パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS 30年近く50Hz駆動・・・いずれにせよ老朽化著しいデスクライトを引退させる。

<<   作成日時 : 2015/12/26 20:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

外付けHDDの不正な取り出しやら勝手にスリープ解除やらがデスクライト(卓上スタンド)をオンオフするタイミングで頻発することを受けて・・・だけでなく、蛍光灯を交換してもちらつきが現れるため、グロー球(点灯管)を交換しようと裏返したのですよ。

グロー球の横に50Hz、60Hzとモールドされたプラスチックカバーがあるじゃないですかっ。むろん、一度として開けたことはございません。ちなみにトビが住むのは、どう言い訳したところで紛うことなき60Hz地域。

画像

パカっ。なんということでしょう↑ 大きなスイッチが現れたではありませんか。これは変更後の写真ですが、今の今まで50Hzで使用してきたわけなのです。たしか小学校の入学祝いに買ってもらった机の付属品ですから、30年近く経つことに。朽ちかけながらも、まだ判読可能な「切換スイッチ」説明シールが、不甲斐ない持ち主の気づきをずっと待ち続けていたんですネっ。

で、スイッチを正しく60Hzに切り替えてグロー球も新品に交換し、再び使い始めたのですけれど、やはり点灯後30分ほどでちらつきが出てしまいます。ま、長年(設定を間違ったまま)頑張ってくれたことだし、これと連動してMacや周辺機器が誤動作するのも気持ち悪いので、ひとまず使用を中止。ベッドサイドのデスクライトにリリーフ登板してもらっている次第です。

さすがに50Hz駆動が珍現象の源とは思えないものの、ライトの老朽化によるノイズ発生の増大など、考えられそうな因果は少なくないでしょう。なお、リリーフのデスクライトもFPLから始まるコンパクト型ながら蛍光灯を使うタイプで、電源も全く同じ口から取っています。ただし、本体形状の関係から机上の配置が大幅に変わりました。さぁてどーなる?


パナソニック LEDデスクスタンド クランプタイプ シルバー SQ-LC522-S
パナソニック(Panasonic)
2014-06-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パナソニック LEDデスクスタンド クランプタイプ シルバー SQ-LC522-S の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


使ってきたライトはわりと大柄ながら、19インチワイドディスプレイ+αをぎりぎり乗り越える高さしかありませんでした。簡素なクリップタイプの小さい製品じゃなくて、VESAマウントの一部を利用するくらいしっかり固定できる液晶ディスプレイ対応の大型LEDライトがあるといいんですがねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
19インチWXGA+の画素ピッチを維持したフルHDディスプレイの対角サイズは・・・。
本気でディスプレイの買い替えを検討すべき時期かもなぁ、とぼんやり考えているトビフシコです。今使っている壊れかけのRDT193WMはWXGA+すなわち1440 × 900ピクセルの19インチ。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2016/01/25 12:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
あ、何たるチアになっていたんですね。
安定器周りのオイルコンデンサのPCB使用チェックは下を参照なさると良いでしょう。
http://www.jlma.or.jp/shisetsu_renew/anzen/anzen6-1.html

スリープが解除されるのは蛍光灯ランプをON/OFFする時ですか?
それともちらつきが始まる時ですか? 岡山転勤時代、CDプレーヤーを聞いていたら近所でものすごい雷がなった(近所に落雷した?)時、プレーヤーが止まりました😅
壊れませんでしたが、ちょっと驚きましたよ。パルス性のノイズが電源ラインから入っているような気がしますが。
shigechan
2015/12/27 10:10
30年過ぎだと通常使用でも安定器の寿命ですね
長年50/60Hz間違えて使っていても、火事や漏液にならなかったのは奇跡かもしれません
ねもねも
2015/12/27 16:10
shigechanさん、ねもねもさんこんにちは。

いやはや、我ながら呆れます。モノは80年代半ばですので、PCBの使用はないと思います。というか、そんな古い機器にはそんな厄介な問題もあるんですねぇ。

スリープ解除は圧倒的に蛍光灯オンのタイミングが多かったですね。現在臨時で使っているライトでは、今のところ発生していません。

ただ、未だに全く何もしていない時にスリープ解除されることがあります。そういう場合はディスプレイが点灯せず(信号が行っていない)、しばらくするとまたスリープに入るため、何らかのソフトがタイマー動作しているような気もします。
トビ
2015/12/27 20:28
今晩は。

PowerMac G4MDDを使っていた時に、同じような現象がありましたよ。ま、古すぎる話で参考にもなりませんが😅
スリープ中に突然ファンが回りだし、なんで目覚めるんだよと思って見ているとファンが止まって眠りだすという現象でした。

時は流れ😃、パソコン回りの電源ケーブルは全部オーディオグレードの3Pケーブルを使い、延長タップも金属筐体、壁コンセントも3P型でちゃんとブレーカーまでアースラインが繋がっています。
まあオーディオグレードは関係ないですけど、一応ノイズを拾いにくいようになっているかもしれません。
ノイズ対策品としては、ACエナコム、ノイズハーヴェスターやAITECΛ5.35なども使っていますが、音質的な効果を感じたのはAITECΛ5.35だけです。

そういえば壁コンセントも10年使えば交換だみたいな話が出ていましたよ。話が広がる一方ですが(汗)、良い機会と思って電気屋さんに点検してもらってはいかがでしょう。
shigechan
2015/12/28 00:01
shigechanさんどうもです。

電源からくるノイズは、うちの場合、今のところちょっと手を出しづらい状況です。ただ、こういう時にオーディオグレードが役に立つというのはもっともだなぁと感心しきり、ナハハハ。

で、夜中のスリープ解除に関して、システムログを見たところ、どうやらAirMac絡みのようなのです。具体的に何なのかはまだ調べていませんけれど、日中のデスクライト連動とは別問題・・・ってな振り出しに戻る可能性も出てきました、オヨヨヨ。

ログではきっちり2時間周期で発生していて、DHCPやWPA鍵の更新時にトラブっているのかもしれません。いずれにせよネットワークも絡むとなると泥沼化は必至ですので、今年の捜索は打ち切りにしたいと思います。いや、別に誰かが遭難しているわけでもありませんが、ナハハ。

本件には、ずっとお付き合いいただきましてどうもありがとうございますっ。
トビ
2015/12/28 11:19
2時間ごとに勝手にSleep復帰だとこれで治るかも
https://comunix.info/fix-os-x-10-11-el-capitan-2-hour-wakeup-issue/
ねもねも
2015/12/29 10:06
ねもねもさんどうもです。

私も最初に「reason」が「RTC」の件を見つけたのですが、どうもこれとは違って、AirMac ExtremeからBSSIDが変更された旨がWi-Fiモジュールに伝えられることがきっかけのようです。その後一度Link Downして、いろいろあってからLink Upして終了(おそらく再びスリープ開始)といった具合ですね。

年明けに、ログをもっと調べてみるつもりですが、報告されている同じような問題を見る限りでは決定的な解決には至っていないものが多い感じです。
トビ
2015/12/29 15:30
お早うございます。

バルミューダのAirlineが最高532mmまで上がりますけど、値段もめちゃ高いです。
http://www.balmuda.com/jp/airline/specs
shigechan
2016/01/06 07:34
shigechanさんこんにちは。

ば、ばば、バルミューダ・・・高級デスクライトを色々作っていましたよねぇ〜。とても買えませんけれど、デザインには惹かれます、ハイ。

現実的なところで、Amazonアソシエイトに貼ったパナソニック製かなぁと思いつつ・・・それでも踏ん切りがつきません。ま、ピンチヒッターがそこそこ頑張ってくれているので、もう少し考えてみます、ナハハハ。
トビ
2016/01/06 14:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
30年近く50Hz駆動・・・いずれにせよ老朽化著しいデスクライトを引退させる。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる