パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS Macintosh誕生から30年。自分の初Macを思い出さぬ日はない。

<<   作成日時 : 2014/01/25 19:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

Apple - Thirty Years of Mac』ということで、US Appleがスペシャルサイトを用意しています。自分の初Macを投稿できるページもあり、Macユーザの多くがそれぞれの当時を振り返っているに違いありません。

画像


そんなトビは・・・月に一回(以上?)のペースでPowerBook G3 '99 Lombardを記事の話題に絡めるほど、初Macへ情熱を傾け続けております。よって、今さらLombardについてとうとうと語るのはよしましょう。

その後もメインマシンにポータブルMacばかり選択し、今に至るまで新品のデスクトップMacを購入したことがない事態となっておるのです。中古ならPower Macintosh G3 DT、MTやIIciなどを手に入れるも、あくまでオールドMac趣味の対象にすぎませんから、我ながら珍事の快挙だと思います、えぇ。

画像


仕事でもいろいろなMacに出会いまして、どうしても忘れられないのがPower Mac G4 MDD 1.25GHz Dualで走るMac OS 9.2.2(ネイティブ環境よ!)が底抜けに軽かったこと。本機をメインに利用する機会は逸したものの、Illustrator 8.0やPhotoshop 5.0までが超サクサク動作する夢のような体験でした。おかげで、その後のMac OS X時代に若干の影を落とし続ける後遺症が残ったわけですが。

今後のMacに期待するのは、まずデザインの転換でしょうか。復帰後のジョブズがトランスルーセントの後に押し進めたミニマム・潔癖・直線・金属もそろそろ行き着いた感がありますしねぇ。アイブは曲線のほうが断然うまいと思います。ゴミ箱Mac Proを見たとき、「やっぱりアイブは曲線が奇麗だし、やりたかったんだろうな」と勝手に妄想しましたけれど、存外遠からずかもしれません。

曲線といえば、MacBook Pro(Retina)よりMacBook Airに惹かれるのも、緩やかに穏やかに丘を形成する底面の美しさが大きな要因ですね・・・え? イカレてる? ま、それがMacユーザってなもんでしょう。


Macintosh名機図鑑 (エイムック 1512)
エイ出版社
大谷 和利

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Macintosh名機図鑑 (エイムック 1512) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ベスト・オブ・タワー型筐体は「K2」だと言い切ってくれる同志がいまだに現れません。あと、今知って驚いたのが、G3 MTに採用された低めのK2は「K1」だそうな。ほ、ほんまかいな。

関連記事 関連記事:

「Macの30周年」日本語ページが登場。初代PowerBook G3のアイコンが間違っているヨっ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2014/02/15)

生誕30周年の機会に・・・Macintosh IIciの底に眠る開発者たちのサイン。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2014/01/28)

PowerBook G3 '99のクリックボタン前にできた亀裂を修理する。後編。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2012/01/28)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
生誕30周年の機会に・・・Macintosh IIciの底に眠る開発者たちのサイン。
ジョブズ追悼企画に用いる予定だったMacintosh IIciの写真がたくさん残っているのに、普段の話題では取り上げにくく感じるトビフシコです。Mac生誕30周年を好機に、一カ所ご紹介しますね。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2014/01/28 20:11
「Macの30周年」日本語ページが登場。初代PowerBook G3のアイコンが間違っているヨっ。
Mac生誕30周年の特設ページが日本のAppleにも登場しました。もちろん全て日本語に翻訳されています。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2014/02/15 22:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
30年目の節目に、うちもSpartacusとPismoを起動させてました(笑)

MacBookProやiMacのデザインもいいのですが、行く着くところまで行き着いた感は否めませんね。初代液晶StudioDisplayやiMacG4の様なエルゴノミクスデザインへの回帰と、柔らかな3次元曲面のデザインを、今の成型技術で再度挑戦してもらいたいですね。

MacPro2013は、プロユースの要望するフォームファクターを無視しているところがまあAppleらしいといえばAppleらしいですが、アルミニウムでここまで綺麗な曲面を描けるのかと驚きました。

K2筐体好きですよ。当時は評判が悪かったですが(大きい、格好悪い、ZIP要らない←これ筐体と関係ないですが)、8500と比べると開けやすいですし、シンプルで上品なスリットの入れ方とかもいいですね。大柄なK2筐体と、AppleVision850AVディスプレイの組み合わせが格好良く見えたモノです。自分はMT300標準コンフィグレーションモデルを持っていましたが、デザインバランス的にはZIPドライブのあるMT266とかの方が良かった気がします。K1という呼称は初めて聞きましたが・・・
mkstyle_air
2014/01/25 21:18
始めまして、いつも楽しく拝見しております。

私の初マックはPowerBook Dou 270Cでした。
あの薄さと小さなトラックボールが忘れられません。

ところでところで、
ベスト オブ タワー型筐体=K2に一票!
側面の緑のラッチ
微妙なカーブとスクエアの組み合わせ。
素晴らしかった。
WD
2014/01/26 02:08
mkstyle_airさんこんにちは。

そうそう、今の設計と成形技術で美しい3次元曲面を作ってほしいですねー。でも、当時の設備も決してプアではなかったようですし、案外変わらないものかも・・。

8500や9500もタワーMacらしい外見で、むしろK2よりタワー型のシンボル的存在でしょうが、やはり板金ボディがねぇ。後ろに引っこ抜くメンテ性の悪さもありましたし。

おっしゃるとおり、上にツンと向いたスピーカーを装備するディスプレイとの組み合わせがいいですねー。背の低いG3 MTには1710あたりも好みです。MT300とは羨ましいかぎり。ZIPはアクセントとして存在すればOKなのです(オイ!)。

WDさんいらっしゃいませ。いつもご覧いただきありがとうございます!

PowerBook Duoはコレクションしたいと何度か真剣に購入を検討しましたが、いかんせんシステムごと導入しなければ良さがわかりそうにないので断念しました。Duoが初Macとは、すばらしい体験ですねー。

おぉー、K2同志ということでまことに嬉しいです。微妙なカーブや半透明緑の部品は、この頃から徐々に参画を始めたアイブの意向を反映させたものなのかもしれません。

K2は色気のない実用機と批評される場合が多いように思いますが、外装をプラで覆い尽くすなど、DOS/Vの業務機とはさりげなく、しかし一線を画すところが魅力です、ハイ。
トビ
2014/01/26 10:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
Macintosh誕生から30年。自分の初Macを思い出さぬ日はない。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる