パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その6。残る改造ポイントは運転室の2点。

<<   作成日時 : 2018/06/15 09:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

< 付属のウェイトは純鉛?っつーくらい柔らか = である調 >


最初に10項目挙げた改造ポイントも残り2つとなった。べらぼうに早足なのは自分がええ加減飽き飽きしているから……オイっ。ともあれ本日のメニューは、

9. 運転室側窓の左右を入れ替える。

10. 前ウェイトの上部をカット。


画像

どちらも運転室回りで、これまでの作業に比べればさほど繊細なものでもない。前回に続き、完成画像を先に掲載しておくよ↑

画像

9.側窓は、メーカーのミスと思われる↑ 正しくは2段窓が右で1枚窓が左。加えて、実物の左窓はかなり小さいのだ。というのも自走無蓋貨車時代、代燃装置を搭載するために運転室左側後部が欠き取られた形状になっていて、側板から屋根の途中まで存在しなかった模様。のちに代燃装置を下ろした際(旅客化と同時か?)、根室拓殖の手によって屋根と側板と窓が付けられたという経緯を持つ。

以下マニアックな私見を述べると、運転室右側面後部は大きなカーブを描いて後妻とつながっているのに対し、左側面後部はほぼ直角に後妻と接している。おそらく鈑金の都合で、このような面取りの差異が生じたものと思われる。つまり、右が田井自動車工業純正、左が根室拓殖改造スタイルといえる。屋根も同様で、おそらく明瞭な継ぎ目が(中央より若干左寄りに)存在するはずだけれど、ハイアングルの写真が見つからず確認できていない。

画像

話を模型に戻そう。2段窓にはエッチングのくぼみがあるので、そのまま左右を入れ替えるわけにはいかぬ。よって、2段窓を切り取って裏返す必要があるのだ。横方向は糸鋸で、ドアの窓枠に近くて窮屈な縦方向はPカッターで掘り、パキっと折り取った↑ あとは普通にハンダ付けすればOK。

画像

いよいよラストの前ウェイトについて。前後のウェイトは同じ形で、ご覧のとおり片方の上部を切り取るだけ↑ 本キットをストレートに組み立てた場合でも、前ウェイトが運転室の窓からよく見えるはずだ。今回、床板の高さを変えぬまま1mm車高を下げたことによって、窓の上のほうまでウェイトがきてしまい甚だ見苦しくなった次第。その効果は上掲画像のとおり、ウェイトの高さが窓直下に抑えられて見通しがええのぅ。幸い、走行性能にはなんの影響もなかった。

*****

以上をもって改造ポイントの紹介はしゅ〜りょ〜。代わりといってはなんだが、いくつかよもやま話をでっちあげようと思う。せっかく撮った作業中の写真をお蔵入りさせるのもモッタイナイしぃ〜。


オルファ(OLFA) PカッターS型 204B
オルファ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オルファ(OLFA) PカッターS型 204B の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


Pカッターは替刃の互換性が低いので、メジャーなオルファを選ぶのが無難かなぁ。個人的にはタジマが握りやすくて好きなんだけれど、替刃の入手性が悪い。

関連記事 関連記事:

モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その7。改めて、キットの全パーツを並べてみる。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/06/16)

モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その5。客室の細かなディテールアップ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/06/14)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その5。客室の細かなディテールアップ。
< 使った割ピンはボナファイデの洋白エッチング製 = である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2018/06/15 09:58
モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その7。改めて、キットの全パーツを並べてみる。
< 屋根板は驚異の1.0mm厚 = である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2018/06/16 19:37
モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、全9回のまとめ。ついでに「II」の意味。
< 22年ぶりの「V」見参……か? = である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2018/06/21 10:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モデルワーゲン「根室拓殖の銀龍号 II」キット加工、その6。残る改造ポイントは運転室の2点。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる