パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その3。運転室と客室の無慈悲な断絶。

<<   作成日時 : 2018/06/12 10:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

< 最終的に全長が0.2mm長くなる = である調 >


それでは各改造ポイントの詳細に入っていくぞよ。実作業の順番どおりなら文句ナッシングだが、いかんせん同時並行せねば成り立たない箇所も多いので紹介しやすい順となることをご了承いただきたい。

まずは、

2. 運転室後妻を作って客室と完全にセパレート。

3. 客室前妻をディテールアップ。


の2点から始めよう。

キットは、運転室側板の突起を客室前妻の穴に差し込んでハンダ付けするシンプルな構造。よって突起を削り、穴を埋めて運転室後妻を新設する必要がある。さらに結果として、客室と運転室の固定方法すなわちネジ止めも考慮せねばならない。

画像

毎度おなじみIllustratorで引いた罫線をプリントアウト、t0.4真鍮板に貼ってカッターナイフでケガく↑ 作図の時点で、客室が右にオフセットする分や、車高を下げる分も計算に入れておく。CADソフトではないものの、本当にコンピュータ様々である。

画像

一転ウルトラアナログワールドへ回帰、糸鋸でゴリゴリと切り出して、ピンバイスで穴あけ↑ 金属鉄道模型の基本スキルを唄った「ドリル・糸鋸・ハンダゴテ」とはよく言ったもんだわ(どういう節なのかは知らん)。加えて、後妻の穴にはM1.4タップを立てる。

画像

ががっ、客室前妻用のアングルを設計ミス、作り直すハメに↑ なお、折り曲げの溝掘りはPカッターが最適。薄板の切り出しにも使えるし、真鍮の切断 = 糸鋸必須はさすがに古かろう。

画像

他の組み立てが済んだ運転室に後妻をハンダ付けする↑ パーツをスキャンしてトレースした罫線とはいえ、ほぼドンピシャで決まりホッと一安心。

*****

画像

次に、セパレートすることにより目立ってしまう客室前妻をディテールアップ、といっても帯材を貼るだけ↑ t0.2真鍮板から巾1.5mmの帯を切り出して、幕板部とウィンドウシル部にハンダ付け。モーターのサイズや形状が異なるので、ワールド工芸ほど作り込めないけれど、中央部はほとんど見えなくなるから大丈夫なのさっ。

画像

さらに縦長の穴を埋めるのだが、極細の帯を詰めてハンダを盛って……などと面倒な作業に苦しむくらいなら、この板も新製するほうが早かったなっ↑ ちくしょーめー!

画像

当該妻板同士を仮止めしつつ、ネジ止め用のアングルをハンダ付けする↑ 運転室及びボンネットは、このネジ1本で保持されるわけだ。ま、下回りにもはまり込むので簡単に動いたりすることはない。

画像

客室組み立て後の前妻はこんな具合↑ 先に「アングルを設計ミス」したのは、前妻に貼った帯材の厚みを忘れていたため。たかが0.2mmされど0.2mm。

画像

運転室と客室をネジ止めしてみた↑ まぁ、こんなもんかな。本キット加工では「悩むより手を動かせ」の格言がつくづく身に染みたわ。とはいえ、初心者に毛が1本でも生えたかどうだかの私だと「当たって砕けろ」に近いわな。まだまだ道のりは遠く険しい。


テトラ 真鍮板 0.2×100×182mm 1枚 52061
テトラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テトラ 真鍮板 0.2×100×182mm 1枚 52061 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


t0.2ともなると、よほど目の細かい刃でなけりゃ糸鋸は使えない。

関連記事 関連記事:

モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その4。全力を投じた車高下げと客室オフセット。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/06/13)

モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その2。改造点10個、列挙だぜ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/06/10)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その2。改造点10個、列挙だぜ。
< 惜しくも復刻生産品には無蓋貨車が付いてこない = である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2018/06/12 10:46
モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その4。全力を投じた車高下げと客室オフセット。
< 動力との干渉がほとんど無かったのは幸い = である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2018/06/13 11:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その3。運転室と客室の無慈悲な断絶。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる