パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS Anker USB 3.0ハブの筐体裏に銅箔テープを貼って、電磁波のシールドを試みる。

<<   作成日時 : 2017/05/15 11:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

配置を変えたりケーブルを変えたりしてノイズ対策に苦労したAnkerの「7ポート USB 3.0 ハブ(Amazon)」。あれ以来、Mac mini冬仕様ではさほど大きな問題ともならず過ごすことができました。どうもMagic Mouseほか一部機器の接続が非常にシビアな様子で、ExpertMouse ワイヤレスのBluetooth接続は極めて安定しております。

とはいえ夏に向けた機器の移動も踏まえ、コメントでも頂戴したとおりハブの電磁波シールドを試みました。1年保証が切れる1ヶ月前ですから、DIYOR(Do It at Your Own Risk)の精神でっ。まずはプラスチック筐体の裏側へ銅箔テープを貼る対策。

画像

背面シールに隠れた4本のネジを外してハブを3枚に下ろした図↑ 案の定、防磁もへったくれもないガワですね。

画像

以後、銅箔テープを切って貼っての繰り返しです↑

画像

ペタペタ↑

画像

ペタペタ……でずいぶん端折って下半分が完成↑

画像

上半分はLEDの窓があるので面倒です↑

画像

ペタペタ、ペタペタペタ↑ シンプルですがけっこう時間のかかる作業です。好きでなきゃやってられないかもしれません。

画像

ペタペタ……で上半分が完成↑ 頂いたコメントでは「この状態だと内部で反射しまくるからサンドペーパーを貼るべし」とのことでしたが、ひとまず様子を見たかったのでサンドペーパーは次の段で試してみることに。

画像

基板は初めから筐体に接していなかったものの、念のため絶縁を考えてマスキングテープ + 一部補強に配線用テープを貼りました↑

画像

大きな空隙がある上半分はバイタルパートのみ↑

画像

以上、組み立てて完成です↑

*****

冒頭に記したとおり、現状問題がないため効果のほどは不明。久しぶりにMagic Mouseを接続したら普通に使えましたけれど、比較のため作業前にテストしておくことをええ加減学習すべきですネっ。思い立ったが吉日とばかり、勢いに任せてしまう性格は一生治らないでしょう。

これでもまだ干渉が生じるなら、隅に残っているシールドの隙間を徹底的に埋めてサンドペーパーを貼ろうと考えています。


ニトムズ 銅箔テープ 38mm×5m J3160
ニトムズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニトムズ 銅箔テープ 38mm×5m J3160 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


近所のホームセンターと比べて半額に近い価格ゆえ助かります。

関連記事 関連記事:

銅箔、バーストオフ、カードリーダ、冷却台など……経過をまとめて報告。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/06/16)

AmazonベーシックのUSB 3.0ケーブルで電波干渉の低減を図るも……。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/12/18)

USB 3.0ハブを机の下に置くことでMagic Mouseのマウスポインタ挙動不審問題が解消。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/07/06)

すわ電波干渉かっ。USB 3.0ハブを導入してからMagic Mouseのポインタが飛ぶ!遅れる! パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/07/05)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
AmazonベーシックのUSB 3.0ケーブルで電波干渉の低減を図るも……。
Mac mini冬仕様快適環境計画にて、とある問題が再燃しました。Ankerの「7ポート USB 3.0 ハブ(Amazon)」とMac mini本体をどう頑張っても5cm以上離すことができず、Bluetoothが電波干渉によって著しく影響を受けることとなったのです。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2017/05/15 11:35
銅箔、バーストオフ、カードリーダ、冷却台など……経過をまとめて報告。
「様子見」で締めくくった記事のその後をまとめて追ってみました。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2017/06/16 14:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は、お疲れ様でした。

もう後は銅箔テープをプリント基板のアースに繋ぐとか、SiCの紙やすりを貼り付ける位ですね〜。私はオヤイデの延長タップ2台の内側へ紙やすりを取り付けましたが、もうやりたくないです😅
shigechan
2017/05/15 20:40
shigechanさん、その節はアドバイスありがとうございました。

なるほど、アースもですね。取るところを間違えないようにせねば、ナハハ。

私は単調な作業があまり苦にならないほうですけれど、今回の銅箔貼りは選んだテープの粘着力が強くて手こずりました。特別強いわけでもないと思いますが、アルミテープなどよりコシの強い銅箔ゆえ、神経を使いますね。

あと、やはり視力が……トホホホ。
トビ
2017/05/16 09:07
ドモドモ。

銅箔やアルミ箔テープは粘着力が強いですね。簡単に剥がれてはイカンと言う事でしょうか!

それにしても内部を見るとノイズキラーのコイルみたいな物が、ちゃんと入っていますね。この際ですから銅箔シールド&SiC電磁波吸収までやってしまっては如何でしょうと、煽っておきます😀

視力はなんともですよね〜😅私は近眼なので近くは見えますけど、ピント調節範囲が狭くなったので、苦労します。例のハ〇キルーペは拡大に良さそうですが・・・。
shigechan
2017/05/16 10:43
shigechanさんどうもです。

この銅線巻きのコイルはやはりノイズ対策のものなんですね。でも、ほとんど効かなかったようです。

まぁ、現状でしばらく様子を見てみます。症状が出たらさらなる対策を、ということで。

私も近視が進んで困ります。最近はフレキシブルアームの付いたスタンドルーペをよく使いますね。メガネ型というか装着するタイプのほうが自由度は高そうですけれど、倍率と対物距離で程よいものがなかなか無く……。
トビ
2017/05/16 20:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
Anker USB 3.0ハブの筐体裏に銅箔テープを貼って、電磁波のシールドを試みる。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる