パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS Mavericks 10.9.2アップデートで電源ボタンを押したときの挙動が微妙に変化。

<<   作成日時 : 2014/03/07 13:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

Twitterでつぶやいただけなのか、その後記事に仕立てたのか判別の難しいトビフシコです。いよいよヤバいですね。主にポータブルMacでの話です。

OS X Mavericksリリース当初、起動中に電源ボタンを押した際の挙動が変わったことが話題になりました。Mountain Lion以前は、押すとすぐに「システム終了ダイアログ」が開き、再起動・スリープ・システム終了を選択できました。ところがMavericksは、押すとただちにスリープしてしまう融通の利かなさで不評を買っていますね。

画像


それからすぐにMavericksでも、少し長押しするとシステム終了ダイアログが開くことが周知され、さほど話題にも上らなくなりました。しかし、ひと押しでスリープ/2秒ほど長押しでダイアログ/もっと長く長押しで強制システム終了などという「オレんちの接触不良のテレビリモコン」を巧みに操るような作法は全然Appleらしくないですヨ。

以上の経緯を経て、OS X Mavericks 10.9.2では、また僅かに挙動が変わりました。ほんの僅かなので気づいていない方がいらっしゃるかもしれませんし、ひょっとすると機種依存かもしれません。少なくとも私のMacBook Air(Late 2010)では気のせいではなく、確かに変化したんですよ。

電源ボタンを他のキーと同じ早さで打鍵すればスリープに入ったのが、ほんの僅か・・・コンマ数秒長押ししないとスリープに入らなくなったのです。個人的には前の挙動のほうが絶対よかったのにぃ〜〜。

Appleが意図して設定したのだとすれば、押し間違いを考慮したとしか考えられません。私は一度も経験していないものの、deleteキーを押そうとして勢い余って電源ボタンまで指がのびる事例なら考えられなくもない・・・かなぁ?

ちなみに、Mountain Lion以前から存在する、即刻スリープに入るキーボードショートカット「command + option + eject」はMavericksにも残っており、電源ボタンがキーボードから独立している時代のMacでも有効なので重宝している方もいらっしゃるはず(キーボード設定にて最上段キーをファンクション優先にしているならFnキーをさらにプラス)。


APPLE MacBook Air 1.3GHz Dual Core i5/11.6"/4GB/128GB MD711J/A
アップル
2013-06-11

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by APPLE MacBook Air 1.3GHz Dual Core i5/11.6



関連記事 関連記事:

「OS X Mavericks アップデート v10.9.2」配布。さまざまな問題修正。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2014/02/26)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「OS X Mavericks アップデート v10.9.2」配布。さまざまな問題修正。
Appleが「OS X Mavericks アップデート v10.9.2」を配布しています。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2014/03/07 13:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やっとあの挙動に慣れたらこの始末
ちょっとスリープさせようとしてプチストレス溜まっちゃう(-_-メ)
ねもねも
2014/03/07 23:03
ねもねもさんこんにちは。

おっと、ねもねもさんのところでも同じですか。やはり10.9.2の仕様なんですねぇ。おっしゃるとおり、プチストレスですね、ナハハハ。
トビ
2014/03/08 12:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
Mavericks 10.9.2アップデートで電源ボタンを押したときの挙動が微妙に変化。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる