パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS BOSEのインイヤー型「QuietComfort 20」発売とな。QC15と併用すれば最強か?

<<   作成日時 : 2013/08/27 13:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

トビにもBOSEからメールが送られてきましたヨ。インイヤー型のノイズキャンセリングQuietComfort 20」および「QuietComfort 20i」が26日に発売となったそうです。

画像


「i」付きはApple製品専用モデル、i無しは汎用となっています。

私が真っ先に思いついたのが、QuietComfort 20を耳に突っ込んで、アラウンドイヤー型のヘッドホン「QuietComfort 15」をかぶったら最強なんではなかろうか、という馬鹿げ・・大真面目な実験ですねー。ものすごくノイズをキャンセルするのか、あるいは非常におかしな状況に陥って新種のハウリングが生まれたりして。個人的には後者のほうが断然ワクワクするんですけれど。

ちなみに、耳栓のごときShureのカナル型高遮音性イヤホン(SE115)を突っ込んだ上からQuietComfort 3(オンイヤー型)を装着するのは実験済みです。当然のごとくたいへんに静かで、音楽しか聞こえてきません。ただし、SE115のハウジング共振のぶんまでノイズキャンセルの影響下に入っているかもしれず、音質に僅かな変化が生じる可能性はあります。残念ながら私には違いが聞き取れませんが。さらに、耳の周りが煩雑になって装着感がひどく、日常的な手段へ昇華するのは無理と判断しました。QC15ならもう少し装着しやすいと思います。

こちらほかいくつかのレビューを見る限り、現行iPod nanoに近い大きさのコントロールモジュールが邪魔に見えるものの、ノイズキャンセリングの性能は本物で、圧倒的な消音効果を発揮する模様。中にはヘッドホンタイプより効くという意見もありますが、さすがに誇張でしょうか。

ただ、イヤホンに限ってはShureをはじめとする耳栓イヤーチップが恐るべき遮音性を誇っており、そういうカナル型に慣れた人への訴求力は今一歩と思います。いや、ほかでもない私自身がそうですね。逆に、カナル型を受け付けない人にとっては、まさに救世主となる逸品でしょう。パッシブでないアクティブな方法でノイズを消すからくりに心ときめくガジェット好きにも外せません、えぇ。




これも5、6年経てば、大きなコントロールモジュールが不要になるんでしょうねぇ。

関連記事 関連記事:

「QuietComfort 3」イヤーパッド交換の一部始終。ノイズキャンセリングの機構もチラリ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2013/07/11)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「QuietComfort 3」イヤーパッド交換の一部始終。ノイズキャンセリングの機構もチラリ。
さっさとやっちまいましょうぜ旦那。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2013/08/27 13:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BOSEのインイヤー型「QuietComfort 20」発売とな。QC15と併用すれば最強か? パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる