パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS Mac mini Late 2014をFusion Drive化。安価なSSDとケースを入手。

<<   作成日時 : 2015/05/27 10:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

とうとう我慢の限界に達したトビフシコです。先達てお伝えしたVHSテープデジタル化の折に、SSD換装を施している家族のMacBook Pro(Mid 2009)をがっつり使うことになったわけですが・・・やっぱり速いんです。よって、予定を前倒しして、外付けSSDによるFusion Drive構築を実施することを決意。折しもAmazonにて、SanDisk製の安いSSD(Amazon)が販売されているじゃないですかっ。コレを見つけたから思い立ったなどと・・・そんな本末転倒なはずがあ、ああ、ありません。

画像

入手したのは、上のリンクの「UltraPlus 128GB」と、Inateck製USB 3.0対応の2.5インチ用ケース(同じ)↑ 総額8,000円ちょいにヤラレましたね。

画像

安価な製品ゆえ、どちらも質素な作り↑ プラ筐体のSSDはともかく、ケースのケーブル周りはいただけません。ケース側もスタンダードA端子を採用しているため、両端子がスタンダードAのケーブルしか使えないのです。

画像

一方で、売りとなっている工具不要の簡単脱着は看板に偽りなし↑ 上蓋はスライドさせるだけで開き、SATAコネクタへの差し込みもスムース。固定は上からスポンジを押し当てるのみですが、2.5インチドライブなら十分でしょう。7mm厚用のスペーサーも同梱されています(SSD付属の枠型スペーサーはこのケースだと無意味)。

画像

耐衝撃を考慮してか、ドライブとの空隙が多めで一回り大きくボテっとしたフォルムが好き嫌いを呼びそうです↑ 私のように机上の奥へ放っておくぶんにはどーでもいい要素ですが。

*****

当初は、Fusion Drive用のハードウェアをケチらない方針で進める予定でした。ところが、Mac miniを半年使ってきて「起動ディスクを高速化しても劇的な体感速度向上に恵まれないかも・・・」との疑惑が膨らんできたのですヨ。これについては今後述べていくことになると思います。ですから今回は、テスト的な導入の意味合いが強いですね。




SSDの性能はメーカーより価格に比例すると思うので、手放しでオススメはしません。よく売れているらしいTranscend製のほうが優れているかもしれません。ただ・・・個人的な過去の経緯から後者はご遠慮申し上げたい次第でございますことよ。

関連記事 関連記事:

Mac mini Late 2014をFusion Drive化。予想以上に快適で費用対効果は抜群。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/05/28)

「Mac mini(Late 2014)」レビューその12。速くて遅い。ボトルネックのHDD。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2014/11/21)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「Mac mini(Late 2014)」レビューその12。速くて遅い。ボトルネックのHDD。
< OS X自体がフラッシュストレージへの最適化に向かうだろう = である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2015/05/27 10:50
Mac mini Late 2014をFusion Drive化。予想以上に快適で費用対効果は抜群。
前回に続きます。Fusion Driveの自作に関しては、すでにたくさんの情報がネットにあるので割愛します。トビは『SecondSolution Mac mini(Late2012)自作Fusion Drive化』を主に参考にさせていただきました。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2015/05/28 12:04
Mac mini(Late 2014)購入から1年。ポートの空きは2つを残すのみ。例の入れ替えは…。
トビ史上初のデスクトップMacたる Mac mini(Late 2014)を購入してからもう1年が経つんですねー。いや、正直なところまだ1年なんですね。ポータブルと違って日ごろ筐体が手に触れないため、新しいMacを買った実感に乏しいのです。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2015/10/28 21:02
現行Mac miniのあれこれ、その後。押さない、やはりダメSD、冷夏、弁当箱などなど。
1年のうちに空気のような存在へと昇華したトビのMac mini(Late 2014)。初期レビューで突っ込んだ点などを以下に振り返ってみます。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2015/11/01 11:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
SATA 128GB SSDだとmac mini本来のPCIe SSDの1/5位の速度しか出ないような
(256GB以上なら構造的に1/3程度になりますが)
ねもねも
2015/05/27 19:25
ねもねもさんどうもです。

容量によってSSDの速度が変わるのでしょうか? 現在Fusion Driveで使っていますが、はっきり体感できる速度向上がありますね。ま、個人的にコストパフォーマンスは十分だと思います。
トビ
2015/05/27 22:08
容量が256GBもしくは240GB以上の場合、一般的に内部構造がRAID0になっているため、128GBのおよそ倍のスピードで書き込む事が可能です。
あと一応そのSSDは読み込みが500MB/s出るのですが使っているケースが200GB/sまでしか対応できないので、多少面倒ですが内蔵をSSD、外付けをHDDにした方がより高速に動作できると思います。
ただしFusionDriveはバスの配置を変えるとフォーマットし直さないとダメだった気がするので、入れ替えるのは中身が少ないうちが得策でしょう
ねもねも
2015/05/28 09:32
ねもねもさんどうもです。

なるほど、メーカー問わず256GB以上ならストライピング構成が一般的なんですね。だからワンランク上の速度を出す製品が多いわけですか。

そうそう、おっしゃるようにMac miniの1年保証が切れたら、SSDとHDDを入れ替えたFusion Driveに作り直すか、大容量SSD一発で行くことを考えています。ただ、今回の速度向上が思いのほか高くて、結構満足しちゃっているという・・・うーむ。
トビ
2015/05/28 11:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
Mac mini Late 2014をFusion Drive化。安価なSSDとケースを入手。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる