パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS DIY精神とギークの真骨頂。トランジスタオンリーのコンピュータ自作キットに心ときめく。

<<   作成日時 : 2014/07/20 09:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ICを使わないコンピューター自作キット、販売開始 | スラッシュドット・ジャパン ハードウェア』ということで、ICすなわち集積回路を一切用いずにコンピュータを自作するキットが発売されるそうな。

画像


FullTr-11」のサイトにて、写真や動画を拝めます↑ 壮観なマシンの全貌と作者様の才能の無駄遣・・・熱き想いがバシバシ伝わってきますねー。

集積回路に集積されている個々の部品、トランジスタやダイオードや抵抗をそれぞれ単体のパーツで組み上げることは、ド素人のトビですら論理面でも技術面でも決して不可能ではない話だとわかります。けれど、本当に作ってしまった上、製品化まで成し遂げた(現在は「予定」のステータスですが)点こそが、一線を越える感動へと昇華するんですよねー。しかも個人の独力 + ごく少数の手助けのみで。

1KHzの11bit CPU、RAM 5.5Byte、ROM128Byte、総部品点数6926個で、先行特価198,000円、通常価格298,000円・・・などという数字を並べるのも野暮。それでも学研GMC-4よりはハイスペックですし(全く無意味な比較だと思いま〜す)、仮に平均部品単価20円とすればそれだけで14万円に届いてしまう計算ゆえ、「キットへの夢・・・プライスレス」などと自分をごまかす必要のない価格設定のような気がします(実際のパーツ単価もよく知らないで〜す)。

サイトで何度も呼びかけてくださっているように、キットを完成させるためには技術よりも根気が不可欠(むろんハンダ付けスキルは最低でも深センのおねいさんレベル以上が要求されそう)。特に、パーツ不良が外観の目視でわかるか否かが模型製作と決定的に違うところであり、ハンダ付けの不良も加わってハードウェアデバッグに地獄を見る覚悟が必須でしょう。


コンピュータのしくみを理解するための10章
技術評論社
馬場 敬信

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コンピュータのしくみを理解するための10章 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


これってand、or、notの論理回路からちまちま作っていくんですよね? それで半加算器を複数作って全加算器を複数作って・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DIY精神とギークの真骨頂。トランジスタオンリーのコンピュータ自作キットに心ときめく。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる