるほど歴史的な寒波に見舞われているようで、一刻も早く通常の生活に戻られることを祈るばかりです。大豪雪といえば、のんきにキマロキやララキマロキラなどの呪文を思い出すトビですが、気になる方は検索してください。

そんな隠れ南国の大阪府南部も例年になく寒くて、iPod nano 7thのバッテリー駆動時間が極端に短くなる日が現れたりしています。

購入からすでに5年経ち、バッテリーの劣化も進んでいるはずですが、長い付き合いゆえ気温によって駆動時間がけっこう左右される性格も把握しています。特に今年は激しいですねぇ。

バッテリーといえば『iOS 11.3で追加されるiPhoneの「バッテリー管理」画面はこんな感じ | ギズモード・ジャパン』にて、β版の管理画面を見ることができます。おざなりに仕上げてくるかと思いきや、かなり親切かつ詳細に表示される模様。

ひとつ気になるのが『ちなみに一度無効にするとユーザーが再びパフォーマンス管理をオンにすることはできず、突然のシャットダウンが発生すると自動で再びオンになります』の記述。いったんパフォーマンス管理(性能抑制)をオフにすると、再度ユーザが任意にオンに切り替えることができない妙な制限が設けられているとのことで、この仕様が正式版へ引き継がれるのか要注目ですね。


もともと小さくて落っことしそうな上、手のかじかむ冬場はケース着用がおすすめです。保温効果は期待できませんが、裸よりマシかもしれません。

関連記事 関連記事:

次期アップデートでiPhoneのバッテリー劣化による性能抑制をオン・オフできる機能が搭載? パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/01/19)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4


Fall Creators Updateのポータブック、エクスプローラーが常に最大化されて開く。

2018/02/04 13:19
某所でケンジントンのSlimBlade Trackballが6,000円台で販売されているのを事後に気づいたトビフシコです。無念じゃ。

トラックボールはさておき、Windows 10 Fall Creators Update(RS3 1709)にアップデートしたポータブック、微妙に気分のすっきりしない点が一つありまして……(ファイル)エクスプローラーが常に最大化された状態で開かれるのですヨ。

同様の問題はいくらか発生しているらしく、特に最大化の対象がエクスプローラーに限られる案件だとポータブックのみヒットします。新規インストールまで試みたのに再発した方もいらっしゃる模様。たしかに見てくれは変態マシンですけれど、システムコンポーネントはAtomの一般的なものから大きく逸脱しているようにはみえないので不思議です。

ただ、1,280x800でも1,366x768でもない1,280x768という中途半端なディスプレイ解像度が気になるところでしょうか。単純に解像度の低さが原因なら、XGAすなわち1,024x768のThinkPad X60でも発生しそうなもんですが、そちらは問題ないんですよねぇ。

いかんせん内容が些細すぎて、全く気にならないユーザも多いかと思います。しかし、ファイルブラウザのウインドウをデスクトップいっぱいに開く習慣のないMacユーザとしては、奥歯にイワシの小骨が挟まっている程度の気持ち悪さを覚えてしまうのです……えぇ、共感不能でも結構ざますよっ。




ストレージがeMMC 32GBのマシンは、16GB以上のUSBメモリを標準添付すべき時期に来ているのではないでしょうか。

関連記事 関連記事:

ポータブックをWindows 10 RS3にアップデート。恐ろしく時間がかかる。あと、ストイックPC パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/12/07)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる