パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS ポータブックのキーボードは奥行きの狭さが功を奏する一方で、バタつきなども。

<<   作成日時 : 2017/01/31 12:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

おもしろガジェットとしてポータブック XMC10を楽しんでいるトビフシコです。それより某ソフトをインストールして、あーでもないこーでもないと四苦八苦している最中です。
画像

目玉のスライドアーク キーボードについてはレビューも出尽くした感がありますし、個人的なフィーリングのみを追うことにしませう。
画像

そもそも私はポメラDM100のキーボードが気に入っております。キーピッチや配列が同等のポータブックもしかり↑

剛性が低く打鍵感も月並みなDM100の一体どこが……というと他でもなく、奥行き(縦)方向のキーピッチの狭さが私の小さな手にジャストフィットしちゃったのです、ハイ。

加えて、左右のピッチもフルサイズと呼ばれる19mmより少し小さいことが功を奏した模様。おかげでキーボード面の全てに指が無理なく届き、かつ左右には余裕があるためミスタイプが少なく、個人的にたいへん打ちやすい逸品となった次第です。

あらためて縦横ともに極小ピッチのキーボードを積んだPowerBook 2400cと比べれば、縦は詰めても横をキープするキングジムの設計が理にかなったものだと痛感しますね。

*****

とまぁ、上記のとおり極私的メリットを除くと……やはり欠点もそれなりに見えてきます。こちらも既存レビューには少ないポイントをピックアップ。
画像

個体差でしょうが、私のものはキーボード連結部の上、F6・F7キー付近がボディより少し浮いていて、打鍵するとバタバタやかましいです↑ 元来剛性の低い筐体に大きく動くギミックを組み込めば、ある程度の個体差が生じるのも致し方ありません。また、今は遊びがなくカッチリ決まっている個体でも、使い続けるうちにガタの生じる時期はそう遠くないかなぁ、という気がします。
画像

日常的に利用しないと気づきにくい点として、キーボードを展開したまま本体を持ち上げる際は一瞬でも気を使います。いかんせんキーボードの左右張り出し分が素晴らしい取っ手に見えるんですヨっ↑ さすがに一度でお釈迦にはならないでしょうけれど、ここを掴むのはやめておくべきです。

キーボードの位置が机面から高いことは各所で述べられているとおりで、実のところDM100と同じ打鍵感を期待すると火傷します(しました)。そこで筐体後部を15mm程上げて極端な前傾姿勢にしてみたら、実に具合がいいのを発見。開閉角度の小さい内蔵ディスプレイが余計に立ってしまうといった副作用が少なからずあるものの、15mmのかさ上げにとっておきのアイテムが利用できるのではないかと取らぬ狸の皮算用をしてみたり……でも、理にはかなっている……ぞよ。


キングジム ポータブック クロ XMC10
キングジム
2016-02-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キングジム ポータブック クロ XMC10 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


むろん、縦方向のキーピッチが狭すぎると感じる方もいらっしゃるでしょう。
関連記事 関連記事:

ポータブックの液晶ディスプレイはギラつきが不愉快。ノングレア処理がマズいのか。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/02/05)

ポータブックにDropboxをインストール。選択型同期で必要最低限のファイルに絞る。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/01/20)

なぜか連想してしまう……ポータブックとPowerBook 2400cを比較。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/01/10)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ポータブックにDropboxをインストール。選択型同期で必要最低限のファイルに絞る。
起動時にかなりのマシンパワーを要することと、ローカルディスクを圧迫することから、ポータブックにDropboxを入れるのを躊躇っていたトビフシコです。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2017/01/31 12:48
なぜか連想してしまう……ポータブックとPowerBook 2400cを比較。
さて、『ポータブックのフットプリントはMacBook Airの半分、厚みはThinkPad X60と瓜二つ。』にてほのめかした、トビが連想してしまうアレとの比較を写真中心でお届けしませう。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2017/01/31 12:48
ポータブックの液晶ディスプレイはギラつきが不愉快。ノングレア処理がマズいのか。
いただいたコメントの返事にて少し述べたポータブックの液晶ディスプレイ。本機のダークサイドを語り始めたらキリがなく……すでによそ様でたくさん挙がっていることですし。ただ、ディスプレイに関しては簡単にでも触れておくべきでしょう。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2017/02/05 17:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お初にお目にかかります。
ポータブックのレビュー楽しみに拝見しております。

私もポメラDM100ユーザーです。
同じあのキーピッチと感じなんですね(流石にキングジムさん!って感じです。)
小生も、手頃になってからAmazonぽちりそうでしたが、一つ躊躇する点が…
そう各位レビューでも挙げられてる「キーボード印字の薄さ」なんです。(薄暗い環境下では見ずらいのでは?)
そのあたり どうでしょう?
@ユーザー
2017/01/31 18:15
@ユーザーさんいらっしゃいませ。レビューをご覧いただきどうもありがとうございます。相変わらずテケトーな調子の記事で恐縮です。

キーピッチは、厳密に言いますと縦方向が全く同じで横方向がDM100よりわずかに広いですね。また、キートップのサイズが少し小さいですが、すぐに慣れる範囲だと思います。

キーボードの印字は本当に……薄いです、ナハハハ。私は視力がよくないので、薄暗いところだとファンクションキー辺りに何が書かれているのか見えないくらい。ゆえに、高級キーボードの無刻印モデルよりは親切ですが、タッチタイピングできることが前提の仕様と考えたほうがよさそうですね。

なお、F・Jキーにポッチがあり、G・Hキーの間にフィンガーマウスが目立っているのでホームポジションに迷うことはありません。

ところで、私のレビューで取り上げるかどうか考え中ですが、内蔵ディスプレイの品質は残念ながら絶望的なレベルと言わざるを得ません。ですから普段は外付けディスプレイに出力しております。色やコントラストは別にしても、ギラつきがもう……どうやら、ドットピッチに対するノングレア処理が適切でない感じです。ちょうど、RetinaディスプレイのiPhoneに低品質のノングレア液晶保護フィルムを貼った状態といえばわかりやすいでしょうか。ともあれ、厄介です。
トビ
2017/01/31 19:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポータブックのキーボードは奥行きの狭さが功を奏する一方で、バタつきなども。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる