パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりの戦略モデル。「iMac 1.4GHz」はMacBook Airのデスクトップ版。

<<   作成日時 : 2014/06/19 10:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

Appleは、CRT時代より1,000ドル前後のエントリーiMacをラインナップに加える戦略を何度か試みてきたように記憶しており、今回もまた日本円で108,800円となる「iMac 21.5インチ 1.4GHzを新たに取り扱いはじめました↓

画像


円安が多分に影響していたり、拡張性をほとんど放棄した仕様のせいで近ごろは安くないイメージの強いiMacですが、新しいエントリー機はコストパフォーマンスが微妙なのか絶妙なのか非常に判断しづらい恐るべき存在なのです。

スペックをざっくり見れば、MacBook Air(Mid 2014)のiMac版といえます。ただし、基本仕様で決定的に違うのが8GB RAM。MacBook Air 11インチの最廉価モデルをCTOで8GBに変更すれば、10,200円の差に縮まります。

21.5インチIPSパネルと豊富なI/Oポート、ワイヤレスキーボードやMagic Mouseの添付などを考慮した場合、「ポータブルでない」点を除いてAirはもちろんMac miniさえ凌ぐのではないでしょうか。

一方で、iMacラインナップの上位を仰ぎ見れば、2万円差で4コアCore i5 + ちょっぴり高性能グラフィックスが手に入るんですよねぇ。HDD容量も倍増し、CTOでRAMを16GBに変更することも可能ですが、さらに2万円弱の上乗せが必要となります。

このへんの判断は個々の考え方次第でしょう。特に、ストレージやRAMをユーザが容易に換装できなくなった今、「後から追加投資してパワーアップしよう」という従来の購入方法が通じないわけです。

トビの率直な意見としては、ラインナップの最上位か最下位モデルの二択で考えるのがベストではないか、と。最下位モデルの選択は、使用期間を短く設定して乗り換えを繰り返す、個人的にもっとも嫌いなモノの買い方なんですけれどね。


Apple Design 1997-2011 日本語版 -ハードカバー-
ボーンデジタル
Sabine Schulze(ザビーネ・シュルツェ)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Apple Design 1997-2011 日本語版 -ハードカバー- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


1998年以降のMacラインナップにおいて常に表看板の任を背負ってきたマシンですが・・・。

関連記事 関連記事:

またスペシャルイベントだってぇ?じつは今、Mac mini購入を猛烈に迷っているところ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2014/10/12)

ウルトラサイレントなアップデート。Haswellを搭載した「iMac(Late 2013)」登場。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2013/09/24)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウルトラサイレントなアップデート。Haswellを搭載した「iMac(Late 2013)」登場。
もはや前のスペックなど覚えていない・・・。Appleが「元」屋台骨のiMacをアップデートしたようです。最新のIntelマイクロアーキテクチャ「Haswell」を搭載し、より高速なFusion DriveとPCIe接続フラッシュストレージのオプションが用意される模様。また、802.11ac規格のWi-Fiにも対応です。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2014/06/19 10:34
またスペシャルイベントだってぇ?じつは今、Mac mini購入を猛烈に迷っているところ。
またスペシャルイベントだそうですねっ。しかも米国時間10月16日だなんて・・・ともかく、iPadなんてどーでもいいんです。MacですよMac、まっきんとーーっしゅ! ...続きを見る
パワーリンゴ
2014/10/12 23:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Macのラインナップが今一貧弱な物しか無くて買う気が失せつつある。
OSがまともならまだしも謎仕様&不具合多すぎというかアップルやる気あるのかと。。。
ねもねも
2014/06/19 18:16
ねもねもさんこんにちは。

うーん、確かに煮詰まった感がありますね。かといっていい方向に枯れているわけでもなく、おっしゃるようにハードウェアの不具合をちょくちょく聞きます。特にグラフィック関連が多いような・・・。

OS X YosemiteのUIデザインに合わせたハードウェアを期待したいものです。Yosemiteの善し悪しは別にして、ハードとソフトのデザインを統一できることこそ、Appleの強みであるわけですから。
トビ
2014/06/19 18:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりの戦略モデル。「iMac 1.4GHz」はMacBook Airのデスクトップ版。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる