パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大玉トラックボール「ExpertMouse 7ワイヤレス」を4日使った感想。親指タイプとは別物だ。

<<   作成日時 : 2017/04/04 10:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

親指トラックボールのロジクールM570tを難なく攻略して調子に乗ったトビがバカでした。いきなり告白しますと、ExpertMouse 7 ワイヤレストラックボールでIllustratorのベジェが引けないのですっ。
画像

今後のために、ごく初期の使用感として以下に記しておきます。

1. ボールを転がすのが最高に楽しい。常に手のひらをボールに乗せているため、意味もなく転がしてしまう。

2. パームレスト無しのほうがボタンを押しやすい。しかし手首が反って早くも痛みが走るようになり、今は装着。

3. 左右の手を問わず使えるので利き手である左側に置くも、右手でキーボードショートカットを押すことに甚だ不慣れな事実に気づく。

4. 親指トラックボールはマウスの延長ですぐに慣れ、細かな操作も早々に体得できるが、手のひら大玉の本機は全くの別物。厄介なぶん新鮮味をたっぷり味わえることが救い。


こんなところでしょうか。「禁断のデバイス」と畏怖していたトラックボールの厳しさを痛感しております、ハイ。

現状、最も困っているのが3つ目で、やはり左手のほうが明らかに使いやすいのです。しかし、前職のハードワークで体に染み付いた左手の役割、すわなちキーボードショートカットを右手で押さなければならないことに買ってから気づくという二度目の失態をやらかしました。そもそもIllustratorに限らず日常的な操作、例えばドラッグ中に「command + tab」でソフトを切り替える際も、キーボードの左端まで右手を伸ばす必要があるわけです。

結局は右に置こうが左に置こうが不都合の生じる体ゆえ、時間をかけて妥協点を探っていくしかなさそうですね。とりあえず普段の操作はEM7ワイヤレスで、Illustrator使用時はM570tを、と使い分けています。うーん、後者はMacBook Air専属にするつもりだったのにぃ〜〜。

まぁ、文句を言いつつ慣れる過程も楽しくてしかたがない私のような変態にはもってこいのデバイスでしょう。





関連記事 関連記事:

「ExpertMouse 7 ワイヤレス」のスクロールリングは他の操作部材に比べてかなり……微妙。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/04/11)

「ExpertMouse 7 ワイヤレス」の巨体について。パームレスト無しなら案外収まりがよい。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/04/02)

親指トラックボールと利き手の罠。M570tはトラックパッドと同じく指先の繊細さが要。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/11/27)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ExpertMouse 7 ワイヤレス」の巨体について。パームレスト無しなら案外収まりがよい。
昨日の購入報告に続きまして、ExpertMouse 7 ワイヤレストラックボール(以下EM7ワイヤレス)の巨体をご覧あそばせ。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2017/04/04 10:07
親指トラックボールと利き手の罠。M570tはトラックパッドと同じく指先の繊細さが要。
前回わずかに触れた悲しいお知らせの詳細です。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2017/04/04 10:08
「ExpertMouse 7 ワイヤレス」のスクロールリングは他の操作部材に比べてかなり……微妙。
前の感想から1週間経ち、日常的な操作には十分慣れたつもりのExpertMouse 7 ワイヤレストラックボール。それでも若干のひっかかり(複数の意味で)を残す箇所がありまして、 ...続きを見る
パワーリンゴ
2017/04/11 11:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大玉トラックボール「ExpertMouse 7ワイヤレス」を4日使った感想。親指タイプとは別物だ。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる