パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨夏に溶けた「Lenovoマウス」のピーチスキンをIPAに漬け込んで取り除く。

<<   作成日時 : 2015/01/07 20:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 4

年始より化学実験に勤しんでおりました、なにやってんだか。2014年の夏、うっかりビニル袋に入れて保管していたLenovoのマウスが大変な事態に陥りまして、見事に表面のラバーコートというかピーチスキンがネッチョネチョに溶けてしまったのです。ゴムとビニルって絶対にやっちゃいけない組み合わせですよねー。

お気に入りだったので捨てられず、かといって指でも触れようもんならネチョネチョが転写される救いがたい状況のまま年末まで放置。なんとかならんかと頭をひねり、塗装はがしの要領なら溶けたピーチスキンをはがせるかも、と挑戦した次第。なお、往年の勇姿は上掲の過去記事でご覧あそばせ。

画像


用意したのはイソプロピルアルコール(IPA)・・・の代用として定番らしいガソリン車用水抜き剤

このIPAを密閉容器に満たし、バラしたマウスのガワを漬け込んで約6日間。途中、一度引き上げて歯ブラシでこする作業を入れます。

画像


結果、見事にネチョネチョというかピーチスキンそのものがはがれましたヨ↑ ただし、白っぽいムラが発生・・・。

画像


Lenovoロゴだけしっかり残っているのが不思議ですね。ムラの原因はよくわかりませんけれど、まだ僅かに塗膜も残っている状態かな? 当初の高級感が消し飛んだ上にムラムラのせいで、経理が長年使い込んだThinkCentreの安物ボロマウスとそっくりじゃないですか、オヨヨヨ。

むろんメカには全く影響せず、柔らかな肌触り以外は普通に使えるので、DOS/V機用マウス復帰と相成りました。いや、その肌触りが好きだったのにぃ・・・。念のため断っておきますが、真似をなさるならダメ元の自己責任でお願いしますネ。


レノボ・ジャパン ThinkPad USBレーザーマウス 57Y4635
Lenovo
2009-01-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レノボ・ジャパン ThinkPad USBレーザーマウス 57Y4635 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


これが後継機ですかね? 左右スクロールが付いてずいぶんお安くなったような・・・。そうそう、同じピーチスキンのThinkPadをビニル袋に入れて保管している方は、一刻も早く違う材質の袋に移すことをお勧めします。

関連記事 関連記事:

隠れた名機、Lenovoのマウス パワーリンゴ/ウェブリブログ(2009/11/17)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
隠れた名機、Lenovoのマウス
 Magic Mouseを購入したので、ワイヤレス Mighty MouseをThinkPad X60用に使おうとしたのですが、ペアリングがうまくいかずに今までのマウスを使っています。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2015/01/07 20:12
人にとっては些細なことでも…「ポメラ DM100」の天板の質感が違う。普通のマット塗装だよ。
調子に乗ってこの記事もポメなんとかで書きますよっ。改めてお伝えしますと、キングジムの「ポメラ DM100」を専用ケースとともに購入したトビフシコです。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2016/05/05 10:41
ポータブック用に入手した「ThinkPad Bluetoothレーザーマウス」の出来がよい。
光学式フィンガーマウスに敗北してBluetooth接続のマウスを使い始めたトビですが、このマウスの使い勝手がなかなかよいのでご紹介します。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2017/01/15 15:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
溶ける、といえば我が家のPB2400のディスプレイ上のゴムが溶け始めました...
取ろうにもとれず、作業時間も取れないので絶賛放置中ですが、トビさんの2400は大丈夫なのでしょうか...?
仙台小鉄
2015/01/08 18:26
仙台小鉄さんこんにちは。私のディスプレイのゴムはずっと前に溶け済みでして・・・

http://powerapple.at.webry.info/201111/article_6.html

にて、Sフックの先を利用した簡単工作を施しました。かなりいい感じですのでオススメですよー。
トビ
2015/01/08 19:37
この手のピーチスキン塗装の製品はビニールが無くても
湿度で加水分解を起こすのでネチョってしまったら
手っ取り早くアルコールペーパーでふき取ってしまうのが
楽かもしれません(^^;
ねもねも
2015/01/08 20:33
ねもねもさんこんにちは。

そうそう、軽度の加水分解ならアルコールペーパーがお手軽ですね。さらに進むと、ベビーパウダーを振りかける技もあるようで、皆さん奮闘されているようです。それでも21世紀に至ってなお、劣化を免れないのが辛いところです、ナハハ。ゴムに代わる画期的な材質が見つかるといいのですが・・・難しいのかなぁ。
トビ
2015/01/08 22:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
昨夏に溶けた「Lenovoマウス」のピーチスキンをIPAに漬け込んで取り除く。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる