パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪も37℃の今日、Apple製品の動作時温度を調べてみる。上限はことごとく35℃。

<<   作成日時 : 2013/08/09 16:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

エアコンを入れていない部屋の室温を温度計で測ったら、確かに37℃ある今日の大阪でございます。

あいかわらず涼しい顔のMacBook Airに較べて、未だかつてなく発熱するiPad 4thには少しばかり不安を覚えてしまいます。

画像


そこで、Apple製品の動作時温度を調べてみました。Appleの表記は「動作環境 - 動作時温度」と曖昧であり、動作保証環境ととらえるのが自然ですね。

とはいっても、現行製品のみならシンプルにまとまります。

・Macintoshコンピュータ:10℃〜35℃

・iPodシリーズ:0℃〜35℃

・iPhone:0℃〜35℃

・iPad:0℃〜35℃

・Apple TV:0℃〜35℃

・AirMacシリーズ:0℃〜35℃


すなわち、Mac以外は全て0℃〜35℃ということですね。まあ、37℃でiPhoneがすぐに動作停止するわけではなく、冬の一桁台でMacが使えないわけでもありません。それでも長時間、動作環境外で使用するのはお勧めしかねる程度の認識は持っておくべきなのでしょう。

ちなみに、デジタルカメラは0℃〜40℃が一般的みたい。ThinkPadは高度や光学ドライブの有無などで詳細に書かれているのが特徴ですが、おおむねMacと変わらない感じ。プリンタがメーカーにより微妙に異なるものの、パソコンの周辺機器は5℃〜35℃と考えておけばよさそうです。

今どきのデバイスにおいて、温度に対して神経質になるべきはリチウムイオンバッテリーの充電時かもしれません。少しでもバッテリーの劣化を遅らせたいのであれば、暑すぎたり寒すぎたりする環境を避けるのが吉ですね。




強制空冷タイプは、効きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪も37℃の今日、Apple製品の動作時温度を調べてみる。上限はことごとく35℃。  パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる