パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今夏を乗り切れるか。ThinkPad X60のCPUグリスを塗りなおす。効果のほどは……。

<<   作成日時 : 2017/05/06 11:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

Windows 10 RS2に上げたトビのThinkPad X60は、やはりバッテリーの持ちと発熱に改善が見られます。とはいえ生来の灼熱体質が変わるわけでもなく、Windows 10を入れてから初めて迎える夏を前に、これまた購入後初のCPUグリス塗り直しを実施しました。以下、写真を中心に駆け足でお届けしませう。

画像

キーボードとパームレストを外せば内部を一望できます↑ 保守マニュアルのおかげで、ThinkPadの分解に迷う要素はありません。このサービスをLenovoが引き継いでくれたことに感謝しますヨ。保証規約上、エンドユーザが行っていい範囲が狭いのはまぁ、致し方アルマーニ。

画像

マザーボードを取り出してひっくり返した図↑ 主要なパーツは全て裏側に実装されています。左上の大きなコネクタは、ウルトラベースなどのドッキングステーション用。

画像

以後の作業は購入後初めてとなります。重い冷却ユニットを外してチップとの接触面をチェック↑ 量産品のグリスの効率的な塗り方がとてもよくわかりますね。CPUダイと接触していない箇所のグリスは粘り気がなくなって、触るとぽろぽろ落ちる状態。

画像

グリスを綺麗に拭き取ります↑ 一方、下のヒートシンクにはグリスが塗られていません。

画像

基板を見ると、ノースブリッジことMCHは熱伝導シートが貼られているんですね↑ シートはまだ弾力があり、さほど劣化していないのでそのまま使うことに。PowerBook G4のときは、シートがカピカピのボロボロになっていました。

画像

CPU上のグリスはまだ少し粘度も残っていて、よくもまあ10年以上耐えたもんだと感心します↑

画像

こちらも綺麗に拭ってピカピカに↑ メモリコントローラもGPUも内包する前のCore Duoは、まだ小ぶりなダイですね。

画像

さて、思いのほか状態の良いグリスやシートに対して、劣化の惨状を晒しているのがシロッコファンの周囲を取り巻くスポンジ↑ 例によってベトベトのドロドロです。しかもヒートパイプや放熱フィンと接しているため、経年と熱のダブルパンチを食らう最悪のシナリオ。

画像

丁寧に除去してから、カメラ修理でおなじみの細く切った習字用下敷きを両面テープで貼り付けました↑ なお、埃や汚れの除去を随時行っていきます。放熱フィンは特に念入りに。

画像

最後に、CPUダイへシルバーグリスを塗ります↑ グリスの塗布量は毎度悩むところで、今回は所々地が見えるほど薄く塗ったものの、もう少し多いほうがよかったかもしれません。ヒートシンク密着時に延びるよう中央付近を少し厚くしています。

画像

外装もクリーニングを施し、あとは再組み立てして起動チェック↑ 効果のほどは……少なくとも現時点ではさっぱり実感できません。ひとつだけ、冷却ファンの回転音がかなり小さくなりました。おそらくスポンジを習字用下敷きに張り替えたことが効いていると思われ、「ゴーー」という複合的な騒音から「フィーー」という高めのシンプルなサウンドに変化。ただ、聞き慣れないせいでしばらくは耳に付きそうです。

*****

以上、重メンテナンスでしたが、作業をしながら「文字どおりの焼け石に水だなぁ」と痛感しましたね。いよいよファン付き冷却台を用意すべきかもしれません。




関連記事 関連記事:

ThinkPad X60に「Win10 Creators Update」を適用。グラフィックが…。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/04/09)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ThinkPad X60に「Win10 Creators Update」を適用。グラフィックが…。
4月11日以降の一般配布前に、ThinkPad X60をWindows 10 RS2(Creators Update)に手動アップデートしましたよ。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2017/05/06 11:19
ThinkPad X60の後継問題に決着……とはいえ新鮮味ゼロのじり貧的選択。
もはやパワーウインドウズのトビフシコです……だから電動昇降窓じゃないってばさ。Microsoft Officeでの作業も一段落したので、先送りを繰り返してきたThinkPad X60の後継問題にいよいよ決着をつけますヨ。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2017/05/11 13:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は、お疲れ様でした。

ファン付きの冷却台って持っていますがMacBook Proの置き台になっているだけで、重たいためもあってまともに稼働していません。
そんなわけで、相変わらずすのこタンがお薦めです😀
shigechan
2017/05/06 23:36
shigechanさんこんにちは。

ファン付き冷却台は重いし分厚いし、特に12インチ以下のサイズだと選択肢が皆無に近い状態なのが厄介ですねー。

shigechanさん一押しのすのこタンは、やはり強制冷却しづらいのと傾斜がない点でなかなか私のニーズに合わず……すみません。

むしろ大型ノートなら冷却システムに余裕がある場合も多いでしょうし、モバイルノート向けに薄くて小型のファン付き冷却台をどこかが出せば、それなりに売れそうな気がしますねぇ〜。
トビ
2017/05/07 09:58
ドモドモ😀

あ、プラスチック筐体というのを忘れておりました。検索したらファン4つ付きなんてありますね!
エレコムのSX-CL22LSVはチルト角度が調整できて、便利そうです。
shigechan
2017/05/07 11:49
shigechanさんどうもです。

今はいろんなタイプがありますよねー。しかしどれも大きくて分厚い!

そうそう、エレコムSX-CL22LSVは候補の一つです。ただこれも前縁部がだいぶ高そうです。

いっそのこと、ノートPC後部だけを載せるエレコムの冷え冷えクーラーにしようかとも思ったり……悩ましいですね。
トビ
2017/05/07 18:56
風の流路を確保するためにはある程度の厚さが必要ですし、さりとてバルミューダのX-Baseは、驚異的に高い😱 でもプラ筐体ですから送風は必至ですね〜😄
shigechan
2017/05/07 23:59
shigechanさんどうもです。

バルミューダのX-Baseに近い(見た目も板厚も月とスッポンですが)アルミ傾斜台を昔自作しまして、私のノートPC冷却手段が実質これだけなんですね、ナハハハ。

ThinkPad X60はボトムケースがマグネシウム合金製ですが、それでも熱伝導率はアルミの半分ですか。ポータブックはプラでMacBook Airがアルミと、マシンの材質がばらばらですねぇ。加えてサイズもばらばらなので頭が痛いところです。
トビ
2017/05/08 09:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
今夏を乗り切れるか。ThinkPad X60のCPUグリスを塗りなおす。効果のほどは……。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる