パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「GW-450D KATANA」のドライバとmacOS SierraのFinderがコンフリクト?

<<   作成日時 : 2016/11/07 20:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

macOS Sierraで「GW-450D KATANA」が動作しない時の対処。ドライバを手動で。』の記事で大切なことを書き忘れていました。

Planex純正やその元と思われるMediaTek製のドライバをインストールすると、Finderウインドウを開こうとしてもすぐに閉じてFinderが再起動する不具合に見舞われました。

まず、ドライバのインストールとはインストーラを実行することでして、前の記事で書いたように肝心の「RT2870USBWirelessDriver.kext」は入りません。すなわち、このカーネルエクステンションが問題の引き金になっているとは考えられないですね。それ以外をインストーラpkgの中身から探ってみると、「アプリケーション/Planex Wireless Utility」フォルダと「/ライブラリ/Frameworks/RaWLAPI.framework」が見つかりました。なんとなく後者が臭いますかそーですか。

次に、Finderが再起動するのは、Finder環境設定の新規Finderウインドウで表示する場所が「マイファイル」となっている場合に限られるようで、デスクトップなど他の場所に変更すると再現されることなく普通に開くことができます。しかも一度ウインドウが開けば、サイドバーから「マイファイル」を辿ってもFinderが落ちることなく開けちゃうんですヨ。

ですから、回避する方法はとても簡単。まぁ……再現性と回避法を見つけるのにえらく手間取りました。ただし本件についてはトビの環境に限るかもしれません。もし同じ事例で困っている方がいれば参考になると幸いです。




関連記事 関連記事:

無線LAN子機「GW-450D KATANA」のmacOS Sierra対応版が公開されていた。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/02/12)

macOS Sierraで「GW-450D KATANA」が動作しない時の対処。ドライバを手動で。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/11/06)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
macOS Sierraで「GW-450D KATANA」が動作しない時の対処。ドライバを手動で。
えー、Planexの無線LAN子機「GW-450D KATANA」が動かなくてドツボにはまっていたトビです。いきなり対処法を簡潔に述べますと、 ...続きを見る
パワーリンゴ
2016/11/07 20:55
無線LAN子機「GW-450D KATANA」のmacOS Sierra対応版が公開されていた。
無理やり手動でインストールしてからさほど不都合もなく使ってきたPlanexの無線LAN子機「GW-450D KATANA」。今日になってふと思い出し、macOS Sierra 10.12対応ドライバが配布されていないかPlanexのサイトを確認したところ、 ...続きを見る
パワーリンゴ
2017/02/12 19:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
サイドバーにネットワークフォルダとか表示するのにネットワークを見に行くはずなのでネットワークドライバに非互換があると落ちますね>新規ファインダーウィンドウ
ねもねも
2016/11/08 10:54
ねもねもさんこんにちは。

おっと、そんな現象がありますか。私の場合、サイドバーに共有などが日常的に現れるものの、最初に「マイファイル」を開かない限りは問題ないですねぇ。

「マイファイル」の何が引っかかっているのか……謎です。
トビ
2016/11/08 18:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
「GW-450D KATANA」のドライバとmacOS SierraのFinderがコンフリクト? パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる