アクセスカウンタ

<<  2017年3月のブログ記事 zoom RSS

トップへ


「macOS Sierra 10.12.4」配布。Night Shiftは外部ディスプレイでも機能。

2017/03/28 11:41
さぁてアップデート祭りですよっ。Appleが「macOS Sierra アップデート 10.12.4」を配布しています。
画像

App Store.appのアップデート項からどうぞ。効能書きは以下。
macOS Sierra 10.12.4アップデートでは、お使いのMacの安定性、互換性、およびセキュリティが改善され、すべてのユーザに推奨されます。

このアップデートの内容:

・Night Shiftが追加されます。Night Shiftでは、日が暮れるとディスプレイの色が自動的にスペクトラムの一番暖かい色に変更されます
・Siriで、インディアン・プレミア・リーグおよび国際クリケット評議会のクリケット競技会のスコアおよび成績を表示できるようになります
・上海語の音声入力が追加されます
・“プレビュー”でのPDFのレンダリングおよび注釈に関するいくつかの問題が解決されます
・“メール”の“スレッド”表示における件名行の視認性が向上します
・“メール”メッセージの内容が表示されない問題が修正されます

このアップデートについて詳しくは、次のWebサイトを参照してください: https://support.apple.com/ja-jp/HT207536
このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のWebサイトを参照してください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

アップデータのサイズは1.56GBで再起動が必要です。けっこう時間がかかるので、余裕のあるときに作業してくださいませ。
画像

今回の目玉であるNight Shiftは、Mac miniに接続した三菱の古いディスプレイでもしっかり機能します↑ オンの状態でスクリーンショットを撮っても黄色く映らないのがもどかしいところですけれど、当たり前っちゃ当たり前ですネ。

また、上記効能書きには記されていないのですが、デジタルカメラRAW互換性アップデートも含まれるようです。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


広大な赤……iPhone 7 (PRODUCT)REDの意外な盛り上がりに驚く。

2017/03/27 11:33
古くからの奇特な読者様なら、トビが(PRODUCT)RED製品ラバーズなことをご存知かと思われますが、正直なところiPhone 7 (PRODUCT)REDのただならぬ盛り上がり方には意表を突かれた気分です。
画像

アルミ酸化アルマイト処理の赤色が素晴らしく鮮烈なことは、従来の製品から容易に想像できます↑ たしかに、今回初めてiPhoneの筐体が(PRODUCT)REDに染まったわけで、4インチのiPod touchを凌ぐ表面積が放つインパクトたるや過去最高といっても過言ではありますまい。

いずれにせよ、大きなiPhoneにあまり興味のない私としては蚊帳の外で寂しい限りですよ、トホホホ。ただ、仮にiPhone SEの(PRODUCT)REDモデルが発売されてもそう簡単には乗り換えられないので(ケースすら乗り換えられないってのにさ!)、余計なわだかまりを抱いて過ごさずに済むのが不幸中の幸いでしょうか。まあ今後は「春のiPhone」まで見越した購入計画が必要ですね。春はヤマザキのパン祭りで十分だったのに……。




関連記事 関連記事:

今かよっ。iPhone SE 純正レザーケースに真っ赤な(PRODUCT)REDが追加。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/12/01)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


レッドに続き、iPhone SE用純正レザーケースに新色「サドルブラウン」が加わって全4色。

2017/03/26 10:45
(PRODUCT)REDカラーに続いて新色のお出ましですよっ。発表時のトーンの低さとは裏腹にそこそこ売れているんでしょうか、iPhone SE。トビの単純明快なる信条「携帯するデバイスは小さいほど良い」を共有する方が少なからず……じゃなくてやはり価格ですかねぇ〜。
画像

革の色ではもっともオーソドックスな茶系のサドルブラウン↑ どちらかといえばフロントベゼルが黒のスペースグレイモデルと相性がよさそうですね。

ただし、レッドとともに明るい色ゆえ黒ずみなどの汚れが目立ちやすいと思います。そういう変化を楽しみたい方には(自分も楽しみたかったよっ)オススメです。

なお、ミッドナイトブルーの劣化進捗状況ですが……前回より写真を撮ってわかるほどの変化は見られません。劣化が嫌な方へは引き続きブラックやミッドナイトブルーを推しておきませう。


レイ・アウト iPhone SE/5s/5 手帳型ケース 本革 ブラウン RT-P11RLC1/BR
レイ・アウト
2016-03-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レイ・アウト iPhone SE/5s/5 手帳型ケース 本革 ブラウン RT-P11RLC1/BR の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


最近は手帳型も流行っているようですね。

関連記事 関連記事:

4ヶ月半が経過したiPhone SE「純正レザーケース」、ようやくわかりやすい劣化が……。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/02/21)

今かよっ。iPhone SE 純正レザーケースに真っ赤な(PRODUCT)REDが追加。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/12/01)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


「iTunes 12.6」配布。ようやくレンタル映画のデバイス制限が無くなった。

2017/03/23 10:02
新しいハードの話題はひとまず置いておいて、Appleが「iTunes 12.6」を配布しています。
画像

App Store.appのアップデート項からどうぞ。効能書きは以下。
一度借りたら、どこでも見られます。iOS 10.3やtvOS 10.2で、iTunesを使ってレンタルした映画がお使いのどのデバイスでも視聴可能になりました。

このアップデートでは、アプリケーションやパフォーマンスも若干改善されます。

トビは最近iTunesレンタルを利用していないのですが、engadgetの記事によるとレンタル作品をダウンロードした端末のみで視聴することが前提であり、MacからiOSデバイスへは転送作業が必要。しかも逆の場合は転送すらダメという、サービス開始時の頃と変わっていなかった様子ですね。そんなややこしい仕様のせいで敬遠していた向きもあります。

今回のアップデートにてようやくその制限が取り払われ、使い勝手はかなり向上すると思われます。ただし同記事のとおり、iOSやApple TV側のソフトウェア・アップデートも必要になります。ま、近々登場することでしょう。


スティーブ・ジョブズ (字幕版)
2016-05-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スティーブ・ジョブズ (字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新製品価格で最廉価の税込40,824円。32bit機からの移行に適したA9搭載iPad登場。

2017/03/22 10:22
最後の32bit iPadことiPad 4thと心中しなくてもよくなった(たぶんね!)トビフシコです。iPhone SEはそれが出ることを信じ、意表を突く中継ぎでもって2年間しのぎましたが、さすがに今回のiPad登場まで信じていたなどと抜かす度胸はありません。
画像

基本的な仕様は、iPad Air 2のA8XからA9プロセッサに載せ替えただけで、最も安価な32GBストレージ・Wi-Fiモデルが税込40,824円とじつに戦略的↑ 個人的には背面カメラの出っ張りがない点を極めて高く評価したいですねー。

次期iOSではApp(アプリ)の64bit化が必須となり、本機は32bit iPadを使っているユーザの受け皿として用意されたのかなぁと思ったり。ただ、このへんの見通しがまだ不確かでして、App Storeからダウンロードできるアプリが64bitバイナリのみになってしまうと少なからぬ不都合も生じます。一部のアプリで可能な旧バージョンのインストールについてもどうなることやら……。

ちなみに、長らく続いたiPhone 5とiPad 4thの組み合わせがA6兄弟なら、iPhone SEと本機の組み合わせはA9兄弟となります。意図せずCPUの世代が合ってしまうのは単なる偶然でしょうが、「永六輔」から「ええないん」へ……ああぁ、ええないんかぁ。


iPad仕事術!
スタンダーズ
2016-12-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by iPad仕事術! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


関連記事 関連記事:

「iOS 10」はA5世代が動作対象外に。A5Xの「新しいiPad」が少し不憫・・・。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/06/17)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


初歩的な…Safari 10でEvernote Web Clipperが復活。Cookieぃ…。

2017/03/20 11:01
我ながら情けない……初心を忘れた万年初心者トビフシコです。長い間Safari 10でのEvernote Web クリッパーが動作しない状態でして、当初はいろいろと対策を試みるも全滅。以後、Evernoteの修正アップデート待ちモードに入ってしまい、Web記事のクリップはGoogle Chromeでしのいでおりました。

しかしWeb クリッパー 6.11が配布されてから一向に次のアップデートが出る気配もなく、さすがに焦ってもう一度念入りに調べた結果……久しぶりに某巨大掲示板の書き込みに助けられましたヨ。
画像

Cookieを削除せよ」↑ あぁ、なんということでしょう!

Safariの「環境設定 > プライバシー > CookieとWebサイトのデータ > Webサイトデータを管理」の中から、Evernoteに関連するものを選べばOKでしょうが、せっかくなので全てを綺麗さっぱり削除しました。Cookieだけでなくよりサイズの大きなLocalStorageが含まれており、ストレージの容量削減にも少しは寄与すると思います。

もちろん各種ログイン情報などが消えますから、ご留意のうえ実施してくださいませ。
画像

Appleの「Safari 機能拡張」ページからも最新の6.11がダウンロードできるようになっているので、こちらからWeb クリッパーを入れ直しました↑ Appleの説明だと、機能拡張の自動更新は同ページで配布されているものに限られるそうなので。
画像

無事にSafari 10.0.3でEvernote Web クリッパー 6.11が動作するようになりました↑ た、助かった〜。

いやしかしですねぇ、苦しすぎる言い訳を申しますと、同じ不具合に悩む声がフォーラムなどで複数あったのですよ。ただ、その声が大きくなる気配もなく、ひょっとすると個々の環境に起因するものかとようやく気付いた次第。そもそもプレミアム会員なら手厚いと評判のサポートを受けろよと……ま、これを教訓に次回からそうしますデス、ハイ。




関連記事 関連記事:

ばかやろう。Evernoteの有料プランが値上げ + 無料プランの同期端末数が2台限定に。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/06/30)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


改めて有線トラボ「TrackMan ホイール」を紹介。トラックボールにおけるワイヤレスの必要性など。

2017/03/16 11:16
ジャンク品を修理したロジクールの有線トラックボール「TrackMan ホイール」、その全貌をお見せしないのもアレなんで、ご紹介しておきます。その前に、修理記録のまとめをば。

有線トラボのジャンク「TrackMan ホイール」を入手。マイクロスイッチ修理に挑む、その1。(2017/03/10)

有線トラボ「TrackMan ホイール」のマイクロスイッチ修理に挑む、その2。効果はあったが……。(2017/03/11)

「TrackMan ホイール」マイクロスイッチ修理、その3。別のスイッチの板と交換、ホイールも完治。(2017/03/12)

名称について、裏のシールには「T-BB18」と記されており、ロジクールのサイトで検索するとTrackMan ホイールがヒットします。ST-65UPiないしはマイナーチェンジ(というか名称変更のみ?)後のTM-250と思われます。

*****

昨年トビがトラックボールデビューを果たした際の同社M570tは、本機の子孫となります。
画像

よって、スタイルやサイズがほぼ同じ↑ 当時、CT-64UPiという黎明期の巨大レシーバを要するワイヤレス版がいちおう存在したようなので、そちらが直系の子孫といえますね。
画像

エッジの立った稜線が特徴的↑ 第4・5ボタンの無いぶん不便ですけれど、パームレストを設けてこれらに指がしっかり届くような工夫は要りません。

本機の入手で得た収穫のひとつに、トラックボールにおけるワイヤレスの必要性が挙げられます。結論を述べると「ワイヤレスに越したことはない」……当たり前すぎて恐縮です。ま、少なくとも私の使う範囲でワイヤレスであることのデメリットは皆無。一方で、本体を持ち上げて使うマウスと比べれば「絶対にワイヤレスじゃなきゃヤダ」とも思えません。ですから、有線とワイヤレスの両方がリリースされているモデルを買う場合は、ケチらずワイヤレスを選びたいですね。




ExpertMouse 7を買うならこっち。

禁断の入力デバイス? 無線トラックボール「Logicool M570t」を使い始める。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/11/10)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


「TrackMan ホイール」マイクロスイッチ修理、その3。別のスイッチの板と交換、ホイールも完治。

2017/03/12 15:35
前回の記事を書いてから、Mac miniでボタンの調子をうかがっていたTrackMan ホイール。わりと普通に使えるので繋ぎっぱなしのまま1日が経ってしまいました。これでは研究材料という本来の目的から逸脱するため、重い腰を上げて(オイっ)再調整を試みます。
画像

まず、左右ボタンのマイクロスイッチから燐青銅板を外して見比べました。左がピーキー状態で未解決の右ボタン用、右が正常になった左ボタン用↑ 明らかに、バネ部分の張り出し量が異なっていますねぇ。右ボタン用のほうが少ないですし、それ以外の細い部分が変形して平らではありません。雑な仕事ぶりに我ながら呆れます。
画像

丁寧に曲げを直していき、右とほぼ同じ状態に仕上げます↑

これを組み込んで右ボタンの押し心地をチェックすると、固さが増して過敏さが十分に抑えられました。しかし他のボタンと比べるとクリックの明瞭さは今一歩

さらに追い込みたいところですが、銅板を直接ピンセットで押してみたときの感覚からして、どうもこの板では埒が明かない気も……ひょっとすると新品時点での個体差があったのか、前オーナーの使いすぎとトビの微調整からくる金属疲労のムラが原因なのか、いずれにせよお手上げです。

というわけで、不本意ながらホイールクリック用マイクロスッチの板と入れ替えて本件はひとまず完了としましたヨ。幸い、ホイールのクリック感が多少悪くてもあまり気にはなりません。

*****

そうそう、ホイールの回転にも違和感があったのでした。本来「コトコトコト……」と軽やかにクリックを刻むところが、頻繁に「コトコトコトガクガクガク……」ってな具合の異常振動が発生します。断るまでもなく、ホイールを回したときの「クリック感」の話であってホイールを押し込む「ホイールクリック(センタークリック)」じゃないですよ。まぁ、ややこしいですけれどっ。
画像

こちらの原因はバッチリ判明。最初にパーツを洗浄してからホイールユニットの上下動を支えるレール部にグリスを塗り直したものの、量が少なくてガタが生じていたようです。たっぷり塗り込んでやると、ホイール自体がソリッドに固定された感触となって回転クリックの共振も綺麗に消えてくれました↑

ちなみに、ホイールに向かってくねくねと伸びているバネを外せばクリック感そのものを無くせます。

*****

以上、他のスイッチとのパーツ交換ができるのは本機ならではであって、ホイールクリックにタクトスイッチが用いられているM570t単体では左右ボタンの入れ替えしかできず現実的ではありません。ただ、同品番のスイッチが採用されていてクリック感のしっかりしたマウスのジャンク品から摘出する手立てはありますね。


オムロン OMRON マイクロスイッチ 5個セット D2F-01F
OMRON(オムロン)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オムロン OMRON マイクロスイッチ 5個セット D2F-01F の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


新品のマイクロスイッチを買って、中の青銅板だけ移植するのもアリといえばアリですけれど、さすがにスイッチごと交換しないともったいないでしょう。

関連記事 関連記事:

改めて有線トラボ「TrackMan ホイール」を紹介。トラックボールにおけるワイヤレスの必要性など。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/03/16)

有線トラボ「TrackMan ホイール」のマイクロスイッチ修理に挑む、その2。効果はあったが……。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/03/11)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4


有線トラボ「TrackMan ホイール」のマイクロスイッチ修理に挑む、その2。効果はあったが……。

2017/03/11 12:47
昨日の続きです。オムロンのマイクロスッチをバラして、機能回復を図りますヨ。
画像

ご覧のようにスイッチが3つ↑左が右ボタン用右の縦配置がホイールボタン用横配置が左ボタン用です。ホイールクリックにこのタイプのスイッチを用いるのは贅沢なのかどうかわかりませんが、押し心地が良くて好ましいですね。今回は問題がある左右ボタンのマイクロスイッチを修理します。
画像

ツメで止まっているカバーを外すだけで全容が現れます↑ この薄い燐青銅板1枚を調整すればどうにかなる……はず。なお、こちらは左ボタン用。
画像

外して裏返すと、接点に別の金属が使われています↑ これを含め、スイッチ本体との接点箇所を軽く研磨して酸化皮膜を落とし、接点復活剤を塗布する作業をひたすら行うのみ。また、スプリングの役割を果たす湾曲部をほんの少し持ち上げて、テンションを高めてやります。
画像

本体側接点も同様に↑
画像

右ボタン用は本体側接点が妙に劣化しています↑ 症状の重さはこれに起因すると思われるものの、なぜこうなったのか謎ですね。

*****

さて、元どおり組み上げて動作チェックした結果、

1. 左ボタンは反応・感触とも完璧。

2. 右ボタンは正常に反応するもやたらピーキーに。

3. 気づかなかったがホイールの回転に問題発覚。


作業そのものは効果があったと思います……左は大成功ですからっ。問題は右ボタン。実のところトップカバーをはめる前段階で、スイッチの白いボタンを直接押したときの感触が他の2つと異なり、明確なクリック感が少し弱かったんですね。湾曲部の持ち上げ量は一度調整し直したのですが、もっと詰める必要がありそう。始めに構造をチェックした時点で「こいつは簡単だネ!」との慢心が甘い作業に繋がったことは否めません。いかんねーいかんねー。

ホイール回転の違和感に気づかなかったのもうかつでした。再度バラして原因を探ります。ヒゲバネを受ける土台の一部に欠損が見られましたが、たぶんそれ以外に起因する予感……。


LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t
ロジクール
2013-08-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


基本的な使用感はM570tとそっくりです。第4・5ボタンがない代わりにホイールクリックが非常に軽くて、これならタブブラウズなどで積極的に使いたいと思わせる出来。

関連記事 関連記事:

「TrackMan ホイール」マイクロスイッチ修理、その3。別のスイッチの板と交換、ホイールも完治。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/03/12)

有線トラボのジャンク「TrackMan ホイール」を入手。マイクロスイッチ修理に挑む、その1。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/03/10)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2


有線トラボのジャンク「TrackMan ホイール」を入手。マイクロスイッチ修理に挑む、その1。

2017/03/10 15:18
久しぶりのジャンク修理ネタです。ロジクールの有線親指トラックボールとして人気を博した「TrackMan ホイール」が例によって二束三文で転がっていました。形状がM570tと完全にかぶるため、そのまま使うというよりもボタン用マイクロスイッチの修理可能性をチェックしたり、ボールの予備を確保することが目的ですね。
画像

さっそく完全分解して外装を徹底洗浄。こういう作業をしていると自分が無頓着なのか潔癖なのか訳がわからなくなります。乾燥後に仮組みして動作チェックをしたところ、左右ボタンの反応が著しく鈍いことが発覚↑ ボールの回転はさほど悪くないものの、さすがに自分のM570tよりもゴリゴリします。

マイクロスイッチの修理にもってこいの個体といえますが、クリックが効いたり効かなかったりドラッグ中に落としてしまったりと、クリックがダブルクリックになるロジクールの典型的な症状を通り越した重度のチャタリングと思しき症状。外装の塗装ハゲもなく使用時間が短そうとの予想が見事に外れましたよ。しかも右ボタンのほうが重症という……これ、直るんでしょうか?
画像

使われているスイッチは各所の修理記事でおなじみのオムロン製↑ 新品のスイッチに換装することで根本的な解決を図る方が多く、全くもってご苦労様と感心しちゃいます。トビはそこまでせずに、スイッチをバラす範囲で可能な方法を取るつもりです。うまくいけば将来的にM570tなどへ応用できるのですが……はてさて。


オムロン OMRON マイクロスイッチ 5個セット D2F-01F
OMRON(オムロン)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オムロン OMRON マイクロスイッチ 5個セット D2F-01F の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


さすがAmazon……死角なし。

関連記事 関連記事:

有線トラボ「TrackMan ホイール」のマイクロスイッチ修理に挑む、その2。効果はあったが……。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/03/11)

Logicool M570tを使って3ヶ月あまり。トラックボールのメリット・デメリットを列挙。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/03/02)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0


X60とポータブックで挙動が違う。Windows 10のストアとストアアプリ。

2017/03/09 11:49
Windowsストアやストアアプリに関してはまださっぱり理解していないトビフシコです。最近ようやく、パッケージ版Windows 10を入れたThinkPad X60と、プリインストールのポータブックXMC10で挙動が異なることに気づきました。なお、両者ともWindows 10 HomeのRS1です。

きっかけは、つい最近Netflixのストアアプリがスタートメニューに追加されたこと。Windows 10でアプリが勝手にインストールされるのは、是非はともかくとしてもう慣れましたが、なぜかポータブックには追加されないのですよ。
画像

なにが違うのかストアの設定を見直しても不明。ただ気になる情報として、Windowsのセットアップ直後(厳密には「直後」に限らないかも)にプリインストールされていたストアアプリは、「アプリを自動的に更新」をオンにしておくと復活する場合があるらしいのです、なんじゃそれ。

たしかに両マシンとも「アプリを自動的に更新」をオンにしていますし、セットアップ直後のX60にNetflixが入っていた可能性はあります。となると、ポータブックにはNetflixが入っていなかったことに……いかんせん早い段階で不要なアプリを片っ端から削除するクセが染み付いており、初期状態を思い出せません。しかし、パッケージ版Windows 10が最小構成であると長年思い込んできた手前、にわかには信じがたい状況です。

ストアの「マイ ライブラリ」を見る限りでは、Netflixをはじめプリインストールアプリで削除済みのものが表示されず、このへんの仕様も意味がわかりません。

いずれにせよ、アンインストールしたアプリを自動更新時に復活させることだけはどうかよしてくださいまし……。




Windowsの標準アプリが恐ろしく頻繁に更新されるため、アプリの自動更新はオフにしづらいところ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ショック……「Bento for iOS」は32bit Appだった。乗り換え先が見つからない。

2017/03/07 20:41
今日、Mac版のBento 4で新たにライブラリを作成し、140以上のレコードを放り込んだトビフシコです。えぇ、作っている途中で気づきましたよ。
画像

データベースを同期している「Bento for iOS」が思いっきり32bit Appじゃん、と↑

わかっております。開発終了後も、動作するからといって新たなデータをどんどん追加した私が全くもって悪いのです。Bentoの最後の記事は2014年12月のこれですか、軽く2年は経っていますネっ。それにしてもMac版より前にiOS版が引導を渡されるとは。

乗り換え先の候補として有力だったTap Forms(Mac App Store)は、バージョン5でMac・iOSとも別アプリとしてリリースされ、今では合計8,000円となかなかの大物に。目をつけている新進気鋭のRecords(同)は、安価な上にインターフェースもBentoと似て使いやすそうですが、肝心のiOS版がありません。長期間利用するデータを預けるにあたっての継続性を考慮すれば、泣く子も黙るFileMaker Proに行き着くものの、個人ユースのあらゆる点でオーバースペック。なにより直販価格が2ポータブックですよ(ポータブックを通貨単位にするな!)。アップグレード版さえ1ポータブックで、そもそも所有するFileMaker Pro 6などとっくの昔にアップグレード対象外ですからっ、残念。

わりと真剣に、iPhone 5を32bit App専用機にしようかと考えたりもしていますが……厳しいなぁ。


FileMaker Pro 15 Single User License
ファイルメーカー
2016-05-11

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FileMaker Pro 15 Single User License の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


使いやすいのにパワフルなのはよくわかっておりますとも。

関連記事 関連記事:

次期iOSで切り捨てられるかもしれない32bit Appを効率よく見つけ出す方法が、わからない……。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/02/27)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


「USB-Cが数ポートだけ」時代の Mac mini はどーなる?

2017/03/05 14:04
未だに現行機種となっているトビのMac mini(Late 2014)。精神衛生上はたいへんよろしいものの、そろそろ新型が登場したって心にゆとりを持って受け入れられますよ。

新型ポータブルMacの外部ポートが、ことごとくThunderbolt 3対応USB Type-C(USB-C)ポートのみに集約されました。当然ながらデスクトップ機にも波及するはずで、そうなるとMac miniの今後には期待と不安が膨らみます。

そりゃ個人的には、今のポート類を維持したまま最新アーキテクチャにアップデートされるのを望むところです。しかし、その時点でiMacがUSB-Cオンリーへモデルチェンジを済ませていた場合、Mac miniの存在が今以上に注目されるというAppleにとって都合の悪い状況となることは十分考えられます。
画像

現在のラインナップを見渡しても、Mac Proに次ぐ外部ポート数、最もアクセス・換装しやすい2.5インチSATAストレージ採用、それでいて最廉価クラスの立ち位置はすでに浮き始めていますからね。

一方、Mac miniがフルモデルチェンジするとなれば、だいぶ前から述べてきたごとくスティックPC並みの小型化と割り切った仕様へ変貌する可能性もありうるんじゃないかと。特にUSB-Cが登場した今、これを2ポートだけ搭載し、CPUもMacBook RetinaがCore M系を積んで早2世代ですから同系統を採用し、本当にApple TVに迫るサイズへ凝縮することもできそうな気がします。それはそれで面白い製品となりそうですけれど、今のMac miniの後継とするには色々な点で厳しいですねぇ。

ま、最悪のシナリオは……このままフェードアウト。バカ売れはしなくとも細々と売れ続けているマシンだと思います。しかし、他のMacの売れ行きに影響するとなれば容赦なく切り捨てられるでしょう。むしろ現在までよく生き残ってきたと感心すべきかもしれません、えぇ。


APPLE Mac mini (2.6GHz Dual Core i5/8GB/1TB/Intel Iris) MGEN2J/A
アップル
2014-10-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by APPLE Mac mini (2.6GHz Dual Core i5/8GB/1TB/Intel Iris) MGEN2J/A の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


いちおう断っておきますが、ストレージの換装は保証対象外となります。

関連記事 関連記事:

Mac mini(Late 2014)購入から2年経ってもスペック十分。高い外部拡張性はいつまで…。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/10/25)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Logicool M570tを使って3ヶ月あまり。トラックボールのメリット・デメリットを列挙。

2017/03/02 12:48
トビの初トラックボールとなるロジクール M570tを使い始めて3ヶ月以上が経ちました。ここらでトラックボールのメリット・デメリットをまとめておきますね。あくまで初期段階の感想の記録と捉えていただければ幸いです。また、M570t特有の事柄とトラックボール全般の事柄がごちゃ混ぜになっている点もご了承くださいませ。

まずはメリットから。

・ポインティングデバイスとして普通に使える。
・ボールを転がすのが楽しい。
・マウス由来と思しき肩こりが減った。
・親指への負荷が気にならない。
・マウスパッドを敷かなくてもいい。
・設置場所の細かな移動が楽チン。


次にデメリット。

・支持球やボールの定期的なメンテナンスが必要。
・パームレスト必須。
・省スペース化にはさほど貢献しない。
・製品の選択肢が極端に限られる。
・ボタンが少なく今となっては低機能。


*****

メリットの肩こり減少については、眉唾ものと思われても仕方ありません。実際問題、生来肩のこる作業を好むタチゆえ、マウスの肩こり分が減ってもわかりにくいのですが、肩甲骨付近の強張りが明らかに減りました。といいますか、従来右肩に酷かったこりが左右均等となった変化を実感できるんですね。

また、マウスパッドを引きずらずに入力デイバイスの位置が細かく変えられる点も、体への負担軽減に効いている気がします。逆にいえば、細かく移動させる一定のスペースを確保しているということで、パームレスト付きの大きなボディと相まって机上の省スペース化にはあまり寄与しない結果となっているわけです。

根本的なボタン数の少なさから、サードパーティ製ドライバを駆使したところでApple製トラックパッドやMagic Mouse相当の多機能は到底望めない話です。むろん大きなデメリットですけれど、人間の慣れとは恐ろしいもんで……不便も3ヶ月続けるとこんなもんかと思えます、オイオイオイ。まぁ半分冗談ながら、多機能のためにMagic Mouseへ戻ろうとはつゆほども考えませんね。唯一、左右スクロールするためのチルトホイールに未練が残る次第。

*****

総じて大満足です。率直なところ、今ごろになってその良さに気づいたことが何より悔やまれます。折しも今年は、我が家初のパソコンがやって来てちょうど20年ですからねぇ。こうなるとケンジントンの大型トラックボールも試さずにはいられません。やはり私には禁断の入力デバイスだったようで……。




Expert Mouse 7にしろSlimBlade Trackballにしろ、ケンジントンの大型機は手首をそらす形になると思うので、おそらくM570tよりも体への負担は増えそうです。それでも行き着く先のロマン、ですねっ。

関連記事 関連記事:

有線トラボのジャンク「TrackMan ホイール」を入手。マイクロスイッチ修理に挑む、その1。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/03/10)

禁断の入力デバイス? 無線トラックボール「Logicool M570t」を使い始める。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/11/10)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


<<  2017年3月のブログ記事

トップへ

パワーリンゴ 2017年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる