アクセスカウンタ

<<  2018年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


iOS同様「High Sierra 10.13.4」以降で、32bitアプリの通知が表示されるとな。

2018/01/30 10:35
いよいよmacOSも32bit版ソフトウェアの対応終了が近づいてきましたか。いちおうトビも腹を括ったつもりですけれど、土壇場で足掻く姿が恒例ネタになりつつあるので乞うご期待(オイっ)。

終了に先立ち、『macOSもiOSに続いて32ビット版対応を終了へ、「High Sierra 10.13.4」以降は32ビット版アプリ起動時に通知を表示 - GIGAZINE』ということで、またぞろAppleからお節介……親切な通知が表示される模様です。

たしかiOSのときは2段階で文言が変わりましたっけ? 通知の頻度もApp(アプリ)の初回起動時など多くなく、なにより自分がインストールした32bitアプリをきっちり把握していなかったので助けられました。

一方、MacOSの場合は「システム情報 > ソフトウェア > アプリケーション」から簡単にチェックできるため、通知をオフにする方法が用意されることを切に願います。この際ターミナルから操作するのも厭わないつもりで、とにかく確実に通知の出ない状態が望ましいのです。というのも、古いソフトを動かすためのレガシー環境を作るにあたっては、やはり1バージョンでも新しいOSを基にしたいわけでして、うっとうしい通知が現れるばっかりにHigh Sierraをその候補から外さざるをえない状況も考えられます。

そりゃ、よく使うソフトを最新版にアップグレードすることが最善なのはわかっていますよ。しかしアップグレード版はおろか買い切りの通常版も消え、サブスクリプションの販売形態オンリーとなった今、もはや手を出せる代物ではなくなりました。えぇもちろん、AdobeとかAdobeとかAdobeとか……。


Adobe Illustrator CC + Photoshop CC |24か月版|オンラインコード版
アドビシステムズ
2017-05-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Adobe Illustrator CC + Photoshop CC |24か月版|オンラインコード版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


過去2バージョンからのみアップグレード可能だったCSシリーズ後期の頃と比べても、金額的な差は決して大きいわけではありません。でも、やっぱりねぇ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ウォークマンの楽曲転送用ソフト「Music Center for PC」、まさかの自動同期機能が…。

2018/01/29 11:40
最近では、MacとWindowsの間で自分の中の常識が崩れ去るレベルの差異も珍しくなっていると楽観していたトビフシコです。えぇ、ウォークマンにしてやられましたよ。

画像

家族がバッテリーの消耗しきったiPod 5thの後継に「ウォークマン NW-S315」を選択。母艦であるWindows 10のDELLノートPCとは真っ当な組み合わせですし、指定ソフトウェアもiTunesのライブラリを参照できる仕様と「SONYも現実的な歩み寄りをしてくれたのはありがたいねぇ〜」などとのんきに構えておりました。

画像

そんな楽曲転送用の「Music Center for PC」の何に驚いたかって、単刀直入に申せば音楽ライブラリをウォークマンと自動同期する機能がないこと。長年iTunesとiPod及びiOSデバイスを使ってきた手前にわかに信じがたく、どこかに設定があるに違いないと探すも……見つからないのですっ。

iTunesはライブラリの全てを自動同期するのがデフォルトの設定で、同期対象を個別に選択するオプションも用意されています。ところがMusic Centerは、同期対象を個別に選択する以外のオートマチックな機能は皆無に近く(辛うじてPodcastの自動更新のみ有り)、プレイリストすら手動転送。さらにウォークマン側の楽曲管理も完全手動ときました。ですからMusic Centerとウォークマンのライブラリを一致させるのは至難の技というか、根本的にライブラリを同期するという考え方が備わっていないようですね。

確かにまぁ、サイズの大きいハイレゾ音源を利用するユーザが多そうなウォークマンシリーズは、手動管理さえあればOKというのも理解できます。とはいえ純粋なiPod亡き後、ハイレゾ非対応のエントリーモデルが後継として選ばれる場面も増えるでしょうし(さすがに我が家のみではないはず)、機種判別で自動同期優先……が贅沢なら、せめて自動同期オプションだけでも用意して欲しいものです。とにかく久々の衝撃でしたとさ。




なお、先代の「Media Go」にはiTunes並みの同期機能が備わっていたようですが、ダウンロードサービスが終了しており、S310シリーズは同ソフトの対応リストに載っていません。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


8年目のMacBook Air(Late 2010)、2年ぶりにバッテリー駆動時間をチェック。

2018/01/27 20:02

High Sierra 10.13.3に上げたMacBook Airで虹色円盤が多発した件については、統合アップデートを適用することで、少なくとも10.3.2の頻度まで落ち着いた模様です。

そんなロートルのLate 2010モデル、久しぶりにバッテリー駆動時間を測ってみましたよ。条件は2016年3月と同様、満充電ののち電源アダプタを外して電源オンから計測開始。完全に起動しきってから外付け光学ドライブにてDVDビデオを再生します。

そうそう、昨年末に再び現れた「バッテリーの交換修理」がまたまた表示されなかったりと、電源ステータスの不安定な状態が続いています。今回のテスト時も交換修理表示はありません。それこそ本当に修理すべき案件でしょうが、Apple純正サービスの全て終了したオブソリート製品となって久しい代物ですし。

はてさて結果のほどは……テスト中、システムごとフリーズして強制再起動を余儀無くされる一幕があったものの(それはそれでヤバい)、1時間47分後に「バッテリーの残量低下」通知1時間55分後に強制スリープと相成りました。

体感ではもっとヘタっている印象なのに、前回の2時間10分から15分短くなっただけですね。ただ、着実に劣化していることが確認できる上、個人的な閾値すなわち2時間映画一本分をとうとう下回ってしまいました。ま、バッテリー駆動時間のテスト以外に外付けドライブを接続してDVDを再生する機会もありませんから大丈夫、大丈夫。




関連記事 関連記事:

「macOS High Sierra 10.13.3」配布。MacBook Airで虹色円盤が多発。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/01/25)

MacBook Air(Late 2010)のバッテリー駆動時間を計る。やはり違うな・・・。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/03/15)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6


「macOS High Sierra 10.13.3」配布。MacBook Airで虹色円盤が多発。

2018/01/25 10:14
Appleが「macOS High Sierra 10.13.3」を配布しています。

画像

効能書きは以下。
macOS High Sierra 10.13.3アップデートでは、お使いのMacのセキュリティおよび安定性が改善され、すべてのユーザに推奨されます。

このアップデートの内容:

・“メッセージ”で、会話の表示順が一時的に乱れることがある問題に対応

このアップデートについて詳しくは、次のWebサイトを参照してください: https://support.apple.com/ja-jp/HT208375
このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のWebサイトを参照してください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

さっそくトビのMacBook Air(Late 2010)をアップデートしましたが、どうも虹色円盤の出現回数がさらに増えたような……じつは今年に入ってから虹色円盤を見る回数が増加しているんですよねぇ。iStat Menusで観察する限り、何らかのプログラムが暴走するというよりも処理が頭打ちになる時間が伸びている感じでして、それが終わればCPU使用率も一気に下がる具合です。

MeltdownやSpectreの脆弱性対応でパフォーマンス低下の副作用が発生しているらしく、タイミング的に合致するものの、さすがにそれは思い過ごしだろうと囁くのです、私のゴーストが。

というわけで焼け石に水でしょうけれど、今日中にComboアップデートを当てることにします。


Mac Fan 2018年3月号
マイナビ出版
2018-01-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Mac Fan 2018年3月号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3


HomePod対応の「iOS 11.2.5」配布。性能抑制オン・オフ機能はまだ先。

2018/01/24 09:54
あれ、11.2.2から11.2.5まで番号が飛びましたよ。Appleが「iOS 11.2.5」を配布しています。

効能書きは以下。
iOS 11.2.5にはHomePodのサポートが含まれ、Siriにニュースの読み上げ機能が追加されました(アメリカ、イギリス、オーストラリアのみ)。このアップデートには、バグの修正および改善も含まれます。

HomePodのサポート
・HomePodの設定するとApple ID、Apple Music、Siri、Wi-Fiの設定が自動で転送されます。

Siriニュース
・“Hey Siri, play the news”と頼むだけで、Siriにニュースを読み上げてもらうことが可能に。スポーツ、ビジネス、ミュージックなど、特定のニュースカテゴリを頼むことも可能。

その他の改善および修正
・“電話” Appで、通話履歴に不完全な情報が表示されることがある問題に対応
・Face IDでiPhone Xのロックを解除したときに一部のExchangeアカウントからの“メール”の通知がロック画面から消える問題を修正
・“メッセージ”で、会話の表示順が一時的に乱れることがある問題に対応
・CarPlayで、トラックの変更を複数回行うと“再生中”コントロールが反応しなくなる問題を修正
・VoiceOverで、再生出力先とAirPodsのバッテリー残量を知らせる機能を追加

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

HomePodもサポートされていよいよ登場ですか。日本での発売時期は未定ですが、レビュー記事を待つことにしましょう。

早速トビのiPhone SEをアップデートしたものの、バッテリー劣化による性能抑制をオン・オフする機能が見当たりません。「3月にリリース予定の次期バージョン」で搭載するそうなので、iOS 11.3あたりですかね。

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ホワイト
Amazon
2017-11-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Amazon Echo Dot (Newモデル)、ホワイト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


Amazon自身がガジェットをリリースすることは選択肢が増えて嬉しい反面、競合他社製品の取り扱いをしないのが辛いところ。ま、こればかりは商売ゆえ仕方ありませんね。

関連記事 関連記事:

次期アップデートでiPhoneのバッテリー劣化による性能抑制をオン・オフできる機能が搭載? パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/01/19)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


次期アップデートでiPhoneのバッテリー劣化による性能抑制をオン・オフできる機能が搭載?

2018/01/19 11:08
トビのiPhone SEのバッテリーはまだ元気だと思います。『Apple、「iPhone」のバッテリー劣化による性能抑制機能をオフに出来る機能を提供へ | 気になる、記になる…』とのことで、ユーザが性能抑制をオン・オフすることのできる機能を次期アップデートで搭載する予定だそうな。

そもそもAppleがユーザに黙ってやっていたことが問題ですし、本機能をオフにした場合でも正しく働くのか……過剰に機能して「ほら、抑制したほうがいいでしょ」だとか「その割に性能差は少ないでしょ」だとか、信用を失した以上様々な疑念を抱かずにはいられないのが率直なところ。

とはいえ、ここまで積極的なフォローを行うとは考えていなかったため、ユーザの選択肢が設けられたことについては素直に喜びたいですね。




内蔵バッテリーは大丈夫でも、長時間のナビや充電忘れなどでモバイルバッテリーに助けられた場面は何度かあります。そんな、唯一持っているチノン製がヘタってきて思案中です。

関連記事 関連記事:

気温に翻弄されるiPod nano 7thのバッテリーと、iOS 11.3のバッテリー管理画面。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/02/08)

不愉快なiPhoneのバッテリー問題。2018年に限り特別措置を行うとな。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/12/29)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2


顎腫れの経過と、口が開かないときに重宝する歯ブラシ。

2018/01/17 11:04
あの日の朝はトビの地方でもかなり揺れましたけれど、テレビに続々と映る惨状が何より恐ろしかったのです。合掌。

ご心配をおかけした顎腫れが快方に向かい、未だに2cmしか口が開かない以外はずいぶん良くなりました。流動食のようなものばかり口にしたせいか、胃腸がなんとも水っぽい具合なのはご愛嬌(愛嬌?)。

口が開かないと歯磨きにも苦労するわけで、前回は一般的な子供用歯ブラシの毛を短く刈り込み、ヘッド裏側を薄く削ってしのぎました。ま、面倒くさいですネ。ところが今回、見事な逸品を手に入れました。

画像

その名も「クリニカKid’s ハブラシ 仕上げみがき用 0才〜」。大人が子供の仕上げ磨きを行うための歯ブラシで、ヘッドが小さく非常に薄い! さらにグリップまでの首が長く、柄も長いと私の症状にジャストミートな製品ですヨ。

口が開かないという相当特殊な事例ではあるものの、口内疾患や顎関節症などで同様に困っている方がいらっしゃれば、この歯ブラシを試すのもありかなぁと思います。まだ分厚いと感じる場合、「0才〜」は毛の数が少ないので、短くカットしやすいのも利点。ただ経験上、カットした毛先は思いのほか鋭利ゆえに口内へ新たな傷をつけぬよう注意が必要です。

特殊な歯ブラシは売れ行きが微妙だとすぐに消えてしまいやすい気がします。今のうちに数本買いだめしておこうかと思案中ですよ。




一般的な大人用も、ヘッドの厚みをもう少し減じてくれればなぁ、と。

関連記事 関連記事:

2年ぶりの顎腫れ再発から「2001年宇宙の旅」への連想ゲーム。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/01/11)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


Windows 10 Fall Creators Updateは低スペックマシンに優しいのか?

2018/01/15 11:19
昨日、ThinkPad X60とX230、ポータブックXMC10に月例アップデートを当てていたトビフシコです。大きな声ではいえませんが(なんでや?)、Windows 10 RS3(1709 Fall Creators Update)って結構軽くないですか?

画像

特にCore Duoの古いX60や新しいのに低スペックなポータブックで軽さを感じますねぇ。前者などは大型アップデートを経るごとに重さを味わってきた手前、戸惑います。一方ハイスペック、といってもIvy BridgeのX230では全く変化がわかりません。

情報を漁ってもRS3で軽くなったとの記述をほとんど見ないので、単なる思い過ごしかもしれませんね。しかし気のせいにしては程度が大きいような……。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MacBook Air(Late 2010)購入から7年経過。いよいよ「原子力バッテリー」も…。

2018/01/13 10:54
トビ自身、ここまで長く付き合うことになろうとは考えておりませんでした。MacBook Air(Late 2010) 11インチの購入から丸7年が経過しましたよ。

画像

6年経過レビューを見返すと、「切り込み隊長解任」だそうです(人ごと?)。今年は再び隊長へ昇格、High Sierraのテスト機として老体に鞭打つ日々を送る次第です。

Intel Mac以降、少なくとも私の環境では1台の寿命が極端に伸びる傾向がありまして、初Intel機のMacBook黒(Late 2007)も現役を7年勤めました。ただ、MacBookの場合はすでに最新のOS Xがインストールできない期間を経たまま、次期主力のMac miniへと引き継がれた経緯があります。

ところがMacBook Airは、現行OSの動作条件を満たしたまま7年を迎えたわけで、当然ながら自分史上空前の事態に戸惑いを隠せません。加えて、大きな不具合や劣化など普通に使うことが厳しくなるような支障もきたさないという……コイツはThinkPad X60と同じ、愛着を超えた腐れ縁の持久戦に突入した雰囲気ですネっ。

ま、High Sierraでは処理性能に対する我慢の限界を常に試される状況ですし、ここにきて勝手認定「原子力バッテリー」もついに時が来たのか駆動時間の減少が顕著になりつつあります。ともあれ、いつ本機がくたばっても感謝の念を捧げるばかりで恨みのひとつもございません。問題はやっぱり……後継機不在に行き着くってことです、ハイ。




バッテリーも2年ほど前に交換していれば、との思いも。完全に時期を逸しました。

関連記事 関連記事:

MacBook Air 11インチ(Late 2010)購入から丸6年経過。切り込み隊長解任など。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/01/17)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2


High Sierra 10.13.2 追加アップデートほか適用。またぞろ初歩的なバグのおまけ付き?

2018/01/12 12:53

各種アップデートが溜まっております。まずはMacBook Airに「macOS High Sierra 10.13.2 追加アップデート」を適用、iPhone SEとiPad 5thを「iOS 11.2.2」にアップデートしました。

IntelやARM系CPUの脆弱性「Spectre」に対応とのことで、この名称は007の宿敵から取られたんですかね?

それはともかく『【macOS High Sierra 10.13.2】「App Store」のシステム環境設定にパスワード不要でアクセス出来てしまう不具合 | 気になる、記になる…』という初歩的なバグがまた見つかったそうな。ソフトウェア開発の現場を全く知らないトビとしては、マイナーアップデートの作業でも、クリティカルなゾーンがこれほど簡単に書き換わってしまうものなのか不思議に感じます。

ところでHigh Sierra以降、半角スペースが全角スペースになってしまう問題は未だ解消されず……一度統合アップデートを試してみましょうかねぇ。


007 スペクター (字幕版)
2016-02-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 007 スペクター (字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


前も書きましたっけ? シリーズ中一番好きなボンドは、ロジャー・ムーア。異論はことごとく却下します。
関連記事 関連記事:

○ ○ macOS High Sierra、「shift + space」で半角スペースが入らない? パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/10/14)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2


2年ぶりの顎腫れ再発から「2001年宇宙の旅」への連想ゲーム。

2018/01/11 10:35
年始からうんざりモードなトビフシコです。2年間発症しなかったので完治かと思いきや……謎の顎腫れが再発しましたヨ。都合4度目となります。

2、3回目より1回目に近く、左顎下腺から唾液は出ているようですし、腫れているのはリンパ管かもしれません。いずれにせよ大病院で散々検査ラリーを味わった挙句、原因不明・薬処方で様子見だね!の仕打ちにはこりごりですから、いつになく早い段階で地元の耳鼻咽喉科へ抗生物質をもらいに行きましたとさっ。

これまで同様、腫れのせいで顎が開かないことが最大の問題。そして毎回考えるのが「2001年宇宙の旅に登場するカラフルなペースト状の宇宙食を食べてみたい」というはかなき夢です。宇宙旅行初期のドリンクタイプじゃないですよ、ディスカバリー号でボーマンらが食べていたアレです。ま、私が初めてテレビ放送を観たときに鮮烈な印象を残してくれたシーンゆえ、病気であろうがなかろうが関係なかったりしますが……。

ともかく、ちゃっちゃと治して普段のペースを取り戻すよう頑張ります、ハイ。


2001年宇宙の旅 (字幕版)
2013-11-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2001年宇宙の旅 (字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


結局、現実の宇宙食は地上で食べるものと変わらぬほど充実しているのだから大したもんですよねぇ。

関連記事 関連記事:

顎腫れの経過と、口が開かないときに重宝する歯ブラシ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/01/17)

またぞろ現状報告。顎下腺の腫れ再々発。すでに破裂済みっ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/10/11)
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2


2018年に期待する製品。次期Mac mini、GRシリーズ、それと、えーっと。

2018/01/07 11:01
トビが買うかどうかは別にして、今年期待する製品を挙げるならば……やっぱり次期Mac mini。もしくはそれに近い位置付けのセパレート型デスクトップ機でしょう。

自分のLate 2014が未だ現行機種であり続ける現状は、精神衛生上よろしいものの絶対的な古さは否めず、手放しで喜べる時期はとうの昔に過ぎ去った気もします。ただ実際のところ、本機のスピードに特別不満を感じることがないのも事実でして、ラインナップの継続さえ確認できれば満足なのかもしれません、えぇ。

ラインナップ継続といえば、2年ごとのモデルチェンジを律儀に守ってきたRICOH GRシリーズがついにリリースされることなく2017年を終えたことも気がかりですね。

所有機材の順番からすると、MacBook Air(Late 2010)の使用がええ加減辛いレベルとなって久しいんですけれど、素直に「欲しい!」と思える後継機が不在という……1999年以来のポータブルMac遍歴でも未曾有の危機ですよ、マジで。特にMacBook Retina 12インチへ大枚をはたくことへの躊躇たるや、小型マシン大好き人間を自認する分際でやたら強固ときたもんです。

iOS関連については……そうそう、去年9月のスペシャルイベント録画をまだ観ていません(オイっ)。つーことで、今年最初の目標はこいつの消化と決しました。ま、すでにiPhone Xの店頭展示機を触っており、録画を観て猛烈に欲しくなる心配もないはずです、たぶんきっとメイビー。


macOS High Sierra パーフェクトマニュアル
ソーテック社
井村克也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by macOS High Sierra パーフェクトマニュアル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


Mac miniをHigh Sierraへアップグレードすることが最大の課題だったり。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年の極私的買い物や出来事をピックアップ。ポータにEM7w、南部縦貫などなど。

2018/01/04 11:12
改めまして、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年後半はちとテンパってしまい、年末までまともな更新ができなかったので、越年ながら振り返ってみたいと思います。

まずは買い物ランキング。順不同で5つピックアップしますと、

・ポータブック XMC10

・ThinkPad X230

・iPad 5th

・ExpertMouse 7 ワイヤレス(EM7w)

・DELL P2417H フルHDディスプレイ


DOS/Vノートが2台も……ま、ポータブックはほぼオモチャとして入手し、X230こそがThinkPad X60の後継となるわけですが、使っていて面白いのはやはり前者とかなんとか(以下自主規制)。そうそう、X230の液晶をIPSパネルに交換し大満足でございます。標準のTNパネルはなぜあそこまで色が酷いのだか全く。

去年買った唯一のApple製品がiPad 5th。4thのOSサポート足切りを受けて購入した次第。その軽さ(物理的にも処理性能的にも)に感動したものの、相変わらず4thと同じ運用を続けていますね。

メインマシンたるMac miniの作業環境に大きく影響したのが大玉トラックボールのEM7wとDELL23.8インチディスプレイ。三菱19インチから乗り換えたDELLは、物理サイズこそすっかり慣れてしまうも、解像度の高さには今なおありがたみを感じる場面が少なくありません。昨今のWebやソフトウェアのUIがフルHD以上に最適化されていることを痛感しますヨ。

当初戸惑いの大きかったEM7wは、心配をよそに手が思いのほか早く馴染んでくれ、本気モードでグラフィックソフトを扱う時以外は完全に主力となっています。ただ、パームレストを含めた設置面積とボディの高さに不満が残ります。

*****

ソフトウェアは、とにかくiOS 11で32bitアプリが切られるという残念な仕様が少なからず影響しまして……High SierraもメインのMac miniに未だ導入叶わずとイマイチでした。

*****

コンピュータ関連ではありませんが、ペアーハンズ南部縦貫鉄道キハ10のキット製作再開〜完成は、20年来の宿題をどうにか済ませるカタチとなって大変気分がいいものです。やっぱり自分はなにかを作っているときが一番幸せなんですよっ。モノ作りといえば、トビ的サグラダファミリアたる自作ノートPC冷却台が中途半端な状態で再び持ち越しました。もはや完成への期待すら捨てている気がします。

以上、こんなところでしょうか。今年はMac miniに動きがありますかねぇ〜。




記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


2018。

2018/01/01 01:18
画像
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


<<  2018年1月のブログ記事  >> 

トップへ

パワーリンゴ 2018年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる